大日本大朝鮮兩國盟約

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

大日本大朝鮮兩國盟約

大日本
大朝鮮
兩國政府ハ日本曆明治二十七年七月二十五日
朝鮮曆開國五百三年六月二十三日
ニ於テ朝鮮國政府ヨリ清兵撤退一節ヲ以テ朝鮮國京城駐在日本特命全權公使ニ委託シテ代辦セシメタル以來兩國政府ハ清國ニ對シ既ニ攻守相助クルノ位置ニ立テリ就テハ其事實ヲ明著ニシ倂ニ兩國事ヲ共ニスルノ目的ヲ達センガ爲メ下ニ記名セル兩國大臣ハ各々全權委任ヲ奉シ訂約シタル條款左ニ開列ス

  • 第一條 此盟約ハ清兵ヲ朝鮮國ノ境外ニ撤退セシメ朝鮮國ノ獨立自主ヲ鞏固ニシ日朝兩國ノ利益ヲ增進スルヲ以テ目的トス
  • 第二條 日本國ハ清國ニ對シ攻守ノ戰爭ニ任シ朝鮮國ハ日兵ノ進退及ヒ其糧食準備ノ爲メ及ブ丈ケ便宜ヲ與フヘシ
  • 第三條 此盟約ハ清國ニ對シ平和條約ノ成ルヲ待テ廢罷ス可シ

此レカ爲メ兩國全權大臣記名調印シ以テ憑信ヲ昭ニス

大日本國明治二十七年八月二十六日
特命全權公使 大鳥圭介(印)
大朝鮮國開國五百三年七月二十六日
外務大臣 金允植(印)

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。