契約證書解釋方法

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

大 審 院

諸 裁 判 所

契約證書解釋方法ノ儀太政官ニ相伺侯處別紙ノ通御指令相成候ニ付心得ノ爲メ此旨相達侯事

裁判上契約證書解釋方法ノ儀ニ付上申

抑モ契約證書ナル者ハ雙方ノ權利義務ヲ定メ其趣旨目的ヲ確實ナラシムモノニシテ素ヨリ輕易ニ付スヘカラサルナリ然ルニ各人契約ノ證書動モスレハ踈漏レ訴訟トナルニ及ンテ意義ノ解釋ニ苦シム文意汎漫立言隱昧ニシテ契約ノ趣旨目的明劃ナラサル者アリ意義兩端ニ涉ル者アリ其他地方ノ慣習ニ因リ文言ノ其趣旨ニ適セサル者アリ裁判官タル者汚眼以テ之ヲ解シ明察以テ其要旨ヲ採ラサレハ裁判其當ヲ失ヒ冤ヲ吞ミ憾ヲ含ミ却テ人民ヲシテ冤ニ沈マシシム愼マサルヘケンヤ

現今裁判上ノ景況ヲ視ルニ特リ其文詞ニ拘泥シ其契約ノ主旨ヲ誤リ或ハ文意ノ曖昧ナル者ハ槪シテ無效トナスカ如キノ弊害アルヲ免レサルナリ果シテ然ルトキハ權利者却テ權利ヲ失ヒ義務者却テ義務ヲ免ルヽニ至リ雙方ノ權義ヲ錯亂シ各人ノ權利財產ノ安固ヲ妨害スル實ニ鮮少ナラサルヘシ是ニ於テ道埋ニ基キ便益ヲ測リ猶佛國民法ノ法理ニ據リ契約證書ノ解釋法ヲ指示シテ裁判上ノ謬誤ヲ豫防スルヿ自今ノ一大急務タリ

因別紙ノ通疑シキ契約證書ノ解釋方法兼テ於當省議定イタシ置キ斯主旨ヲ以テ伺出ノ向キヘ指令ニ及ヒ度又時宜ニ因リ各裁判所爲心得相達候儀モ有之ヘク存候抑是等ノ事ハ事理ノ然ラサルヘカラサル者ニ候得共爲念一應相伺候條至急御裁令ヲ請

明治十年六月廿ニ日 司法卿大木喬任

右大臣岩倉具視殿 

(朱書御指令)

伺ノ趣ハ脩正ノ通相心得ヘシ

明治十年七月十七日

別紙原案ハ之レヲ略ス

修正

契約書解釋心得

一契約書ヲ解釋スルニハ其文字ノミニ依著スルヨリハ寧ロ其契約ヲ爲シタル雙方ノ者ノ旨趣如何ヲ考索スヘシ

ニ一箇ノ條款二樣ノ意ヲ帶ルトキハ其契約ノ效ナカラシム可キ意ニ之ヲ解スルヨリ寧ロ其效ヲ生セシム可キノ意ニ之ヲ解ス可シ

三文詞二樣ノ意ヲ帶ルトキハ其契約ノ目的ニ最モ適シタル意ニ之ヲ解スヘシ

四文意ノ曖昧タル者ハ其契約ヲ結ヒタル地方ノ習慣ニ從テ之ヲ解スヘシ

五習慣上通常記載スル條款ヲ契約書中ニ記セサルモ仍ホ之ヲ記シタルモノト看做ス可シ

六契約書中ノ條款ハ皆其全文ノ大意ニ從ヒ互ニ和解釋ス可シ

七疑ノ場合ニ於テハ契約ハ其義務ヲ行フヘキ者ノ利益トナル樣之ヲ解釋スヘシ

八契約書中ノ文詞如何ニ泛キトモ其契約ヲ結ヒタル雙方ノ者互ニ相思擬シタルヘシト推知スルヲ得ヘキ者ヲ除クノ外ハ之ヲ包含セス

九義務ヲ解釋スル爲メ契約書中ニ一箇ノ事項ヲ揭ケタリトモ其契約上當然ニ包含スヘキ事件他ノ事項ヲ除去シタル者ト看做ス可ラス

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。