大塚徹・あき詩集/放蕩息子

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


放蕩息子[編集]

東洋の
あおい囀りのなかにうづくまって
花守りの老爺は
この春――にせんろっぴゃくろっぺンの
としつきの花束を編んでいる

ほろりと熱いものが頬をぬらして
はっと気がつく
ああ 俺は泣いていたんだ
と、たちまちに嗚咽して
杳いむかしの花びらの
いちまい いちまいの儚さが
赤道越えて 帰ってくる。

傷つき破れた
神話のなかの
白い蝶が
おーい おーい
と群
追いすがる
追いすがる
大陸のはての蜃気楼などに――

花守の老爺は
しょぼしょぼとメガネの曇りをふきながら
日本の夕景を飽かず見まわしている

春は 惜しみなく
くさぐさの凋花を棄てて
放蕩息子のように
そむきさる
熾んなる夏の方向へ――

〈昭和二二年、新涛〉