実語教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

山高故不貴 以有樹為貴 人肥故不貴 以有智為貴 富是一生財 身滅即苦滅 智是万代財 命終即随行 玉不磨無光 無光為石瓦 人不学無智 無智為愚人 倉内財有朽 身内才無朽 雖積千両金 不如一日学 兄弟常不合 慈悲為兄弟 財物永不存 才智為財物 四大日々衰 心神夜々暗 幼時不勤学 老後雖恨悔 尚無有取益 故読書勿倦 学文勿怠時 除眠通夜誦 忍飢終日習 雖会師不学 徒如向市人 雖習読不復 只如計隣財 君子愛智者 小人愛福人 雖入富貴家 為無財人者 猶如霜下花 雖出貧賎門 為有智人者 宛如泥中蓮 父母如天地 師君如日月 親族譬如葦 夫妻猶如瓦 父母孝朝夕 師君仕昼夜 交友勿諍事 己兄尽礼敬 己弟致愛顧 人而無智者 不異於木石 人而無孝者 不異於畜生 不交三学友 何遊七学林 不乗四等船 誰渡八苦海 八正道雖広 十悪人不往 無為都雖楽 報逸輩不遊 敬老如父母 愛幼如子弟 我敬他人者 他人亦敬我 己敬人親者 人亦敬己親 欲達己身者 先令達他人 見他人之愁 即自共可患 聞他人之喜 即自共可悦 見善者速行 見悪者忽避 好悪者招禍 譬如響応音 修善者承福 宛如随身影 雖富勿忘貧 或始富終貧 雖貴勿忘賎 或先貴後賎 夫難習易忘 音声之浮才 又易学難忘 書筆之博芸 但有食有法 又有身有命 猶不忘農業 必莫廃学文 故末代学者 先可按此書 是学問之始 身終勿忘失

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。