外郎売

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


せっしゃ親方と申すは、お立合いのうちにご存知のお方もござりましょうが、お江戸をってにじゅうりかみがたそうしゅうおだわらいっしきまちをお過ぎなされてあおものちょうを登りへおいでなさるれば,らんかんばしとらやとうえもん、只今はていはつ致してえんさいと名乗りまする。

 がんちょうよりおおつごもりまで、お手に入れまするこの薬は、昔、ちんの国のとうじんういろうという人、わがちょうへ来たり、みかどさんだいの折からこの薬を深くめ置き、用ゆる時はいちりゅうずつ、かぶりの隙間より取りいだす。ってその名をみかどより、とうちんこうたまわる。即ちもじには「いただき・く・におい」と書いて、とうちんこうと申す。

 只今はこの薬、ことほかせじょうひろまり、ほうぼうにせかんばんいだし、イヤ小田原の、灰俵の、さん俵の、炭俵のといろいろに申せども、平仮名をもって「ういろう」といたしたは親方円斎ばかり。もしやお立合いのうちあたみとうの沢へとうじにおいでなさるるか、又はいせごさんぐうの折りからは、必ずかどちがいなされまするな。お登りならば右のかた、お下りなれば左側,はっぽうむね、表がむねぎょくどうづくり、はふには、菊に桐のとうごもんごしゃめんあって系図正しき薬でござる。

 いやさいぜんより家名の自慢ばかり申しても、ご存知ない方には、しょうしんこしょうの丸呑み、しらかわよふね。さらばいちりゅう食べかけて、その気味合いをお目にかけましょう。ずこの薬をかようにいちりゅう舌の上にのせましてふくないへ納めますると、イヤどうも言えぬは、しんはいかんがすこやかになってくんぷうのんどより来たり。こうちゅうびりょうを生ずるがごとし。うおとりきのこ・麺類の食い合わせ、そのほかまんびょう速効ある事、かみごとし。 さてこの薬、第一の奇妙には、舌のまわることが、ぜにごまがはだしで逃げる。ひょっと舌がまわり出すと、矢も盾もたまらぬじゃ。

 そりゃそりゃそりゃ、そりゃそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤのんどサタラナしたに、カしおん、ハマの二つはくちびるけいちょうかいごうさわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろお。一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、ぼんまめぼんごめぼんごぼう、摘みたでつみ豆つみざんしょうしょしゃざんしゃそうじょうこごめのなまがみ粉米のなまがみこん粉米のこなまがみ、しゅすひじゅす、繻子・しゅっちん。親もかへい子も嘉兵衛、親かへい子かへい子かへい親かへい。ふるくりの木のふるきりぐちあまがっぱばんがっぱか、貴様のきゃはんもかわぎゃはん、我等がきゃはんも皮脚絆。しっかわばかまのしっぽころびを、みはりはりなかにちょと縫うて、縫うてちょとぶんだせ。かわらなでしこのぜきちく、のら如来、のら如来、のら如来に、のら如来。いっすんのおこぼとけに、おけつまずきゃるな。ほそみぞにどじょにょろり。京のなまだらならなままながつお、ちょとしごかんめ、お茶ちょ茶立ちょ、ちゃっと立ちょ茶立ちょ、あおだけ茶せんでお茶ちゃっと立ちゃ。

 来るは来るは何が来る、高野の山のおこけら小僧、たぬきひゃっぴきはしひゃくぜんてんもくひゃっぱいぼうはっぴゃっぽん。武具馬具ぶぐばぐ、ぶぐばぐ、合わせて武具馬具、武具馬具。菊栗きくくり、三菊栗、合わせて菊栗、六菊栗。むぎごみ、むぎごみ、むぎごみ、合わせてむぎごみ、むぎごみ。あのなげしながなぎなたが長薙刀ぞ。向こうのごまがらはのごまがらかごまがらか、あれこそほんのまごまがら。がらぴいがらぴいかざぐるま。おきゃがれこぼし、おきゃがれこぼし、ゆんべもこぼして又こぼした。たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりからちりからつったっぽ。たっぽたっぽひいだこ、落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬ物は、ごとくてっきゅうかなぐまどうじに、石熊・石持ち・虎熊・虎きす。中にもとうじの羅生門には、いばらぎどうじがうでぐりごんごう、つかんでおしゃる、らいこうの膝元去らず。

 ふなきんかんしいたけ・さだめてごだんな、そば切り、そうめん、うどんかぐどんな、こしんぼちこだなこしたこおけにこ味噌が、こ有るぞ、こしゃくし、こ持って、こすくって、こ寄こせ、おっとがてんだ、こころえたんぼの川崎・神奈川・程が谷・戸塚は走って行けばやいとりむく三里ばかりか、藤沢、平塚、大磯がしや、小磯のしゅくを七つ起きしてそうてんそうそう相州小田原とうちん香。隠れござらぬきせんぐんじゅの花のお江戸の花ういろう、あれあの花を見てお心をおやわらぎゃっという、うぶこう子に至るまで、此のういろうの御評判、御存知ないとは申されまいまいつぶり、つの出せ棒出せ、ぼうぼうまゆに、うすきね・すりばち・ばちばちぐわらぐわらぐわらと羽目をはずしてこんにちいでいずれもさまに、上げねばならぬ、売らねばならぬと、いきせい引っぱり、とうほう世界の薬の元締め、やくしにょらいしょうらんあれと、ホホ敬ってういろうはいらっしゃりませぬか。

この作品は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。