埼玉県立浦和高等学校の校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


校舎の礎動きなき

我が武蔵野の鹿島台

明日に望む富士の嶺の

雪千秋の色清く

夕べにうたふ荒川の

水万歳の声高し


将来国家に望みある

一千有余の学生が

守る倹素と廉潔の

美風示して春ごとに

大和心の香も深く

匂うや庭の桜花


花あり実ある丈夫が

堅忍不抜の精神を

川ゆく水の末絶えず

高嶺の雪と磨きつつ

雲井に続く武蔵野の

広き宇内に雄飛せん

この著作物は、1910年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。