天にはさかえ

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search

『聖公会讃美歌』(1891年)[編集]

35 第三十五 Mendelssohn. 10 of 7.

天上いとたかきところには榮光神にあれ
  1. かみにはさかえ にはおだやか
    よひと〻かみと やはらぎたりと
    みつかひたちの うたへるうたを
    ひと〴〵き〻て ともによろこび
    けふあれませる きみをほむべし
  1. さだめたまひし そのときにしも
    たふときかみの みくらをはなれ
    われらと〻もに ましますために
    しづのをとめの はらにやどりて
    けふあれませる きみをほむべし
  1. くもきりはらい ひの〻ぼるごと
    みひかりをもて くらきをてらし
    つちよりいづる ひとをいかしめ
    つきぬいのちを さづくるために
    けふあれませる きみをほむべし

『讃美歌』(1903年)[編集]

※(古今四十四)

60 第六十 Mendelssohn 7777777777

Hark! the herald angels sing Luke 2 : 14
いと高き所には榮光神にあれ。
(ルカ傳二章十四節)
  1. かみにはさかえ にはおだやか
    ひとにはめぐみ あれとうたへる
    みつかひたちの たゝへのうたを
    きゝてもろびと ともによろこび
    いまれましゝ きみをたゝへよ
  1. さだまたまひし すくひのときに
    かみのみくらを はなれてくだり
    いやしきしづの をとめにやどり
    よびとのなかに すむべきために
    いまあれましゝ きみをたゝへよ
  1. あさのごとく かゞやきのぼり
    みひかりをもて くらきをてらし
    つちよりいでし ひとをかしめ
    つきぬいのちを あたふるために
    いまあれましゝ きみをたゝへよ

『改訂 古今聖歌集』(1922年)[編集]

第四十三 (讃六十)

いと高き處には榮光神にあれ 路二○十四
  1. かみには さかえ榮光  には おだやか
    ひとには めぐみ  あれ」と うたへる
    みつかひ たちの  たゝへの うたを
    きゝて もろびと  ともに よろこび
    いま あれましゝ  きみを たゝへよ
  1. さだめ たまひし  すくひの ときに
    かみの みくらを  はなれて くだり
    いやしき しづの  をとめに やどり
    よびとの なかに  すむべき ために
    いま あれましゝ  きみを たゝへよ
  1. あさひの ごとく  かゞやき のぼり
    みひかりを もて  くらきを てらし
    つち より いでし  ひとを いかしめ
    つきぬ いのちを  あたふる ために
    いま あれましゝ きみを たゝへよ

『讃美歌』(1931年)[編集]

九一 ルカ 二・一四
  1. あめにはさかえ 御神みかみにあれや
    つちにはやすき ひとにあれやと
    みつかひたちの たたふるうたを
    ききてもろびと ともによろこび
    いまれましし きみをたたへよ
  1. さだめたまいし すくひのときに
    かみのみくらを はなれてくだり
    いやしきしづの をとめに宿やど
    よびとのなかに すむべきため
    いまれましし きみをたたへよ
  1. あさのごとく かがやきのぼ
    みひかりをもて くらきをてらし
    つちよりいでし ひとかしめ
    つきぬ生命いのちを あたふるために
    いまれましし きみをたたへよ

  • 底本: 日本基督教団讃美歌委員会編『讃美歌』日本基督教団讃美歌委員会、1954年5月改訂版

『讃美歌』(1954年)[編集]

98
  1. 「あめにはさかえ み神にあれや、
    つちにはやすき 人にあれや」と、
    みつかいたちの たたうる歌を
    ききてもろびと 共によろこび、
    今ぞうまれし 君をたたえよ。
  1. さだめたまいし 救いの時に、
    かみのみくらを はなれてくだり、
    いやしきしずの 処女おとめにやどり、
    世びとのなかに 住むべきために、
    いまぞうまれし 君をたたえよ。
  1. あさ日のごとく かがやきのぼり、
    みひかりをもて くらきを照らし、
    つちよりいでし 人をかしめ、
    つきぬいのちを 与うるために、
    いまぞうまれし 君をたたえよ。

  • 底本: 日本基督教団讃美歌委員会編『讃美歌』日本基督教団讃美歌委員会、1954年12月

『古今聖歌集』(1959年)[編集]

降誕節
第十八番
ルカ二・一四
Hark! the herald-angels sing
Charles Wesley, 1739
  1. 「かみには さかえ(栄光) 地には おだやか(平和)
    ひとには めぐみ あれ」と うたえる
    みつかい たちの たたえの うたを
    ききて もろびと ともに よろこび
    いま れましし きみを たたえよ
  1. さだめ たまいし すくいの ときに
    かみの みくらを はなれて くだり
    いやしき しずの おとめに やどり
    びとの なかに 住むべき ために
    いま あれましし きみを たたえよ
  1. あさひの ごとく かがやき のぼり
    みひかりを もて くらきを てらし
    つちより いでし ひとを かしめ
    つきぬ いのちを あとうる ために
    いま あれましし きみを たたえよ

  • 底本: 古今聖歌集改訂委員『古今聖歌集』日本聖公会、1959年

『新聖歌』(2001年)[編集]

79 あめには栄え
[讃 98]
  1. あめには栄え かみにあれや
    つちには安き 人にあれや」と
    み使いたちの たたうる歌を
    聞きて諸人もろびと 共に喜び
    今ぞ生まれし君をたたえよ
  1. 定め給いし 救いの時に
    神のくらを 離れてくだ
    たまによりて 処女おとめに宿り
    びとの中に 住むべきために
    今ぞ生まれし 君をたたえよ
  1. 朝日のごとく 輝き昇り
    ひかりをもて 暗きを照らし
    土よりいでし 人を活かしめ
    きぬ命を あたうるために
    今ぞ生まれし 君をたたえよ

  • 底本: 日本福音連盟新聖歌編集委員会編『新聖歌 交読文付き』教文館、2001年6月、ISBN 9784764291010

『日本聖公会聖歌集』(2006年)[編集]

降誕節
81
Hark! the herald-angels sing
Charles Wesley(1707-1788)
MENDELSSOHN
Felix Mendelssohn-Bartholdy(1809-1847)
adapt. William Hayman Cummings(1831-1915)
  1. かみにはさかえ にはおだやか」
    ひとにはめぐみ あれ」とうたえる
    使つかいたちの たたえの歌を
    きてもろびと ともによろこび
    いま あれましし きみをたたえよ
  1. さだめたまいし 救いのときに
    神の みくらを はなれてくだ
    まずしくひくき おとめに宿やど
    びとのなかに むべきために
    今 あれましし きみをたたえよ
  1. あさひのごとく かがやきのぼり
    ひかりをもて くらきをらし
    つちよりでし 人をかしめ
    きぬいのちを あとうるために
    今 あれましし きみをたたえよ

  • 底本: 日本聖公会編『日本聖公会聖歌集』、2006年11月

この著作物は1923年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没年(団体著作物にあっては公表後又は創作後)より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。