孟子/盡心上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之十三

盡心章句上


孟子曰:「盡其心者,知其性也。知其性,則知天矣。存其心,養其性,所以事天也。夭壽不貳,修身以俟之,所以立命也。」

まうし曰く、そのこゝろつくものそのせいる。そのせいればすなはてんる。そのこゝろそんしてそのせいやしなふは、てんつかふるゆゑんなり。えうじゆせず、をさめて以てこれつは、めいつるゆゑんなり。〉

孟子曰:「莫非命也,順受其正。是故知命者,不立乎巖墻之下。盡其道而死者,正命也。桎梏死者,非正命也。」

〈孟子曰く、めいあらざることきなり。したがひてそのせいく。このゆゑめいものがんしやうもとたず。そのみちくしてするものせいめいなり。しつこくしてするものせいめいあらざるなり。〉

孟子曰:「『求則得之,舍則失之』,是求有益於得也,求在我者也。『求之有道,得之有命』,是求無益於得也,求在外者也。」

〈孟子曰く、もとむればすなはこれつればすなはこれうしなふ。もとるにえきあるなり。われものもとむればなり。これもとむるにみちあり。これるにめいあり。もとるにえき無きなり。そとものもとむればなり。〉

孟子曰:「萬物皆備於我矣,反身而誠,樂莫大焉。强恕而行,求仁莫近焉。」

〈孟子曰く、ばんぶつみなわれそなはる。かへりみてまことなればたのしみこれよりだいなるはし。きやうじよしておこなふ。じんもとむることこれより近きはし。〉

孟子曰:「行之而不著焉,習矣而不察焉,終身由之而不知其道者,衆也。」

〈孟子曰く、これおこなひていちじるしからず。ならひてさつせず。しゆしんこれりて而もそのみちらざるものおほし。〉

孟子曰:「人不可以無恥。無恥之恥,無恥矣。」

〈孟子曰く、ひともつづることかるべからず。はぢ無きを之れ恥づればづること無し。〉

孟子曰:「恥之於人大矣。爲機變之巧者,無所用恥焉。不恥不若人,何若人有?」

〈孟子曰く、はぢひとけるやだいなり。きへんかうものはぢもちふるにところなし。ひとかざるをぢざればなんひとくことからむ。〉

孟子曰:「古之賢王,好善而忘勢。古之賢士,何獨不然?樂其道而忘人之勢。故王公不致敬盡禮,則不得亟見之。見且猶不得亟,而況得而臣之乎?」

〈孟子曰く、いにしへけんわうぜんこのみていきほひわする。いにしへけんしなんひとしからざらん。そのみちたのしみて人のいきほひわする。ゆゑわうこうけいいたれいつくさざればすなはしばしば之をることをず。見ることすらしばしばすることをず。而るをいはんやこれしんとするをや。〉

孟子謂宋句踐曰:「子好游乎?吾語子游:人知之亦囂囂,人不知亦囂囂。」曰:「何如斯可以囂囂矣?」曰:「尊德樂義,則可以囂囂矣。故士窮不失義,達不離道。窮不失義,故士得己焉。達不離道,故民不失望焉。古之人,得志,澤加於民;不得志,修身見於世。窮則獨善其身;達則兼善天下。」

〈孟子、そうこうせんひて曰く、いうこのむか。われいうかたらん。人之れを知れどもまたがうひとらざれどもまたがうたり。曰く、いかんせば斯に以て囂囂たるべき。曰く、とくたふとたのしめばすなはち以てがうたるべし。ゆゑきうしてうしなはず。たつしてみちはなれず。窮して義を失はず、故に士おのれを得。達して道を離れず、ゆゑたみばううしなはず。いにしへひとこゝろざしればたくたみくははり、こゝろざしざればをさめてあらはる。きうすればすなはひとそのみくし、たつすればすなはねててんかくす。〉

孟子曰:「待文王而後興者,凡民也。若夫豪杰之士,雖無文王猶興。」

〈孟子曰く、文王を待つて後に興る者はぼんみんなり。がうけつごときは、ぶんわう無しといへどおこる。〉

孟子曰:「附之以韓魏之家,如其自視欿然,則過人遠矣。」

〈孟子曰く、これするにかんぎいへを以てするも、みづかることかんぜんたらば、すなはひとぐることとほし。〉

孟子曰:「以佚道使民,雖勞不怨。以生道殺民,雖死不怨殺者。」

〈孟子曰く、いつだうを以てたみつかへば、らうするといへどうらみず。せいだうを以てたみころせば、死すと雖も殺すものうらみず。〉

孟子曰:「霸者之民,驩虞如也;王者之民,皞皞如也。殺之而不怨,利之而不庸,民日遷善而不知爲之者。夫君子所過者化,所存者神,上下與天地同流,豈曰小補之哉!」

〈孟子曰く、はしやたみくわんぐじよたり。王者の民はかうじよたり。これころしてうらみず、これしてようとせず。たみぜんうつりてこれものを知らず。くんしぐるところものくわし、そんするところものかみじやうかてんちりうおなじうす。これせうほすと曰はんや。〉

孟子曰:「仁言,不如仁聲之入人深也。善政,不如善敎之得民也。善政民畏之;善敎民愛之。善政得民財;善敎得民心。」

〈孟子曰く、じんげんじんせいの人に入るのふかきにかざるなり。ぜんせいぜんけうたみるにかざるなり。善政はたみこれおそれ、善敎は民之をあいす。善政は民のざい、善敎は民のこゝろ。〉

孟子曰:「人之所不學而能者,其良能也。所不慮而知者,其良知也。孩提之童,無不知愛其親者,及其長也,無不知敬其兄也。親親,仁也。敬長,義也。無他,達之天下也。」

〈孟子曰く、ひとまなばざるところにしてくするものそのりやうのうなり。おもんばからざるところにしてものは其りやうちなり。がいていどうそのおやあいすることをらざること無し。其ちやうずるにおよびてそのあにけいすることをらざること無し。おやしたしむはじんなり。長を敬するはなり。無し之をてんかたつするなり。〉

孟子曰:「舜之居深山之中,與木石居,與鹿豕游,其所以異於深山之野人者幾希。及其聞一善言,見一善行,若決江河,沛然莫之能御也。」

〈孟子曰く、しゆんしんざんうちる、ぼくせきり、ろくしあそぶ、しんざんやじんことなるゆゑんものほとんまれなり。の一のぜんげんき、一のぜんかうを見るに及びて、かうかけつしてはいぜんとしてこれとゞむることきがごとし。〉

孟子曰:「無爲其所不爲,無欲其所不欲,如此而已矣。」

〈孟子曰く、其のさざるところすこと無く、其のほつせざるところほつすること無かれ、かくごとくせんのみ。〉

孟子曰:「人之有德慧術知者,恆存乎疢疾。獨孤臣孽子,其操心也危,其慮患也深,故達。」

〈孟子曰く、人のとくけいじゆつちある者、つねちんしつに存す。ひとこしんけつし其のこゝろるやあやふく、其のうれへおもんばかるやふかし。ゆゑたつす。〉

孟子曰:「有事君人者,事是君,則爲容悅者也。有安社稷臣者,以安社稷爲悅者也。有天民者,達可行於天下而後行之者也。有大人者,正己而物正者也。」

〈孟子曰く、きみつかふる人といふものあり。きみつかふればすなはようえつものなり。しやしよくやすんずるしんといふものあり。しやしよくやすんずるを以てえつと爲す者なり。てんみんといふものあり。たつしててんかおこなふべくして、しかのちに之を行ふ者なり。たいじんといふ者あり。おのれただしうしてものたゞしき者なり。〉

孟子曰:「君子有三樂,而王天下不與存焉。父母俱存,兄弟無故,一樂也。仰不愧於天,俯不怍於人,二樂也。得天下英才而敎育之,三樂也。君子有三樂,而王天下不與存焉。」

〈孟子曰く、くんしに三らくあり。しかうしててんかわうたるはあづかそんせず。ふぼともに存しけいてい無きは一らくなり。あふいでてんぢずして人にぢざるは二らくなり。てんかえいさいこれきよういくするは三らくなり。くんしに三らくあり。しかうしててんかわうたるはあづかそんせず。〉

孟子曰:「廣土衆民,君子欲之,所樂不存焉。中天下而立,定四海之民,君子樂之,所性不存焉。君子所性,雖大行不加焉,雖窮居不損焉,分定故也。君子所性,仁義禮智根於心。其生色也,睟然見於面、盎於背。施於四體,四體不言而喻。」

〈孟子曰く、くわうどしうみんくんしこれほつす。たのしむところそんせず。てんかちうしてち四かいたみさだむ。くんし之をたのしむ。せいとする所は存せず。君子の性とする所は大に行ふと雖も加へず。きうきよすと雖もそんせず。ぶんさだまるが故なり。君子の性とする所は、じんぎれいちこゝろざす。其のいろに生ずるや、すゐぜんとしておもてあらはれ、あふれ、四たいき、四たいはずしてさとる。〉

孟子曰:「伯夷辟紂,居北海之濱,聞文王作興,曰:『盍歸乎來!吾聞西伯善養老者。』太公辟紂,居東海之濱,聞文王作興,曰:『盍歸乎來!吾聞西伯善養老者。』天下有善養老,則仁人以爲己歸矣。五畝之宅,樹墻下以桑,匹婦蠶之,則老者足以衣帛矣。五母雞,二母彘,無失其時,老者足以無失肉矣。百畝之田,匹夫耕之,八口之家,足以無饑矣。所謂西伯善養老者,制其田里,敎之樹畜,導其妻子,使養其老。五十非帛不暖,七十非肉不飽。不暖不飽,謂之凍餒。文王之民,無凍餒之老者,此之謂也。」

〈孟子曰く、はくいちうけてほくかいひんり、ぶんわうさくこうすとき、曰く、なんせざる、われせいはくらうやしなものと。たいこうちうけてとうかいひんり、ぶんわうさくこうすとき、曰く、なんせざる、われせいはくらうやしなものと。てんからうやしなふあればすなはじんじん以ておのれとなす。五たくしやうかうるにくわを以てし、ひつぷこれさんせば、すなはらうしやは以てはくるにれり。五ぼけいぼていときうしなふ無くば、らうしやは以てにくうしなふ無きにれり。百でんひつぷこれたがやせば、八こういへを以てうるかるべし。いはゆるせいはく善くらうやしなふとはそのでんりせいし、之にじゆきくをしへ、其さいしみちびそのらうやしなはしむ。五十ははくあらざればあたゝかならず。七十はにくあらざればかず。あたゝかならずかざる之をとうたいふ。ぶんわうたみとうたいろう無しとはこれいひなり。〉

孟子曰:「易其田疇,薄其稅斂,民可使富也。食之以時,用之以禮,財不可勝用也。民非水火不生活,昏暮叩人之門戶,求水火,無弗與者,至足矣。聖人治天下,使有菽粟如水火。菽粟如水火,而民焉有不仁者乎?」

〈孟子曰く、そのでんちうをさそのぜいれんうすくせば、たみましむべきなり。これくらふにときもつてし、之をもちふるにれいを以てせば、ざいげてもちふべからざるなり。たみすゐかあらざればせいくわつせず。こんぼひともんこたゝきてすゐかもとむるにあたへざるもの無し。いたりてればなり。せいじんてんかをさむる、しゆくぞく有るすゐかごとくならしむ。しゆくぞくすゐかの如くにして、たみいづくんふじんなるもの有らんや。〉

孟子曰:「孔子登東山而小魯,登泰山而小天下。故觀於海者難爲水;游於聖人之門者難爲言。觀水有術,必觀其瀾。日月有明,容光必照焉。流水之爲物也,不盈科不行;君子之志於道也,不成章不達。」

〈孟子曰く、こうしとうざんのぼりてせうとし、たいざんのぼりててんかせうとす。ゆゑうみる者はみづがたく、せいじんもんあそものげんがたし。みづるにじゆつあり。かならそのなみる。じつげつめい有り。ようくわうかなららす。りうすゐものるや、あなたざればかず、くんしみちこゝろざすや、しやうさざればたつせず。〉

孟子曰:「雞鳴而起,孳孳爲善者,舜之徒也。雞鳴而起,孳孳爲利者,跖之徒也。欲知舜與跖之分,無他,利與善之間也。」

〈孟子曰く、とりきてき、じじとしてぜんものしゆんなり。とりきてじじとしてものせきなり。しゆんせきとのぶんらんとほつせば、無し、ぜんとのあひだなり。〉

孟子曰:「楊子取『爲我』,拔一毛而利天下,不爲也。墨子『兼愛』,摩頂於踵利天下,爲之。子莫『執中』,執中爲近之。執中無權,猶執一也。所惡執一者,爲其賊道也,舉一而廢百也。」

〈孟子曰く、やうしは我がためるをる。一まうきててんかするもさざるなり。ぼくしあいす。いたゞききびすいたるも、てんかするはこれを爲す。しばくは中をる。ちうるはこれちかしとす。ちうりてけんなきはほ一をるがごとし、一をることをにくところものは、みちそこなふがめなり。一をげて百をはいすればなり。〉

孟子曰:「饑者甘食,渴者甘飮,是未得飮食之正也,饑渴害之也。豈惟口腹有饑渴之害?人心亦皆有害。人能無以饑渴之害爲心害,則不及人不爲憂矣。」

〈孟子曰く、ゑたるものはしよくあまんじ、かつする者はいんを甘んず。いまいんしよくせいざるなり。きかつこれがいすればなり。たゞこうふくきかつの害あるらんや。人心も亦皆害有り。人能く饑渴の害を以て心の害とすこと無ければ、則ち人に及ばざるはうれへと爲さず。〉

孟子曰:「柳下惠不以三公易其介。」

〈孟子曰く、りうかけいは三こうを以てそのかいへず。〉

孟子曰:「有爲者,辟若掘井。掘井九軔而不及泉,猶爲棄井也。」

〈孟子曰く、すことる者はたとへばるがごとし。井を掘ること九じんにしていづみおよばざればつとなす。〉

孟子曰:「堯舜,性之也;湯武,身之也;五霸,假之也。久假而不歸,惡知其非有也?」

〈孟子曰く、げうしゆんこれせいにするなり。たうぶは之をにするなり。五は之をるなり。久しく假りてかへさず。いづくんぞ其のいうあらざるをらんや。〉

公孫丑曰:「伊尹曰:『予不狎于不順。』放太甲于桐,民大悅;太甲賢,又反之,民大悅。賢者之爲人臣也,其君不賢,則固可放與?」孟子曰:「有伊尹之志,則可;無伊尹之志,則篡也。」

こうそんちう曰く、いいん曰く、ふじゆんれずと。たいかふとうく。たみ大によろこぶ。太甲けんにして又之をかへす。民大に悅ぶ。けんじやじんしんたるや、其君不賢ならば則ちもとよりくべきか。孟子曰く、伊尹のこゝろざし有らば則ちなり。伊尹の志無くば則ちうばへるなり。〉

公孫丑に曰く、に曰く、そさんせずと。くんしたがやさずしてくらふはなんぞや。孟子曰く、君子のくにるや、そのきみ之をもちふれば則ちあんふそんえい、其してい之にしたがへば則ちかうていちうしん、素餐せざること、いづれかこれよりだいならん。

わうじてうひて曰く、なにをかこととする。孟子曰く、こゝろざしたかくす。曰く、何をか志を尙くするとふ。曰く、じんぎのみ。一むざいころすはじんあらざるなり。そのいうに非ずして之をるはに非ざるなり。きよいづくにかる。じんこれなり。みちいづくにか在る。義是なり。仁に居り義に由る、たいじんことそなはれり。〉

孟子曰:「仲子,不義與之齊國而弗受,人皆信之,是舍簞食豆羹之義也。人莫大焉亡親戚、君臣、上下。以其小者,信其大者,奚可哉?」

〈孟子曰く、ちうしふぎにして之にせいこくあたふるもけず。ひとみな之をしんず。たんしとうかうつるのなり。ひとしんせきくんしんじやうかばうするよりだいなるはし。其小なる者を以て其大なる者をしんず、なんならんや。〉

桃應問曰:「舜爲天子,皋陶爲士,瞽瞍殺人,則如之何?」孟子曰:「執之而已矣。」「然則舜不禁與?」曰:「夫舜惡得而禁之?夫有所受之也。」「然則舜如之何?」曰:「舜視棄天下,猶棄敝蹝也。竊負而逃,遵海濱而處,終身欣然,樂而忘天下。」

たうおうひて曰く、しゆんてんしたり。かうえうたり。こそうひところさばすなはこれいかにせん。孟子曰く、之をとらへんのみ。しからば則ちしゆんきんぜざるか。曰く、れ舜いづくんぞ得て之を禁ぜん。夫れ之をくるところ有るなり。然らば則ち舜之を如何にせん。曰く、舜天下をつる視るがこと猶ほへいしようを棄つるがごとし。ひそかにひてのがれ、かいひんしたがひてり、ふるまできんぜんとしてたのしみててんかわすれん。〉

孟子自范之齊,望見齊王之子,喟然嘆曰:「居移氣,養移體,大哉居乎!夫非盡人之子與?」孟子曰:「王子宮室、車馬、衣服多與人同,而王子若彼者,其居使之然也。況居天下之廣居者乎?魯君之宋,呼於垤澤之門。守者曰:『此非吾君也,何其聲之似我君也?』此無他,居相似也。」

〈孟子、はんよりせいき、せいわうのぞきぜんとしてたんじて曰く、きようつし、やうたいうつす。だいなるかな居や。ことごとひとの子に非ざるか。孟子曰く、わうじきうしつしやばいふくおほく人とおなじくして、王子かれごときは、そのきよこれをしてしかりしむるなり。いはんやてんかくわうきよものをや。きみそうき、てつたくもんぶ。まもる者曰く、きみに非ざるなり。なんぞ其こゑの我が君にたるや。なし、きよあひたればなり。〉

孟子曰:「食而弗愛,豕交之也。愛而不敬,獸畜之也。恭敬者,幣之未將者也。恭敬而無實,君子不可虛拘。」孟子曰:「形色,天性也。惟聖人然後可以踐形。」

〈孟子曰く、やしなひてあいせざるはこれしかうするなり。あいしてけいせざるは之をじうきくするなり。きようけいへいいまおこなはざる者なり。恭敬してじつなければくんしひとしくこうからず。〉

孟子曰:「形色,天性也。惟聖人然後可以踐形。」

〈孟子曰く、けいしよくてんせいなり。たゞせいじんにしてしかのちもつかたちむ可し。〉

齊宣王欲短喪。公孫丑曰:「爲期之喪,猶愈於已乎?」孟子曰:「是猶或紾其兄之臂,子謂之『姑徐徐』云爾。亦敎之孝弟而已矣。」王子有其母死者,其傅爲之請數月之喪。公孫丑曰:「若此者何如也?」曰:「是欲終之而不可得也,雖加一日愈於已。謂夫莫之禁而弗爲者也。」

せいせんわうみぢかくせんとほつす。こうそんちう曰く、をなすはむにまさるか。孟子曰く、そのあにひぢもとらすものあり、これつてしばらじよにせよとふがごとし。またこれこうていをしへんのみ。わうじそのはゝするものあり。そのふこれが爲めにすうげつふ。公孫丑曰く、かくごとものいかんぞや。曰く、れ之をへんとほつして可からざるものなり。一じつくはふといへどむにまされり。夫の之をきんずるくしてさざる者をふなり。〉

孟子曰:「君子之所以敎者五:有如時雨化之者,有成德者,有達財者,有答問者,有私淑艾者。此五者,君子之所以敎也。」

〈孟子曰く、くんしをしふるゆゑんもの五、じうこれくわするがごともの有り。とくす者有り。ざいたつする者有り。とひこたふる者あり。ひそかしゆくがいする者あり。この五者は君子のをしふるゆゑんなり。〉

公孫丑曰:「道則高矣、美矣,宜若登天然,似不可及也。何不使彼爲可幾及而日孳孳也?」孟子曰:「大匠不爲拙工改廢繩墨;羿不爲拙射變其彀率。君子引而不發,躍如也。中道而立,能者從之。」

こうそんちう曰く、みちすなはち高しうるはし。よろしくてんのぼるがごとしかるべし。およぶ可からざるにたり。なんかれをしてききふきを爲してひゞじじせしめざる。孟子曰く、たいしやうせつこうめにじようぼくかいはいせず。げいせつしやめにそのこうりつへんぜず。くんしきてはつせず、やくじよたり。ちうだうにして立つ。のうしやこれしたがふ。〉

孟子曰:「天下有道,以道殉身;天下無道,以身殉道。未聞以道殉乎人者也。」

〈孟子曰く、てんかみち有れば道を以てじゆんず、天下道無ければ身を以て道に殉ず。未だ道を以て人に殉ずる者をかざるなり。〉

公都子曰:「滕更之在門也,若在所禮,而不答,何也?」孟子曰:「挾貴而問,挾賢而問,挾長而問,挾有勛勞而問,挾故而問,皆所不答也。滕更有二焉。」

こうとし曰く、とうかうもんに在るや、れいするところにあるがごとし。しかこたへざるはなんぞや。孟子曰く、さしはさみてひ、けんを挾みて問ひ、ちやうを挾みて問ひ、くんらう有るを挾みて問ひ、故を挾みて問ふは、みなこたへざるところなり。とうかう二つあり。〉

孟子曰:「於不可已而已者,無所不已。於所厚者薄,無所不薄也。其進銳者,其退速。」

〈孟子曰く、むべからざるにおいむ者は、已まざるところ無し。あつくする所の者に於てうすくすれば薄うせざる所なし。其すゝむことするどき者は其しりぞくことすみやかなり。〉

孟子曰:「君子之於物也,愛之而弗仁;於民也,仁之而弗親。親親而仁民,仁民而愛物。」

〈孟子曰く、くんしものけるや、これあいしてじんせず。たみに於けるや、之を仁してしたしまず。しんしたしみてたみに仁し、民に仁して物を愛す。〉

孟子曰:「知者無不知也,當務之爲急;仁者無不愛也,急親賢之爲務。堯舜之知而不遍物,急先務也。堯舜之仁不遍愛人,急親賢也。不能三年之喪,而緦小功之察:放飯流歠,而問無齒決:是之謂不知務。」

〈孟子曰く、ちしやらざる無きなり。つとむべきを之れきふと爲す。じんしやあいせざる無きなり。けんしたしむを急にするを之れつとめと爲す。げうしゆんにして、物にあまねからざるはせんむきふにするなり。堯舜の仁にして人を愛するにあまねからざるはけんしたしむことをきふにするなり。三ねんくせずてせうこうさつし、はうはんりうせつしてしけつ無きをふ。これつとめらずとふ。〉