善鸞義絶状

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


原文[編集]

オホセラレタル事 クハシク キヽテ

サフラウ ナニヨリハ アイミムハウトカヤト

マフスナル人ノ 京ヨリフミヲ エタルト

カヤトマフサレ サフラウナル 返々フシキニ

サフラウ イマタ カタチオモ ミス フミ

一度モ タマハリ サフラハス コレヨリモマフス

コトモ ナキニ 京ヨリ フミヲエタルト マフス

ナル アサマシキ コトナリ 又 慈信房ノホフ

モンノ ヤウ ミヤウモクヲ タニモキカス シラヌ

コトヲ 慈信一人ニヨル 親鸞カオシエタル

ナリト人ニ慈信房マフサレテ サフラウトテ

コレニモ常陸下野ノ人々ハミナシムラムカ

ソラコトヲ マフシタルヨシヲ マフシアハレテ

サフラエハ 今ハ父子ノキハ アルヘカラスサフラウ

又 母ノアマニモ フシキノ ソラコトヲイヒツケ

ラレタルコト マフスカキリナキコト アサマシウ

サフラウ ミフノ女房ノコレエ キタリテ マフスコト

シシムハウカ タウタル フミトテ モチテ キタレル

フミ コレニ オキテ サフラウメリ 慈信房カ

フミトテ コレニアリ ソノフミ ツヤ〜イロハヌ

コト ユエニ マヽハヽニ イ井マトワサレタルト カヽレタル

コト コトニ アサマシキコトナリ ヨニ アリケルヲ

マヽハヽノアマノ イ井マトワセリト イフコト アサ

マシキ ソラコトナリ 又 コノ世ニ イカニシテ

アリケリトモ シラヌコトヲ ミフノニヨハウノ

モトエモ フミノ アルコト コヽロモ オヨハヌ ホトノ

ソラコト コヽロウキ コトナリト ナケキサフラウ

マコトニ カヽル ソラコト トモヲイヒテ 六波羅ノ

ヘム カマクラナムトニ ヒロウセラレタルコト コヽロ

ウキ コトナリ コレラホトノ ソラコトハ コノヨノ

コトナレハ イカテモアルヘシ ソレタニモ ソラコトヲ

イウコト ウタテキナリ イカニ イハムヤ 往生

極楽ノ大事ヲイヒマトワシテ ヒタチシモツケノ

念仏者ヲマトワシ オヤニ ソラコトヲ イヒツケタル

コト コヽロウキ コトナリ 第十八ノ本願ヲハ

シホメルハナニ タトエテ 人コトニ ミナ ステ

マイラセタリト キコユルコト マコトニ ハウホフノ

トカ 又 五逆ノツミヲ コノミテ人ヲソムシ

マトワサルヽコト カナシキコトナリ コトニ破僧ノ

罪トマフス ツミハ 五逆ノ ソノ一ナリ親鸞ニ

ソラコトヲ マフシ ツケタルハ チヽヲ コロスナリ

五逆ノソノ一ナリ コノコトトモ ツタエ キク

コト アサマシサ マフスカキリナケレハ イマハ

オヤト イフコト アルヘカラス コト オモフコト

オモイ キリタリ 三宝神明ニマフシキリ

オワリヌ カナシキコトナリ ワカ ホウモンニニス

トテ ヒタチノ念仏者 ミナ マトワサムト

コノマルヽト キクコソ コヽロウク サフラエシム

ラムカ オシエニテ ヒタチノ念仏マフス人々

ヲ ソムセヨト 慈信房ニオシエタルト カマクラ

マテ キコエムコト アサマシ〜

                同六月廿七日到来

         五月廿九日         在判

   建長八年六月廿七日註之

      慈信房御返事

    嘉元三年七月廿七日書写了

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。