地球から月へ/第二章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第二章
バービケーン会長からのメッセージ
[編集]

10月5日の夜8時、ユニオン・スクエア21番地の大砲クラブのサロンには大勢の人が集まっていた。ボルチモアに住むクラブのメンバー全員が、会長の招待を受けてやってきた。対応するメンバーについては、特急が数百人単位で街の通りを通って運んできた。会議場がどんなに大きくても、この学者たちの世界を収容することはできず、隣の部屋や廊下、外庭の真ん中に流れていった。そこで彼が出会ったのは、ドアの前に群がる一般の人々であり、それぞれが最前列にたどり着こうとし、バービケーン会長の重要な通信を聞こうとする人々であり、「自治」の思想で育った大衆特有の自由な行動力で、お互いに押し合い、押し合い、押し潰し合っていた[1]

その夜、ボルチモアにいた見知らぬ人は、たとえ値段がついていても、居住者や対応するメンバーだけが入れる大広間に入ることはできなかっただろう。他の誰もそこに座ることは許されず、市の役人である選択委員会の司祭[2]は、有権者の群衆に混じって中からのニュースを聞かなければならなかった。

しかし、この巨大な「広間」は、不思議な光景を目にもたらした。この広大な部屋は、その目的に見事に合致していた。大砲を重ね合わせて作られた高い柱が、太い迫撃砲を土台にして、鉄の鋳造で作られたレースのようなヴォールトの精巧なアーマチュアを支えている。壁にはエスパニョール、雷管銃、ハーケン銃、ライフル銃など、古今東西のあらゆる銃器が絵のように交差して配置されている。シャンデリアの形にまとめられた1000丁のリボルバーからガスが満開になり、ピストルのジランドールやライフル銃の燭台が梁のように組み合わされて、見事な照明が完成した。銃の模型、ブロンズ製のサンプル、打撃を受けた照準器、大砲クラブの砲弾の衝撃で壊れたプレート、リフォイルやスワブの品揃え、爆弾の紐、発射薬のネックレス、砲弾の花輪など、砲術師の道具はすべて、その驚くべき配置によって目を驚かせ、その本当の目的は殺傷力よりも装飾性にあると思わせてくれるものばかりだ。

その名誉ある場所には、見事な展示ケースに守られて、J.T.マストンの砲の貴重な残骸である、火薬の力で壊れ、ねじ曲がった砲弾の破片が展示されていた。

部屋の一番奥には、会長が4人の秘書を従えて、広いエスプラネードを占めていた。彫刻された台車の上に置かれた彼の席は、32インチのすり鉢のような力強い形をしていた。90度の角度に回転させ、トラニオンで吊り下げられていたので、ロッキングチェア[3]と同様に、暑い日には議長がとても気持ちよく揺らすことができた。巨大な金属板を6本のカロネードで支えた机の上には、絶妙なノミで作られたビスカヤ製の趣味の良いインクスタンドと、時折リボルバーのように炸裂する起爆鐘が置かれていた。議論が盛り上がっているときには、この新しいベルが、興奮した砲手たちの声をかき消すのに十分だった。

事務所の前には塹壕のようにジグザグに配置された長椅子があり、そこには砲台やカーテンウォールが連続して配置されていて、大砲クラブのメンバーは皆そこに座り、その夜は「城壁に人がいた」と言っても過言ではなかった。会長は十分な知名度を持っていたので、よほどの理由がなければ同僚の邪魔をすることはないだろう。

インペイ・バービケーンは40歳の男性で、冷静沈着、厳格で、非常に真面目で集中力があり、クロノメーターのように正確で、揺るぎない気質、揺るぎない性格を持っていた。また、騎士道精神はなく、冒険心はあったが、最も無謀な事業にも実用的な考えを持ち合わせていた。典型的なニューイングランド人であり、植民地化した北方人であり、スチュアート家を滅ぼしたラウンドヘッドの子孫であり、南方の紳士、祖国の古きキャバリアの宿敵でもあるのである。一言で言えば、アメリカ人気質一色の人物だった。


バービケーンは材木商で巨万の富を築いたが、戦時中に砲兵局長に任命されてからは、発明の才に長け、大胆な発想で兵器の進歩に大きく貢献し、実験的研究にも比類のない推進力を与えたという。

彼は中肉中背で、大砲クラブでは珍しいことに、手足がすべて揃っていた。彼の強調された特徴は、正方形と線引き器で描かれたように見えた。人間の本能を推測するためには、横顔を見なければならないというのが本当なら、このように見たバービケーンは、エネルギー、大胆さ、冷静さを最も確かに示していた。

この時、彼は椅子の上で動かず、無言で夢中になって内側を見ていた。高帽子の下には、アメリカ人の頭蓋骨にねじ込まれているような黒いシルクの筒が隠されている。

彼の周りでは、同僚たちが彼の気を散らさないように騒々しく話していた。彼らはお互いに質問し、仮説の分野に踏み込み、会長を調べ、彼の平静な人相から「X」を取り除こうとしたが、無駄であった。

大広間の煤けた時計が8時を告げると、バービケーンはバネに動かされたように急に背筋を伸ばし、全体的な静寂が訪れ、やや強調した口調で次のように語った。

「勇敢な仲間たちよ、あまりにも長い間、実りのない平和が訪れ、大砲クラブの会員達を不幸な怠惰に陥れていた。数年後、あまりにも多くの出来事があったため、我々は仕事を放棄し、進歩への道を途中で止めなければならなかった。私は声を大にして宣言することを恐れません。武器を手にすることができる戦争なら、どんなものでも歓迎する...。」

- 「そうだ、戦争だ!」と衝動的にJ.T.マストンが叫んだ。

- 「聞け!聞け!」と四方八方から声がかかる。

- しかし、「戦争は、現在の状況では不可能であり、私の名誉あるスイッチが何を望もうとも、我々の大砲が戦場に鳴り響くまでには何年もかかるだろう」とバービケーンは言った。だからこそ、我々は自分の立場をわきまえて、我々をむさぼり食う活動のための栄養を、他のアイデアの秩序に求めなければならないのである。」

会長がこの微妙なポイントを突いてくるのを、議会は察知していた。これまで以上に気を引き締めた。

「数ヶ月前から、勇敢な同僚たちよ、私は、自分たちの専門分野にとどまりながらも、19世紀にふさわしい何か大きな実験を行うことができないだろうか、そして、弾道学の進歩によって、その実験を成功させることができないだろうか、と考えてきた。その結果、他の国では実現不可能と思われる事業を成功させなければならないという確信を得た。あなたにふさわしく、大砲クラブの過去にふさわしく、世間を騒がせないはずがありません。」

- 砲手が「音がした」と叫んだ。

- 「本当の意味での "騒音 "ですね」とバービケーンは答えた。

- 「邪魔しないで!」という声が何度も聞こえてきた。

- 「同僚の皆さん、どうか私に注目していただきたいと思う。」

一同に震えが走った。バービケーンは帽子を頭に乗せる仕草をして、落ち着いた声で話を続けた。

「勇敢な仲間たちよ、月を見たことのない者、少なくとも聞いたことのない者はいないだろう。私がここに来て、夜の星の話をしても驚かないでください。我々は、この未知の世界のコロンブスになることができるのかもしれません。私を理解し、あなたの力の全てを使って私を助けてください。私はあなたをその征服に導き、その名前はこの偉大な国である連邦を形成する36の州の名前に加わるだろう。」

- 「月に万歳!」と大砲クラブは一斉に叫んだ。

- その質量、密度、重さ、体積、構造、動き、距離、そして太陽界での役割は完全に決定されている。月面図[4]は、地上の地図と同等かそれ以上の完成度で作成され、写真撮影では、我々の衛星の比類のない美しさ[5]が証明されている。つまり、月については、数理科学、天文学、地質学、光学のすべてがわかっているが、今のところ、月との直接の交信は実現していない。」

この話者の言葉に、興味と驚きの激しい動きがあった。


架空の航海に出た熱狂的な精神が、いかにして我々の衛星の秘密を解明したと主張したかを、少しだけ思い出させてください」と続けた。17世紀、ダビデ・ファブリキウスという人物は、自分の目で月の住人を見たと自慢していた。1649年、フランス人のジャン・ボードインが、スペイン人冒険家ドミニク・ゴンザレスの「Voyage fait au monde de la Lune」を出版した。その頃、シラノ・ド・ベルジュラックは、フランスで大成功を収めたこの有名な探検記を出版していた。その後、別のフランス人(彼らは月に非常に関心を持っている)、フォントネルという人が『世界の複数性』を書きたが、これは当時の傑作だった。1835年頃、ニューヨーク・アメリカン紙から翻訳されたパンフレットには、天文学的研究のために喜望峰に派遣されたジョン・ハーシェル卿が、室内照明によって完成された望遠鏡を使って、月を80ヤードの距離にまで到達させたという記事が掲載されている[6]。そうすれば、カバの住む洞窟、金色のレースで縁取られた緑の山々、象牙の角を持つ羊、白い鹿、そしてコウモリのような膜状の翼を持つ住人をはっきりと見たことだろう。このパンフレットは、ロックというアメリカ人の作品で[7]、非常に大きな成功を収めた。しかし、すぐにそれが科学的ないたずらであることが認識され、フランス人はそれを最初に笑い飛ばしたのである。

- 「アメリカ人を笑うなんて!しかし、これは詭弁だ!。」とJ.T.マストンは叫んだ。

- 「安心してください、私の大切な友人です。フランス人は、笑う前に、我々の同胞に完璧に騙されていた。最後に、ロッテルダムのハンス・プファールという人物が、水素の37倍の軽さを持つ窒素由来のガスを詰めた気球で出発し、19日間の月面通過を経て月に到達したことを付け加えておきましょう。この旅は、これまでの試みと同様、単なる想像上のものであったが、アメリカの人気作家であり、奇妙で思索的な天才の作品であった。私はポエと名付ける!」

- 「エジガルド・ポエに万歳!」と、議長の言葉に感激した集会が開かれた。

- バービケーンは、「私は、これらの試みを終えた。これらの試みは、純粋に文学的と呼ぶべきものであり、夜の星と真剣な関係を築くには全く不十分なものである。しかし、現実的な考えを持った人たちが、彼と真剣にコミュニケーションを取ろうとしたことを付け加えなければなりません。そこで、数年前にドイツの幾何学者が、シベリアの草原に科学者の委員会を派遣することを提案した。広大な平原に、光の反射鏡で描かれた巨大な幾何学図形が設置され、その中にはフランス人が通称「Pont aux ânes」と呼ぶ斜辺の二乗もあった。知的な人なら誰でも、この図形の科学的な目的を理解しなければならない」と幾何学者は言った。セレナイト[8]が存在すれば、同じような姿で応えてくれるだろうし、通信が確立されれば、月の住人と会話ができるようなアルファベットを作ることも容易になるだろう。」ドイツの幾何学者はそう言ったが、彼の計画は実行されず、今のところ地球と衛星を直接つなぐことはできていない。しかし、アメリカ人の実用的な才能をもってすれば、自分たちを恒星の世界と結びつけることができるのである。これを実現する手段は、単純で簡単で確実であり、避けては通れないものであり、それが私の提案の主題となる。」

この言葉を受けて、喧騒と絶叫の嵐が巻き起こった。その場にいた人の中で、講演者の言葉に支配され、流されなかった人は一人もいなかった。

「 聞いてください! 静粛に。」彼らは四方八方から叫んだ。

騒動が収まると、バービケーンは中断していた演説を真面目な声で再開した。

この数年で弾道学がどのように進歩したか、戦争が続いていたら銃器はどの程度の完成度に達していたかを知っているだろう」と。また、一般的に、銃の強さや火薬の膨張力は無限であることをご存知だろう。さて、この原理から出発して、私は、十分な装置を使って、ある種の抵抗条件の下で確立すれば、大砲の弾を月に送ることができるのではないかと考えた。」

この言葉に、千人の胸から「おおっ」という驚きの声が上がり、その後、雷鳴の前の深い静けさのような一瞬の沈黙が訪れた。そして、実際に雷が鳴ったのであるが、その雷は拍手と叫びと喧騒の雷で、会議場を震わせた。会長は発言したかったが、できなかった。彼が声を上げたのは、10分後のことだった。

「最後までやらせてください」と冷たくあしらわれた。私はこの問題をあらゆる角度から検討し、断固として取り組み、議論の余地のない計算から、毎秒1万2千ヤード[9]の初速を持つ砲弾を月に向けて発射すれば、必然的に月に到達することがわかりた。そこで、私の勇敢な同僚である皆さんに、この小さな実験を提案することを光栄に思う。」

脚注[編集]

  1. 自主政府
  2. 住民から選ばれた都市の管理者
  3. アメリカで使われている安楽椅子
  4. ギリシャ語で月を意味するσελήνηから
  5. Waren de la Rue氏が入手した美しい月の写真を参照
  6. ヤードの長さはメートルよりも少し低く、0.91センチメートル
  7. このパンフレットは、1819年のローマ包囲戦で戦死した共和党員のラヴィロンがフランスで出版したものである
  8. 月の住人たち
  9. 約11,000ヤード