商法会議所連合会議

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


○商法会議所連合会議

去る2月8日、連合王国の商法会議所はウエストミンスターにおいて第27回連合年会を開けり。国会議員サー・バーンハード・サミュエルソンその会長となり、理事委員会の報告に次ぎて、大要左のごとく演説せり。
(本年2月9日ロンドン・タイムス及びスタンダード、3月4日ロンドン支那エクスプレス)


諸君、余は本会理事委員の報告を賛成す。諸君言う、これを可決せよ。近来、我国の商況は、すこぶるその勢を挽回せり。ことに本年1月中は著しく好景況に向えり。余は今、商業に関係ある本会のために、これを賀せんと欲するなり。諸般の商業中、鉄類は、北米合衆国との取引最も多し。概して同国に対する我国の輸出高は、すこぶる増進せり。インド、中央アメリカ、南アメリカとの貿易及び我内地の商業、その他造船業などに至るまで、多少進歩の続を見る。農業は、未だ吾人が望むごとき好景況に至らず。しかして我国の食品輸入高は年々1億1千万ポンドないし1億1400万ポンドなり。この巨多なる食品は、我国においてこれを生産し得ざるにあらず。もしこの輸入高の内、幾分を我国において製造するに至らば、我が内地商業は、じつに著大なる振興をいたすべきに、事これに出でざるはまた嘆すべきなり。しかれども我農産の価格は、ようやく回復せり。就中、小麦の価格は1、2割の増進あり、その他毛類、畜類などの価もみな騰貴せり。その鉄造業の報告及び銀行取引計算会所の報告に就いて、その営業高の増進せるを見ば、商業振興の蹟、一目してなるべし。

鉄道業監視委員会の報告は、すこぶるその当を失せり。該委員などは曰く、鉄道はその配当を四分に止むる間は、その賃金に干渉することを要せずと。しかれども商業のために、かかる干渉は実に必須なり。この干渉をなすとも、必ずしも配当を減ずべきにあらず。却ってあるいは鉄道資産の価格を維持するに足るべし。よくよく商業を進捗せしめんとせばまず、我産業社会の工芸及び商業に関する学識を進むることを要す。今や、幸いにこのことに注目する者少なからず、不日、成功の期に還うことを得べし。

欧州諸強国間の平和は、実に商業に必要なり。しかれども不幸にしてこの平和の破るることありとも、我商業は必ずしも障害を受くべきものにあらず。その1870年のフランス・ドイツ戦争のごとき、我商業に毫も妨害を与えざりしなり。役夫と傭王との紛争は大に商業に害あり。これを除かんと欲せば、英蘭の北部におけるごとく、和解事務所を置くを最も良とす。

皇帝即位の第50年祭を挙行する好機に臨み、この50年間の実績を挙示せんに、輸入は食品類数10倍、米は12倍、毛類は13倍の増加あり。特にオーストラリア産毛類の輸入は1840年には900万ポンドなりしが、1886年には4億ポンドに増せり。輸出は石炭22倍、金物類は7倍を増せり。1837年のころ、英国よりオーストラリアへの輸入は、100万ポンドに満たざりしが、1886年には2500万ポンド以上に及べり。またインドおよびスリランカへの輸出は1837年には360万ポンドなりしが、1885年には3150万ポンドに上れり。さらにまた商船業の実況を挙示せんに、1838年以前には大西洋の商業的航運いまだ十分に開けず、しかして英国諸港を出入りする外国貿易の船舶荷高は、1837年には僅かに570万トンなりしが、1886年には5370万トンに上り、連合王国に登録する汽船トン数も1837年には6万9800ポンドなりしが、1885年には289万ポンドに上れり。

インド及び各植民との通商は、前述のごとく盛大なるをもって、これらの英領諸国を一層親密にするの方法は、いやしくも商興業に関する者の沈思熟慮すべきところなり。しかればその英領地連合大博物館設立の議のごときは、仮にウェールズ宮殿下の奨勵なきも、吾人はよろしくこれを賛成すべきところなり。しかれども商業上の利益に就きて言うときは、この博物館は、これ工業中央の地なるウエストミンスターに置かざるべからず、しからざれば、工業進捗を計る志士をこの館に輻湊せしめんと欲するも得べからず。


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。