孟子/萬章下

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之十

萬章章句下


孟子曰:「伯夷目不視惡色,耳不聽惡聲。非其君不事,非其民不使。治則進,亂則退。橫政之所出,橫民之所止,不忍居也。思與鄉人處,如以朝衣朝冠坐於涂炭也。當紂之時,居北海之濱,以待天下之淸也。故聞伯夷之風者,頑夫廉,懦夫有立志。伊尹曰:『何事非君?何使非民?』治亦進,亂亦進。曰:『天之生斯民也,使先知覺後知,使先覺覺後覺。予,天民之先覺者也;予將以此道覺此民也。』思天下之民匹夫匹婦有不與被堯舜之澤者,如己推而內之溝中。其自任以天下之重也。柳下惠不羞污君,不辭小官。進不隱賢,必以其道。遺佚而不怨,厄窮而不憫。與鄉人處,由由然不忍去也。『爾爲爾,我爲我,雖袒裼裸裎於我側,爾焉能浼我哉?』故聞柳下惠之風者,鄙夫寬,薄夫敦。孔子之去齊,接淅而行。去魯,曰:『遲遲吾行也。』去父母國之道也。可以速而速,可以久而久,可以處而處,可以仕而仕,孔子也。」

まうしいはく、はくいあくしよくず。みゝあくせいかず。そのきみあらざればつかへず,そのたみに非ざればつかはず。をさむればすなはすゝみ、みだるればすなはしりぞく。わうせいづるところわうみんとゞまところるにしのびざるなり。おもへらくきやうじんることてういてうかんもつとたんするがごとしと。ちうときあたりて、ほくかいひんもつてんかむをつ。ゆゑはくいふうものぐわんぷれんに、だふこゝろざしつることあり。いいんいはく、いづれにつかへてかきみあらざる。いづれをつかうてかたみあらざる。をさまるにもまたすゝみだるゝにもまたすゝむ。曰く、てんたみしやうずるや、せんちをしてこうちさとさしめ、せんかくをしてこうかくさとさしむ。われてんみんせんかくなるものなり。まさに此みちもつて此たみさとさしめんとするなり。おもへらくてんかたみひつぷひつぷげうしゆんたくあづかかうむらざる者あれば、おのれしてこれこうちうるゝがごとしと。そのみづかにんずるにてんかおもきを以てすればなり。りうかけいをくんぢず、せうかんせず、すゝみてけんかくさず、必ず其みちを以てす。ゐしつしてうらみず、やくきうしてうれへず。きやうじんり、ゆゝぜんとしてるにしのびざるなり。なんぢは爾たり、われは我たり,かたはらたうせきらていすと雖も、なんぢいづくんぞ能く我をけがさんやと。故に柳下惠のふうく者は、ひふくわんに、はくふあつし。こうしせいるや、せきせつしてる。るにいはく、ちゝとしてく。ふぼくにるのみちなりと。もつすみやかなる可くしてすみやかに、もつひさしかる可くして久しく、もつるべくしてり、もつつかふべくしてつかふるはこうしなり。〉

孟子曰:「伯夷,聖之淸者也;伊尹,聖之任者也;柳下惠,聖之和者也;孔子,聖之時者也。孔子之謂集大成。集大成也者,金聲而玉振之也。金聲也者,始條理也;玉振之也者,終條理也。始條理者,智之事也;終條理者,聖之事也。智,譬則巧也;聖,譬則力也。由射於百步之外也;其至,爾力也;其中,非爾力也。」

まうしいはく、はくいせいせいなるものなり。いいんは聖のじんなるものなり。りうかけいは聖のくわなる者なり。こうしは聖のときなる者なり。こうしは之をあつめてたいせいすとふ。集めて大成すとは、きんぎよくこれをさむるなり。金るとはでうりはじむるなり。玉之を振むとはでうりふるなり。條理をはじむるはことなり、條理を終ふるは聖の事なり。たとへばすなはかうなり。聖は譬へば則ち力なり。ほ百步の外に射るがごとし。其至るはなんぢの力なり。そのあたるは爾の力に非ざるなり。〉

北京锜問曰:「周室班爵祿也,如之何?」孟子曰:「其詳不可得聞也,諸侯惡其害己也,而皆去其籍。然而軻也嘗聞其略也。天子一位,公一位,侯一位,伯一位,子、男同一位,凡五等也。君一位,卿一位,大夫一位,上士一位,中士一位,下士一位,凡六等。天子之制,地方千里,公侯皆方百里,伯七十里,子、男五十里,凡四等。不能五十里,不達於天子,附於諸侯,曰附庸。天子之卿受地視侯,大夫受地視伯,元士受地視子、男。大國地方百里,君十卿祿,卿祿四大夫,大夫倍上士,上士倍中士,中士倍下士,下士與庶人在官者同祿,祿足以代其耕也。次國地方七十里,君十卿祿,卿祿三大夫,大夫倍上士,上士倍中士,中士倍下士,下士與庶人在官者同祿,祿足以代其耕也。小國地方五十里,君十卿祿,卿祿二大夫,大夫倍上士,上士倍中士,中士倍下士,下士與庶人在官者同祿,祿足以代其耕也。耕者之所獲,一夫百畝;百畝之糞,上農夫食九人,上次食八人,中食七人,中次食六人,下食五人。庶人在官者,其祿以是爲差。

ほくきやうきひていはく、しうしつしやくろくはんすること之をいかん。孟子曰く、そのしやうなることは、聞くを得べからざるなり。しよこうおのれがいするをにくみてみなそのせきる。しかれどもかつそのりやくけり。てんしこう一位、こう一位、はく一位、しだんおなじく一位、すべて五とうなり。きみ一位、けい一位、たいふ一位、じやうし一位、ちうし一位、かし一位、すべて六等。天子のせいちほうを公侯は皆はう百里、伯は七十里、子男は五十里,凡て四等。五十里なることあたはずして天子にたつせずして諸侯に附くをふようと曰ふ。天子の卿は地を受くること侯になぞらひ、大夫は地を受くることはくなぞらひ、げんしは地を受くることしだんに視ふ。大國は地方百里、君は卿の祿を十にし、卿の祿は大夫を四にし、大夫は上士に倍し、上士は中士に倍し、中士下士に倍し、下士は庶人官に在る者と祿を同じくす。祿以て其耕に代ふるに足れり。次國は地方七十里、君は卿の祿を十にし、卿の祿は大夫を三にし、大夫は上士に倍し、上士は中士に倍し、中士は下士に倍し、下士は庶人官に在る者と祿を同じくす。祿を以て其耕に代ふるに足れり。小國は地方五十里、君は卿の祿を十にす、卿の祿は大夫を二にす、大夫上士に倍す、上士は中士に倍す、中士下士に倍す、下士は庶人官に在る者と祿を同じくす、祿は以て其耕に代ふるに足る。耕す者の獲る所、一夫百畝、百畝のつちかへる、上農夫は九人をやしなひ、上の次は八人を食ひ、中は七人を食ひ、中の次は六人を食ひ、下は五人を食ふ。庶人の官にある者は、其祿是を以て差となす。〉

萬章問曰:「敢問友。」孟子曰:「不挾長,不挾貴,不挾兄弟而友。友也者,友其德也,不可以有挾也。孟獻子,百乘之家也,有友五人焉:樂正裘、牧仲,其三人則予忘之矣。獻子之與此五人者友也,無獻子之家者也。此五人者亦有獻子之家,則不與之友矣。非惟百乘之家爲然也,雖小國之君亦有之。費惠公曰:『吾於子思則師之矣,吾於顏般則友之矣,王順、長息,則事我者也。』非惟小國之君爲然也,雖大國之君亦有之。晉平公之於亥唐也,入云則入,坐云則坐,食云則食。雖疏食菜羹,未嘗不飽,蓋不敢不飽也。然終於此而已矣,弗與共天位也,弗與治天職也,弗與食天祿也。士之尊賢者也,非王公之尊賢也。舜尙見帝,帝館甥于貳室,亦饗舜,迭爲賓主,是天子而友匹夫也。用下敬上,謂之貴貴;用上敬下,謂之尊賢。貴貴、尊賢,其義一也。」

〈萬章問ひて曰く、あへともふ。まうしの曰く、つやうさしはさまず、さしはさまず、けいていを挾まずしてともたり。ともとはそのとくを友とするなり。以て挾むことあるからざるなり。まうけんしの百じよういへ、友五人あり。がくせいきうぼくちうその三人はすなはわれこれわすれたり。けんしが此五人者と友たるや、獻子の家を無しとするなり。此五人の者も亦獻子の家ありとすれば、則ち之と友たらず。たゞじようの家のみしかりとなすにあらざるなり、小國の君といへどまた之れなり。けいこうの曰く、われししおいては則ち之をとし、われがんはんに於ては則ち之を友とし、わうじゆんちやうそくは則ち我につかふる者なり。』たゞせうこくきみのみしかりと爲すにあらざるなり、大國の君と雖も亦之れあり。しんへいこうがいたうに於けるや、れと云へばすなはち入り、せと云へば則ち坐し、くらへと云へば則ち食ふ。そしさいかうと雖も、いまかつかずんばあらざるなり。蓋し敢てかずんばあらず。しかれどもこゝをはるのみ。ともてんゐともにせざるなり。與にてんしよくをさめざるなり。與にてんろくしよくせざるなり。士のけんしやたふとぶや、王公の賢を尊ぶに非ざるなり。しゆんのぼりて帝に見ゆ。ていせいじしつくわんし、亦舜を饗してたがひさんしゆとなる。是れ天子にして、匹夫を友とするなり。しもつてかみけいするこれたふとぶとふ。上をつてしもけいする、之をけんを尊ぶと謂ふ。たふとぶとけんを尊ぶとそのぎ一なり。〉

萬章曰:「敢問交際何心也?」孟子曰:「恭也。」曰:「卻之卻之爲不恭,何哉?」曰:「尊者賜之,曰:『其所取之者,義乎不義乎?』而後受之,以是爲不恭,故弗卻也。」曰:「請無以辭卻之,以心卻之,曰:『其取諸民之不義也。』而以他辭無受,不可乎?」曰:「其交也以道,其接也以禮,斯孔子受之矣。」萬章曰:「今有御人於國門之外者,其交也以道,其饋也以禮,斯可受御與?」曰:「不可。《康誥》曰:『殺越人于貨,閔不畏死,凡民罔不譈』是不待敎而誅者也。殷受夏,周受殷,所不辭也,於今爲烈,如之何其受之?」曰:「今之諸侯取之於民也,猶御也。『茍善其禮際矣,斯君子受之』,敢問何說也?」曰:「子以爲有王者作,將比今之諸侯而誅之乎?其敎之不改而後誅之乎?夫謂非其有而取之者盜也,充類至義之盡也。孔子之仕於魯也,魯人獵較,孔子亦獵較。獵較猶可,而況受其賜乎?」曰:「然則孔子之仕也,非事道與?」曰:「事道也。」「事道奚獵較也?」曰:「孔子先簿正祭器,不以四方之食供簿正。」曰:「奚不去也?」曰:「爲之兆也,兆足以行矣,而不行,而後去;是以未嘗有所終三年淹也。孔子有見行可之仕,有際可之仕,有公養之仕。於季桓子,見行可之仕也;於衞靈公,際可之仕也;於衞孝公,公養之仕也。」

ばんしやういはく、あへふ。かうさいなんこゝろぞや。まうしいはく、きようなり。曰く、これしりぞけん。之を卻くるをふきようとなすは何ぞや。曰く、そんじや之をたまふに、ところものふぎかとひてしかのちこれく。これを以て不恭となす。故に卻けざるなり。曰く、を以て之を卻くること無く、心を以て之を卻く。其のこれたみふぎなりと曰ひて、もつくること無きはふかならん。いはく、そのまじはるやみちもつてし、そのせつするやれいを以てせば、こゝに孔子之を受く。萬章曰く、今人をこくもんそととゞむる者あらん。其交るや道を以てし、そのおくるやれいもつてせばこゝとゞむるをくべきか。曰く、ふかなり。かうかうに曰く、人をくわさつゑつびんとしてを畏れず。およたみうらまざることし。をしへたずしてちうする者なり。いんけ、しういんに受く、せざる所なり。今に於てれつとなす。之をいかんれ之をけん。曰く、今の諸侯は之を民に取ることとゞむるがごときなり。いやしくそのれいさいを善くせば、斯に君子之を受く。あへて問ふ、なんせつぞや。曰く、おもへらく、王者おこるあらば、今のしよこうして之を誅せんか。其れ之を敎へて改めずして而る後に之を誅せんか。そのいうに非ずして、之を取る者はたうなりとはば、るゐててくるにらしむ。孔子のつかふるや、ろじんれふかくすれば、孔子もまた獵較す。獵較猶ほなり、而るをいはんや其たまものを受くるをや。曰く、しからばすなはこうしつかふるや、みちこととするに非ざるか。曰く、道を事とするなり。道を事とせばなんぞ獵較するや。曰く、孔子先づしてさいきを正し、四方の食を以てぼせいきようぜず。曰く、なんらざるや。曰く、之がてうすなり、てう以て行ふに足れり。行はれずして後に去る、是を以て未だかつて三年をへてとゞまる所あらざるなり。孔子にかうかるのつかへあり、さいかの仕あり、こうやうの仕あり。きくわんしおいてはかうかるの仕なり。ゑいれいこうに於てはさいかの仕なり。衞のかうこうに於てはかうやうの仕なり。〉

孟子曰:「仕非爲貧也,而有時乎爲貧;娶妻非爲養也,而有時乎爲養。爲貧者,辭尊居卑,辭富居貧。辭尊居卑,辭富居貧,惡乎宜乎?抱關擊柝。孔子嘗爲委吏矣,曰:『會計當而已矣。』嘗爲乘田矣,曰:『牛羊茁壯,長而已矣。』位卑而言高,罪也。立乎人之本朝而道不行,恥也。」

〈孟子の曰く、仕ふるはひんめに非ざるなり。しかも時あつてか貧の爲めにす。つまめとるはやうめに非ざるなり。而も時ありてか養の爲にす。貧の爲めにする者は尊を辭して卑に居り、富を辭して貧に居る。尊を辭して卑に居り、富を辭して貧に居る。いづれかよろしきや。はうくわんげきたくなり。孔子嘗てゐりとなる。曰く、くわいけいあたるのみ。嘗てじようでんとなる。曰く、ぎうやうきつとしてさうちやうするのみ。くらゐひくくしてことば高きはつみなり。人のほんてうちてみちおこなはれざるははぢなり。〉

萬章曰:「士之不托諸侯,何也?」孟子曰:「不敢也。諸侯失國而後托於諸侯,禮也。士之托於諸侯,非禮也。」萬章曰:「君饋之粟,則受之乎?」曰:「受之。」「受之何義也?」曰:「君之於氓也,固周之。」曰:「周之則受,賜之則不受,何也?」曰:「不敢也。」曰:「敢問其不敢何也?」曰:「抱關擊柝者,皆有常職以食於上。無常職而賜於上者,以爲不恭也。」曰:「君饋之,則受之,不識可常繼乎?」曰:「繆公之於子思也,亟問,亟饋鼎肉。子思不悅,於卒也標使者出諸大門之外,北面稽首再拜而不受,曰:『今而後知君之犬馬畜汲!』蓋自是臺無饋也。悅賢不能舉,又不能養也,可謂悅賢乎?」曰:「敢問國君欲養君子,如何斯可謂養矣?」曰:「以君命將之,再拜稽首而受;其後廩人繼粟,庖人繼肉,不以君命將之。子思以爲鼎肉使己僕僕爾亟拜也,非養君子之道也。堯之於舜也,使其子九男事之,二女女焉,百官牛羊倉廩備,以養舜於畎畝之中,後舉而加諸上位。故曰王公之尊賢者也。」

〈萬章曰く、しよこうたくせざるはなんぞや。まうし曰く、あへてせざるなり。しよこうくにうしなひてしかのちに諸侯にたくす、禮なり。の諸侯に托するはれいあらざるなり。萬章曰く、きみこれぞくおくれば則ち之を受くるか。曰く、之を受けん。之を受くるはなんぞや。曰く、君のたみに於けるや、もとより之をすくふ。曰く、之をすくへばすなはく、これたまへばすなはけざるは何ぞや。曰く、あへてせざるなり。曰く、あへふ、其の敢てせざるは何そや。曰く、はうくわんげきたくものみなじやうしよくありてもつかみやしなはる。つねしよく無くして上よりたまはものは以てふきようすなり。曰く、君之をおくれば則ち之を受く。らず、常にきか。曰く、ぼくこうししに於けるや、しばしばうてしばしばていにくを饋る。ししよろこばず。をはりに於てししやさしまねきてれをだいもんそといだし、ほくめんけいしゆさいはいして受けずして曰く、今にして後、君のきふけんばきうするを知ると。けだし是れよりだいおくること無し。賢を悅びてぐることあたはず。またやしなふこと能はざるなり。けんよろこぶとけんや。曰く、敢て問ふ、こくくんくんしやしなはんとほつす、如何にせば斯に養ふと謂ふべきと。曰く、君命を以て之をおこなひ、さいはいけいしゆしてく。そののちりんじんぞくを繼ぎ、はうじんにくを繼ぎ、君命を以て之を將はずと。ししおもへらくていにくは己をしてぼくぼくじとして亟〻はいせしむ。君子を養ふの道に非ざるなり。げうしゆんに於けるや、其子九だんをして之につかへしめ、二女はこれめあはす。百官牛羊さうりんそなへて以て舜をけんぽうちやしなはしむ。のちげて諸れをじやうゐに加ふ。故に曰く、王公の賢を尊ぶ者なりと。〉

萬章曰:「敢問不見諸侯何義也?」孟子曰:「在國曰市井之臣,在野曰草莽之臣,皆謂庶人。庶人不傳質爲臣,不敢見於諸侯,禮也。」萬章曰:「庶人,召之役,則往役;君欲見之,召之,則不往見之,何也?」曰:「往役,義也;往見,不義也。且君之欲見之也,何爲也哉?」曰:「爲其多聞也,爲其賢也。」曰:「爲其多聞也,則天子不召師,而況諸侯乎?爲其賢也,則吾未聞欲見賢而召之也。繆公亟見於子思,曰:『古千乘之國以友士,何如?』子思不悅,曰:『古之人有言曰:「事之云乎」,豈曰友之云乎?』子思之不悅也,豈不曰:『以位,則子,君也,我,臣也,何敢與君友也?以德,則子事我者也,奚可以與我友?』千乘之君求與之友,而不可得也,而況可召與?

〈萬章曰く、敢て問ふ、諸侯を見ざるは何のぞ。孟子曰く、國に在るをしせいしんひ、野に在るをさうまうの臣と曰ふ、皆庶人と謂ふ。庶人はを傳へて臣と爲らざれば、敢て諸侯を見ざるはれいなり。ばんしやういはく、庶人之をしてえきすれば則ちきて役し、君之を見んとほつし之をせば、則ち往きて之を見ざるは何ぞや。曰く、往きてえきするはなり。往きて見るは不義なり。つ君の之を見んと欲するは何の爲めぞや。曰く、そのたもんなるがめか、そのけんなるが爲めか。曰く、其多聞なるが爲めならば、則ち天子すらを召さず。しかるを況んや諸侯をや。其賢なるがためならば、すなはれ未だ賢を見んと欲して之をすをかざるなり。ぼくこうしばしばししを見て曰く、いにしへじようくにもつともとすと、いかんと。子思よころばずして曰く、古の人言へることあり。曰く、これつかふとに之をともとすと云ふと曰んやと。ししよろこばざるや、に位を以てすれば則ち子は君なり、我は臣なり、何ぞ敢て君と友たらん、とくを以てすれば則ち子は我に事ふるものなり、なんぞ以て我と友たるけんと曰ふにあらずや。千乘の君之と友たるを求めて、而ち得べからざるなり。しかるをいはんやすべけんや。〉

齊景公田,招虞人以旌;不至,將殺之。『志士不忘在溝壑,勇士不忘喪其元。』孔子奚取焉?取非其招不往也。」曰:「敢問招虞人何以?」曰:「以皮冠。庶人以旃,士以旗,大夫以旌。以大夫之招招虞人,虞人死不敢往;以士之招招庶人,庶人豈敢往哉?況乎以不賢人之招招賢人乎?欲見賢人而不以其道,猶欲其入而閉之門也。夫義,路也;禮,門也。惟君子能由是路,出入是門也。《詩》云:『周道如底,其直如矢;君子所履,小人所視。』」萬章曰:「孔子『君命召,不俟駕而行』。然則孔子非與?」曰:「孔子當仕有官職,而以其官召之也。」

せいけいこうかりし、ぐじんまねくにせいを以てす。いたらず。まさに之をころさんとす。ししこうがくにあるをわすれず。ゆうしそのかうべうしなふことを忘れず。孔子なにをかれるや。其まねきにあらざればかざるを取れるなり。曰く、敢て問ふ。虞人を招くに何を以てする。曰くひくわんを以てす。しよじんせんを以てし、士はを以てし、たいふせいを以てす。大夫の招きを以てぐじんまねかば、虞人すとも敢てかず。の招きを以てしよじんを招かば、庶人豈に敢て往かんや。いはんやふけんじんまねきをもつて、けんじんを招くをや。賢人をんとほつしてそのみちを以てせざるは、ほ其のるを欲してこれもんづるがごとし。みちなり、れいは門なり。たゞくんしの路にりて是の門をしゆつにふす。いはく、しうだうごとし。そのなほきことの如し。君子のむところ、小人のところと。萬章曰く、孔子きみめいじてせば、たずしてくと。しからば孔子はなるか。曰く、孔子つかふるにあたつてくわんしよくあり。其官を以て之を召せばなり。〉

孟子謂萬章曰:「一鄉之善士,斯友一鄉之善士;一國之善士,斯友一國之善士;天下之善士,斯友天下之善士。以友天下之善士爲未足,又尙論古之人。頌其詩,讀其書,不知其人,可乎?是以論其世也。是尙友也。」

〈孟子萬章につてはく、一きやうぜんしは、こゝに一鄉の善士をともとし、一こくの善士は、斯に一國の善士を友とし、てんかの善士は、こゝに天下の善士を友とす。天下の善士を友とするを以て未だ足らずと爲し、またいにしへの人をしやうろんす。其詩をしようそのしよむ、其人を知らずしてならんや。こゝを以て其世をろんず。是れ尙友なり。〉

齊宣王問卿。孟子曰:「王何卿之問也?」王曰:「卿不同乎?」曰:「不同,有貴戚之卿,有異姓之卿。」王曰:「請問貴戚之卿。」曰:「君有大過則諫,反覆之而不聽,則易位。」王勃然變乎色。曰:「王勿異也。王問臣,臣不敢不以正對。」王色定,然後請問異姓之卿。曰:「君有過則諫,反覆之而不聽,則去。」

せいせんわうけいを問ふ。孟子曰く、王いづれけいを之れふや。王曰く、卿おなじからざるか。曰く、同じからず。きせきけいあり、いせいの卿あり。わう曰く、貴戚の卿をひ問ふ。曰く、君たいくわあればすなはいさむ。之をはんぷくしてかれざれば則ちくらゐふ。王ぼつぜんとしていろへんず。曰く、王あやしなかれ。わうしんふ。しんあへせいを以てこたへずんばあらず。王、いろさだまりて然る後にいせいの卿を請ひて問ふ。曰く、君あやまちあれば則ち諫む。之をはんぷくしてかざれば則ち去る。〉