図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

   図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定


 日本国政府及び大韓民国政府は、相互理解に基づく文化交流及び文化協力が、両国及び両国民間の友好関係の発展に資することを希望し て、次のとおり協定した。

第一条[編集]

 日本国政府は、両国及び両国民間の友好関係の発展に資するための特別の措置として、朝鮮半島に由来する附属書に掲げる図書を、両国政府間で合意する手続に従ってこの協定の効力発生後六箇月以内に大韓民国政府に対して引き渡す。

第二条[編集]

 両国政府は、前条に規定する措置により両国間の文化交流及び文化協力が一層発展するよう努める。

第三条[編集]

 各政府は、外交上の経路を通じて、この協定の効力発生のために必要とされる国内手続が完了したことを書面により相手国政府に通告する。この協定は、遅い方の通告が受領された日に効力を生ずる。


 以上の証拠として、下名は、各自の政府から正当に委任を受けてこの協定に署名した。


 二千十年十一月十四日に横浜で、ひとしく正文である日本語及び韓国語により本書二通を作成した。


 日本国政府のために

   前原誠司

 大韓民国政府のために

   金星煥

附属書[編集]

一 朝鮮王朝儀軌
書名 編著者 刊写年次 冊数
(哲宗大王)祔廟都監儀軌 儀軌庁 清 同治五写(朝鮮)
(哲宗大王)殯殿魂殿都監儀軌 儀軌庁 清 同治四写(朝鮮)
(哲宗大王)国葬都監儀軌 儀軌庁 清 同治四写(朝鮮)
睿陵山陵都監儀軌 儀軌庁 清 同治三写(朝鮮)
(哲仁王后)睿陵山陵都監儀軌 儀軌庁 清 光緒六写(朝鮮)
(哲仁王后)祔廟都監儀軌 儀軌庁 清 光緒七写(朝鮮)
(哲仁王后)国葬都監儀軌 儀軌庁 清 光緒六写(朝鮮)
(哲仁王后)殯殿魂殿都監儀軌 儀軌庁 清 光緒六写(朝鮮)
王世子嘉礼都監儀軌 儀軌庁 清 光緒一〇写(朝鮮)
一〇 王世子冊礼都監儀軌 儀軌庁 清 光緒元写(朝鮮)
一一 嘉礼都監儀軌 儀軌庁 清 同治五写(朝鮮)
一二 皇太子嘉礼都監儀軌 儀軌庁 韓 光武一一写
一三 (神貞王后)国葬都監儀軌 儀軌庁 清 光緒一八写(朝鮮)
一四 綏陵山陵都監儀軌(神貞王后) 儀軌庁 清 光緒一八写(朝鮮)
一五 綏陵陵上莎草改修都監儀軌 儀軌庁 韓 光武四写
一六 (神貞王后)殯殿魂殿都監儀軌 儀軌庁 清 光緒一八写(朝鮮)
一七 (神貞王后)祔廟都監儀軌 儀軌庁 清 光緒一八写(朝鮮)
一八 (明成皇后)国葬都監儀軌 儀軌庁 韓 光武二写
一九 (明成皇后)洪陵山陵都監儀軌 儀軌庁 韓 光武二写
二〇 洪陵石儀重修都監儀軌 儀軌庁 韓 光武七写
二一 (明成皇后)殯殿魂殿都監儀軌 儀軌庁 韓 光武二写
二二 影幀摹写都監補完儀軌 儀軌庁 韓 光武四写
二三 影幀摹写都監儀軌 儀軌庁 韓 光武五写
二四 影幀摹写都監儀軌 儀軌庁 韓 光武四写
二五 国朝宝鑑監印所儀軌 儀軌庁 韓 隆熙三写
二六 宝印所都監儀軌 儀軌庁 清 光緒四写(朝鮮)
二七 増建都監儀軌(景福宮璿源殿 昌徳宮璿源殿) 儀軌庁 韓 光武五写
二八 璿源譜略修正儀軌 儀軌庁 韓 光武八写
二九 璿源譜略修正儀軌 儀軌庁 韓 光武一一写
三〇 日記庁儀軌 日記庁儀軌庁 清 光緒一六写(朝鮮)
三一 元子阿只氏蔵胎儀軌 儀軌庁 清 同治一三写(朝鮮)

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。