和泉式部日記

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


和泉式部日記

夢よりもはかなき世中を歎きつゝ。明し暮す程に。はかなくて四月長保五十日あまりにもなりぬれは。このしたくらかりもていく。はしのかたを眺むれは。ついひちのうへの草のあをやかなるも。ことに人はめとゝめぬを。あはれに眺むる程に。ちかきすいかいのもとに。人のけはひのすれは。誰にかと思ふほとに。さし出たるをみれは。故宮爲尊にさふらひしことねりわらはなりけり。あはれに物を思ふほとにきたれは。なとかいと久しう見えさりつる。とをさかる昔のなこりにはと思ふをなといはすれは。そのことさふらはては。なれしきやうにやとつゝましうさふらふうちに。日比山寺にまかりありき侍るになむ。いとたよりなくつれに候へしかは。御かはりに見まいらせむとて。帥の敦道になむ參りて侍しと語れは。いとよき事にこそあなれ。其宮はいとあてにけちかうおはしますなるは。昔のやうにはえしもあらしなといへは。しかおはしませと。いとけちかうおはしましてまいるやとゝはせ給ふ。參りはへりと申侍つれは。これまいらせよ。いかゝ見給ふとて橘をとりいてたれは。昔の人のといはれて見[にイ]まいりなむ。いかゝきこえさせんといへは。こと葉にきこえさせんもかたはらいたうて。なにかは。あたしくも聞えさせ給はさるを。はかなきこともと思ひて。

 かほる香によそふるよりは郭公きかはや同し聲やまさると

さしいてたり。またはしにおはしましけるほとに。かのわらは。かくれのかたにけしきはみありけは。かくれのかたにて御覽しつけて。いかにそとゝはせたまふに。御文をさし出たれは。御覽して。

 同しえになきつゝをりし郭公聲はかはらぬものとしらなん

とかゝせ給て。わらはに給はすとて。かゝる事人にいふな。すきかましきことのやうなりとて。いらせ給ひぬ。持てゆきたれは。おかしと見れと。つねにはとて御ふみはきこえす。たまはせそめて。またの日。

 うちいてゝもわりにし物を中々に苦しきまても歎くけふ哉

との給はせたり。もとの心ふかゝらぬ人の。ならはぬつれのわりなくおもほゆるに。はかなきことなれと。めとまることなれは。御かへしきこゆ。

 けふのまの心にかへて思ひやれ詠めつゝのみすくす月日を

かくしはのたまはするに。御返もとききこゆ。又つれもすこしなくさむ心ちしてあるほとに。又御ふみあり。ことはなとこまやかにて。

 語らはは慰む方もありやせんいふかひなくは思はさらなむ

あはれなる御ものかたりも聞えはや。しのひてくれにはいかゝとのたまはせたれは。

 慰むときけは語らまほしけれとみの憂事にいふかひそなさ

おひたる足にては。かひなくやと聞えつくれは。思ひかけぬに。忍ひていかんとおほして。晝よりさる御こゝちして。日比も御文とりつきてたてまつる。右近のさうなる人しつめて忍ひてめして。ものへいかんとのたまはすれは。さなめりとおもひてさふらふ。あやしき車にて。かくなんといはせ給へれは。女いとびなき心ちすれと。なしと聞ゆへきにもあらす。ひるも御返きこえさせつれは。ありなからは。さなからかへし奉らんもなさけなし。物はかりはきこえさせむとおもひて。にしのつまとにわらうた圓座さし出て入たてまつるに。世の人のいへはおほゆるにやあらむ。まことになへての御さまにはあらす。いとなまめかし。これも心つかひせられて。ものなと聞ゆるほとに。月さし出ぬ。いとあかし。ふるめかしうおくまりたるみなれは。かゝるところなとには居ならはぬを。いとはしたなきこゝちもするかな。そのおはする所にすへ給へ。よもさき見給ふらん人のやうにはあらしとのたまへは。あやし。こよひのみこそきこえさすなとおもひ侍れ。さきはいかてかはとはかなきこときこゆるほとに。夜もやうふけぬ。かくてあかしつへきにやとて。

 はかもなき夢をたにみて明しては何をか夏の夜語りにせむ

とのたまへは。かくなむ。

 よと共にぬるとは袖を思ふみものとかに夢を見る宵そなき

まいてときこゆ。かろしきありきなとへきにもあらす。なさけなきやうにおほすとも。まことにものおそろしきまてこそおほゆなとのたまひて。やをらすへりいり給ひぬ。いとわりなきこゝちすれと。いふかひなきに。事ともをいひちきりて。あけぬれはかへり給ぬ,いまのまはいかゝとあやしくこそとて。

 戀といへはよの常のとや思ふ覽今朝の心はたくひたになし

御返し。

 よの常の事ともさらにおもほえす初て物をおもふみなれは

ときこえても。なをあやしかりける身かな。こはいかなる事そとあはれに。古宮のさはかりのたまひしものをとかなしう思ひみたるゝほとに。れいのわらはきたり。御文あらむとおもふほとに。さもあらねは。心うしとおもふほとも。すきしや。かへりまいるに聞ゆ。

 またましもかはかり社は有まし[か]思もかけぬけふの夕暮

宮御らんして。けにいとおしうもあるかなとおほせと。かゝる御ありきさらにせさせ給はす。北の方と。れいの人の中のやうにこそおはしまさねと。よことにいてんはあやしとおほしぬへし。故宮の御はて六月十三日まてはいたうそしられしとつゝむも。いとねんころにおほさぬにそ。くらき程にそ御返しありける。

 ひたすらにまつ共いはゝ休らはて行へきものを妹か家路に

をろかにやおほしめすらんとおもふこそくるしけれとあれは。たゝなにかこゝにはとて。

 かゝれとも覺束なくも思はへて是も昔のえにこそあるらめ

とおもひ給ふれは。なくさめすはたへんやは。つゆをときこえたり。おはしまさんとおほしめせと。ひころに成ぬ。つこもりの日。女。

 郭公よに隱れたる忍ひねをいつかはきかんけふしすきなは

ときこえさせたれと。人々あまたさふらふほとなれは。御らんせさせてつとめて五月一日もてまいりたるを見たまひて。

 忍ひねはくるしきものを郭公こたかき聲をけふよりはきけ

とて。ニ三日ありてしのひてわたらせ給たり。女はものへまいらむとて。さうし精進なとしたるうちに。いとまとをなる御心さしのなきなめりかしと。なさけなからしとはかりにこそと見れは。ことに物なともきこえて。佛にことつけ奉りてあかしつ。つとめていとめつらかにあかしつるなとの給はせて。

 いさやまたかゝる思を知ぬ哉あひてもあはて明るものとは

あさましとあり。さそあさましきさまにおほしつらんといとおしくて。

 よと共に物思ふ人は夜とてもうちとけてめのあふ時もなし

めつらかにも覺え侍らすときこえつ。又の日けふやものに出給ふ。いつか歸り給へからん。いかにましておほつかなからんとあれは。

 おりすきはさても社やめ五月雨の今宵菖蒲のねをやかけまし

とこそ思給へ。かへりぬへけれと聞えて。まうてゝ。二三日はかりありてかへりたれは。宮よりいとおほつかなく成にけれは。まいりてとおもふを。いとこゝろうかりしにこそ。ものうくはつかしう覺えて。いとおろかにこそはおほされぬへけれ。日ころは。

 つらけれと忘れやはする程ふれはいと戀しきにけふはまけ南

淺からぬ心のほとをさりともとあれは。

 まくるともみえぬ物から玉葛とふ人すらもたえまかちにて

と聞えたり。宮れいの忍ひておはしましたり。をんなさしもやはとおもふうちに。日ころのをとなひにくるしうて。うちまとろみたるほとに。かとたゝくをきゝとかむる人もなし。きこしめす事もあれは。人なとのあるにやとおほしめして。やをらかへらせ給ぬ。つとめて。

 あけさりし槇の戶口に立なからつらき心のためしとそ見し

うきはこれにやと思にも。哀になんとあり。よへおはしましたりけるなめりかし。心もなくね入にける哉と思ひて。

 いかてかは槇の板戶もさし乍らつらき心のありなしをみん

をしはからせ給ふへかめるこそ。みせたらはとあり。こよひもおはしまさまほしけれと。かかる御ありきを。人々もせいし聞ゆるを。公季の大臣東宮三條なとのきこしめさんことも。かろかろしきやうなりなとおほしつゝむほとに。いとはるかなり。雨うちふりていとつれなるころ。女はいとゝ雲間なきなかめに。世中は いかに成ぬるならんとつきせすのみなかめて。すき事する人々はあまたあめれと。たゝいまもともかくも思はぬを。よの人は樣々いふへかめれと。身のあらはこそとのみ思ひてすくす。宮より。雨のつれはいかゝとて。

 おほかたにさみたるゝとや思ふらん君戀渡るけふの詠めを

とあれは。おりすくい給はぬをおかしと見る。あはれなるおりしもとおもひて。

 忍ふらん物ともしらてをのかたゝみをしる雨と思ひける哉

とかきて。かみのひとへをひき返して。

 ふれはよのいとゝ憂身のしらるゝを今日の詠めに水增ら南

待遠にやと書すさひたるを御覽して。立返り。

 何せんにみをさへ捨てんと思らん天か下には君のみやふる

たれもうきよをとあり。五月六日になりぬ。雨猶やます。ひとひの御返の。つねよりも物おもひたりしさまなりしをあはれとおほし出て。いたくふりあかしゝつとめて。こよひの雨のをとは。いとおとろしかりつるをなと。まめやかにの給はせたるを。

 よもすから何事をかはおもひつる窓うつ雨の音をきゝつゝ

かけ[にイ]居なからあやしきまてなむときこえさせたれは。なをいふかひなくはあらすかしとおほして。御かへし。

 我もさそ思やりつる雨の音をさせるつまなき宿はいかにと

ひるつかた。水まさりたりときゝて。人々見るに。宮も御覽して。いまのほといかゝ。水みになんいてはへりつる。

 大水のきしつきたるにくらふれと深き心はなをそまされる

さはしり給へりやとある。御返し。

 今はよもきしもせしかし大水の深きこゝろは川と見せつゝ

かひなしやと聞えさせたり。おはしまさむと思して。御火取なとめすほとに。侍從のめのとまうのほりて。出させおはしますはいつちそ。このこといみしう人々申すなるは。なにのやむことなき人にもあらす。めしつかはせおはしまさんとおほしめさ[むイ]かきりは。めしてこそ使はせおはしまさめ。輕々しき御[イナシ]ありきは猶いとみくるしき事。そか中にも。人々あまたいみしく通ふ所也。びなき事もいてまうてきなん。すへてよからぬことは。この右近のそうなにかしか初むるなり。故宮もこれこそはゐてありき奉りしか。よる夜中とありかせ給ふては。よき事やはある。かゝる御ありきの御供にありかん人々は。大殿道長に申さむ。世中はけふあすともしらすかはりぬへかめり。殿のおほしをきてし事ともある物を。よのありさま御覽しはつるまては。かゝる御ありきなくてこそおはしまさめなと聞え給へは。いつちかいかむ。つれなれは。はかなきすさひ事なむとするにこそあれ。ことしう人のいふへきにもあらすとはかりの給はせむには。あやしくすけなき物にこそあれ。さるはいと口おしからぬ物にこそあめれ。よひてやをきたらましと思せと。さてもまして聞にくき事そあらんなと思し亂るゝほとに。おほつかなく成ぬ。辛うしておはして。あさましう心より外に覺束なくなるを。をろかになおほしそ。御あやまとなん思ふ。かく參りくるをびなしと思ふ人々數多あるやうにきけは。いとおしくなん。おほかたもつゝましきうちにいとゝ程へぬると。まめやかに御物語し給ひて。いさ給へ。今宵はかり人もみぬ所あり。心のとかに物も聞えんとて。車をさしよせ給ひて。たゝのせにのせ給へは。われにもあらすのりても。人もこそきけと思ふいけは。いたう夜ふけにけれは。しる人もなし。やをら人もなきらうのあるにさしよせて。おりさせ給ひぬ。月もいと明けれは。おりねと忍ひての給へは。さまあ[あさまイ]しきやうなれはおりぬ。さりや[イニナシ]人もみぬ所そかし。今よりもかやうに聞えさせむ。人なともあるおりにやと思へは。つゝましうてなむなと。物語あはれにし給ひ。明ぬれはくるまよせ給てのせ給て。御をくりにもまいるへけれと。あかう成ぬへけれは。ほかに有けると人のみむもあひなしとて。とまらせ給ぬ。女かへる道すから。あやしのありきや。いかに人思ふらんとおもへと。明ほのゝ御すかたの。なへてにはあらさりつる御さまもおもひいてられて。

 よひことに返しはすれといかて猶曉おきは君になさせし

くるしかりけれとあれは。

 朝露におくる思ひにくらふれはたゝに歸らん宵はまされり

さらにかゝる事きかし。夜さりは方ふたかりなり。御迎へに參らむとあれは。あなくるし。常にはなと思へと。れいの車にておはしたり。さしよせて。はやはやとあれは。さも見くるしき事かなとおもふ。ゐさり出てのりぬれは。よへのところにて物かたりなとし給うへは。院の御方にわたらせ給ふとおほす。あけぬれは鳥のねつらきとの給はせて。やをらうちのせておはしましぬれは。道すから。かやうならんおりはかならすとの給はすれは。常にはいかてかときこゆ。おはしまして歸らせ給ぬ。しはしありて御ふみあり。けさはうかりつる鳥の音におとろかされてつらかりつれはころしつ。み給へとて鳥のはねにかきて。

 ころしても猶あかぬ哉ねぬ鳥の折ふししらぬ今朝の初聲

御返し。

 いかゝとは我こそ思へ朝ななきゝかせつる鳥を殺せは

とおもひたまふるを。とりのとかならぬにやとあり。二三日ほとありて月いみしうあかき夜。はしに出ゐて見るほとに。いかにそや。月は見たまふやとて。

 我ことくおもひはいつや山のはの月にかけつゝなけく心を

れいのおりよりはおかしきうちにも。宮にて月のあかゝりしに。ひとやみるらむとしのひたりし。おもひい[てイ]らるゝほとに。ふと。

 一夜見し月そと思へと詠れは心もゆかすめはそらにして

と聞えても。なを獨なかめゐたるほとに。はかなくてあけぬ。又の夜おはしましたりける。こなたにはきかす。かたに人のすむ所なりけれは。そなたに人の來りたる車を御覽して。人の侍にこそ。車侍りと聞ゆれは。よし歸りなんとておはしましぬ。人のいふはまことにこそとおほすもむつかしけれと。さすかにたえはてん物とはおほさゝけれは文遣[すイ]。よへ參りたりとはかりは聞給けんや。それもえしり給はさりしにやとおもふこそいみしけれ。

 松山に波高しとは見てしかと今日の詠めはたゝならぬかな

とあり。雨うちふる程也。あやしかりける事かな。人のそらことを聞えたりけるにやと思ひて。

 君をこそ末の松とは思ひつれひとしなみには誰かこゆへき

ときこえつ。宮は一夜のことをなま心うくおほして。久しうの給はせて。かく。

 つらしとも又戀しとも樣々に思ふ事こそたえせさりけり

御返はきこゆへき事なきにしもあらねと。わさとおほされんもはつかしくて。かくそ。

 あふ事はとまれかくまれ歎かしを恨絕えせぬ中となりせは

と聞えさする。さてのちもまとをになん。月のあかき夜。うちふして。うら山しくもなとなかめらるれは。宮にかうそきこえける。

 月をみてあれたる宿に詠むとは見にこぬ迄も誰につけよと

ひすまし童して。右近のそうにさしとらせて。きねとてやる。宮はお前に人々して物語しておはしますほとなりけり。人まかてなとしていらせ給に。右近のそうさし出たれは。例の車にさうそくせさせよとて。おはします。女はしになかめて居たるほとに。人のいりくれは。すたれうちおろしてゐたれは。まことにめなれたる御樣にはあらて。御なをしなとのいたうなれたるしもそおかしうみゆ。物もの給はて。たゝ御扇に文をさしいれさせ給て。御つかひのとくまかりにけれはとて。さしいれさせ給て。物聞えんにほと遠くてびなけれは。女あふきをさしいたしてとりつ。宮ものほりなんとおほしたり。せんさいのおかしきなかをありかせ給て。人は草葉の露なれやなとの給はす。いとなまめかし。ちかうよらせ給て。によひはまかり出なんとよ。誰に忍ひつるも見あらはしになん。あすは物忌といふなりつるに。なくはあやしとおもひなんとて。かへらせ給へは。

 こゝろみに雨もふらなん宿過て浦行月の影やとまると

人のいふほとよりもこめきてあはれにおほさる。あかきみやとて。しはしのほらせたまひて。出給ふとて。

 あちきなく雲井の月にさそはれて影こそいつれ心やはゆく

とておはしましぬる後すたれをあけて。有つる御文見れは。

 我ゆへに月を詠むとつけつれはまことかと見に出てきにけり

とそあるを。うれしくおはしますかな。いかにいとあやしき物に。きこしめしたるへかめるに。きこしめしなをされにしかなと思ふ。宮もいふかひなからす。つれの慰にはとおほさるゝ程に。ある人々の聞ゆるやう。この比は源少將なといますなり。晝ものし給なりといへは。或人ありて。兵部卿もおはすなるはなと口々に聞ゆるに。いとあはしうおほされて久しう御文もなし。ことねりわらはきたり。ひすましわらは例に語へは。物なといひて。御文やあるといへは。さもあらす。一日おはしましたりしかと。みかとに車のありしを御覽して。御せうそこもなきにこそあめれ。人おはしましかよふやうにそきこしめしたりけれなといひていぬ。かくなんいふときゝて。いとおしく。なにやかやとわさと聞えさせ。わさとたのみきこえさする事こそなけれと。時々もかうおほしいてんほとはきこえさせかよはしてあらんとこそおもひつれ。事しもこそあれ。けしからぬことにつけても。かうおほされぬるとおもふも。いと心うくて。なそもかくとなけくほとに。御文あり。日比はあやしう亂り心地のなやましさになん。いつそやも參りて侍り しかと。折ふしあしうてのみかへれは。いと人けなきこゝちしてなむとて。

 よしやよし今はうらみし磯に出てこき離れ行海人の小舟を

とあれと。あさましき事をきこしめしたなれは。はつかしけれは。きこえさせんもつれなけれと。此たひはかりはとて。

 袖の浦にたゝわかやくとしほたれて船流したる蜑と社なれ

と聞えさせつ。さいふほとに七月にもなりぬ。七日に。すき事ともする人々のもとより。たなはたひこほしなといふことゝもあまたみゆれとめもたゝす。かゝるおりなと。宮のすくさすの給はせし物を。むけにわすれさせ給にけるかなとおもふほとにそ御文ある。みれはたゝ。

 思ひきや七夕つめにみをなして天の河原をなかむへしとは

とあれは。さはいへと。なをえすくし給はさめりとおもふもおかしうて。

 詠むらん空をたにみす棚機にいまるはかりの我みと思へは

とあるを御覽しても。猶えおほしすつましとおほすへし。つこもりかたになりて。いとおほつかなく成にけるを。なとか時々は人數に思しめされぬなめりかしとの給はせたれは。女。

 ね覺ねはきかぬ成らん荻風はふかさらめやは秋のよな

と聞えたれは。たちかへり。あかきみやねさめねはな[と脱歟]物思ふときはこそ。をろかにもとて。

 荻風はふかはいもねて今よりそ驚すかときくへかリける

かくて二三日有て。夕まくれに。思もかけぬに。にはかに御車をひきいれておりさせ給。ひるはまた見えまいらせねは。いとはつかしうおもへと。せむかたなうなることなとの給はせて歸らせ給ぬ。そののち日比に成ぬるに。いとおほつかなきまてをともし給はねは。をんな。

 徙然と秋の日比のふるまゝに思ひしらせぬあやしかりしも

むへ人はと聞えたりけれは。このほとにおほつかなく成にけれと。されと。

 人はいさわれはわすれす日をふれと秋の夕暮ありしあふこと

との給はせたり。あはれにはかなく。賴む人もあらす。かやうのはかなしことにて。世中を慰めてあるも。うちおもへはあさましう。かゝる程に八月にも成ぬれは。つれ慰めんとて。いし山に詣てゝ。七日計あらんと思ひてまうてぬ。宮久しうも成ぬるかなとおほして。御文つかはすに。童一日まかりてさふらひしかと。石山になむ。此比はおはしますなると申さすれは。さはけふは暮ぬ。つとめてまかれとて。御文かゝせ給たまはりて石山にきたり。佛の御前にはあらて。故鄕のみ戀しくて。かゝるありきもひきかへたるみの有樣と思ふにいともの悲しうてまめやかに佛を念し奉りてある程に。かうら高欄のしもの方に人のけはひのすれは。あやしうて見おろしたれは。この童なりけり。あはれに思ひかけぬ所にきたれは。なそととはすれは。御文をさし出たるも。例よりもふとひきあけられて見れはいと心深く入給ふにけるをなん。なとかかくともの給はさらん。絆まてこそ思されさらめ。をくらし給に心うきとて。

 關越てけふそとふとや人はしる思ひたえせぬこゝろ遣ひを

いつか出給はんとするとあり。ちかうてたにおほつかなくものし給ふに。かくわさとたつね給つらんよとおかしうおほへて。

 あふみちはわすれぬめりとみし程に關打越てとふ人はたれ

いつかはとの給はせたるは。おほろけに思たまへていりしかはとて。

 山なからうみはこくとも都へはなにか打出の濱をみるへき

と聞えたる。御覽して。くるしうともまたいけとて給はせたり。とふ人とかあれは。あさましの御ものいひやとて。

 尋ゆく逢坂山のかひもなくおほめくはかりわするへしやは

まことや。

 うきによりひたやこもりと思ふとも近江の海は打出て見よ

うきたひことにとこそいふなれとの給はせたれは。たゝかく。

 關山のせきともあられぬなみたこそ近江の海と流いつらめ

とて。はしに。

 心みにをのが心もこゝろみむいさ都へときてさそひ見ん

とあり。思ひもかけぬに。いくものにもかなとおほせといかゝは。かゝるほとに出にけり。さそひ見よとありしかと。いそき出給にけれはなんとて。

 あさましやのりの山ちに入そめて都へいさと誰さそひけん

御返にはたゝ。

 山をいてゝくらき道にそたとりにし今一度のあふことにより

つこもりかたに。風いたう吹て野分たちて。雨なとふるに。つねよりも物こゝろほそうなかむるに。れいの御文あり。折しりかほにの給はせたるに。日ころのつみもゆるし聞えつへし。

 なけきつゝ秋のみ空を詠れは雲うちさはき風そはけしき

かへり事。

 秋風はけしきふくたに戀しきにかき曇る日はいふ方そなき

けにさそあらんかしと思せと。れいのほとへぬ。九月十よ日はかりの有明の月に御目さまして。いみしくひさしうも成にけるかな。あはれこの月はみるらんかしと思せは。例のわらは計を御ともにておはしまして。かとをたゝかせ給ふに目をさましてよろつをおもひつゝけふしたるほと也けり。すへて此比は折からにや。物心ほそう哀れに常よりもおほえてそなかめける。あやし。たれならむとおもひて。まへなる人を引おこしてことゝはせんとすれともとみにもおきす。からうしておきても。爰かしこ物にあたりさはく程に。たゝきやみぬ。歸りぬるにやあらん。いきたなしと思しぬらんこそ。物思はぬさまなれは。同し心にまたねさりけるかな。誰ならんと思ふ。からうしていてゝ。人はなかりけれは。そらみゝきゝおはさうして。夜のほとたになにとかまとはさるゝ。さはかしのとのゝおもとたちやと腹たちてまたねぬ。女はやかておきて。いみしうきりたる空を詠つゝ。あかく成ぬれは。此曉おきのほとの心におほゆる事ともを。はかなきものにかきつくるほとにそ。れいの御文ある。たゝ。

 秋の夜の有明の月の入まてにやすらひかねて歸りにし哉

いてやけに。いかに口おしきものに思されつらんと思ふよりも。なをおりふしすくし給はすかしと。誠に哀なる空のけしきを見たまひけると思ふに。いとおかしうて。この手習のやうにかきたるものをそ。御返のやうに曳結ひてたてまつる。風の音木のはの殘りあるましけに吹亂る。常よりも物あはれに覺ゆる。ことしうかきくもる物から。たゝけしきはかり雨うちふるは。せむかたなく哀におほへて。

 秋のうちに朽はてぬへくことはりの雨に誰か袖をからまし

となけかしう思へと。しる人もなし。草木のいろさへ見しまゝにもあらす成もてゆく。しくれん程の久しさも。またきに覺ゆる仁。風に心苦しけにうちなひきたるには。たゝ今もきえぬへきつゆの我みそあやしう。草葉につけてかなしきまゝに。奧にもいらて。やかてはしにふしたれは。つゆ年ふるへくもあらす。人のみなうちとけてねたるに。その事と思ひわくへくもあらねは。つくつくと目をのみさまして。なに心なう恨めしうのみ思ひふしたるほとに。鴈のはつかにうち啼たる。人はかうしも思はすやあらん。いみしうたへかたき心ちして。

 まとろまてあはれ幾夜に成ぬらん只鴈金を聞わさにして

かくてのみあかさむよりはとて。つま戶をしあけたれは。おほそらににしにかたふきたる月の影。とをくすみ渡りてみゆるに。きりわたりたる空のけしき。かねのをと鳥の聲。ひとつにひゝきあひて。さらに過にしかたいまゆくすゑのことも。かゝるおりはあらしと袖のいろさへあはれにめつらかなり。

 我ならぬ人もさそみん長月の晨明の月にしかしあはれは

たゝ今このことをうちたゝかする人のあらんに。いかにおほえん。いてやたれかかくてあかす人はあらむ。

 よそにても同し心に在明の月をみるやと誰にとはまし

宮わたりにやきこえさせましとおもふに。おはしましたりけるよと思ふまゝにたてまつりたれは。うち見給ひて。かひなくはおほされねと。詠めゐたらんに。ふとやらむと思してつかはすに。女やかて眺め出してゐたるに。もてきたれはあへなき心ちして。ひきあけてみれは。

 秋のうちはくちける物を人もさは我袖とのみ思ひける哉

 消ぬへき露の命とおもはすは久しききくにかゝりやはせむ

 まとろまて雲井の鴈の音を聞は心つからの業にそありける

 我ならぬ人も有明の空をのみおなし心になかめけるかな

 よそにても君計こそ月はみめと思てゆきしけさそくるしき

いとあけかたかりつるかとをこそとあるも。物きこえさせたるかひもあるこゝちすかし。かくてつこもりかたにそ御文ある。日比のおほつかなさなといひて。あやしき事なれと。忍ひて物いひつる人なむとをくいくなるを。哀れといひつへからん事ひとついはむとなん思ふ。それよりの給事のみなん。さはおほ[ゆ]るを。ひとつとの給へり。あなしたりかほと思へと。さはえきこえしと申さむも。いとさかしけれは。のたまはせむ事はいかてかと計にて。

 おしまるゝ淚にかけはとまらなん心もしらす秋はゆくとも

まめやかには。かたはらいたきことになむ侍るとてはしに。さても。

 君ををきていつち行らん我たにも浮世中にしゐてこそふれ

とあれは。いまおもふやうなりと聞えさせむも。見しかほなり。あまりそをしはかり給へるよのと侍めるは。

 打すてゝ旅行人はさもあらはあれ又なきものに君し思はは

ありぬへくなんとの給はせたり。かくいふほとに。十月にも成ぬ。十よ日のほとにおはしましたり。おくはくらうておそろしけれは。はしちかううちふさせたまひて。あはれなる事のかきりをの給はするに。かひなくはあらす。見れは月のくもりてしくるゝほとなり。わさとあはれなるさまをつくり出たるやうなり。思みたるゝ程の心ちは。いとそゝろさむきや。宮御覽して。人のびなきにのみいふめる。あやしきわさかな。こゝにかくてあるよとあはれにおほされて。女のねたるやうにて。おもひみたれふしたるを。やゝおとろかし給ひて。

 時雨にも露にもあらてぬたる夜はあやしくぬるゝ手枕の袖

との給はすれと。よろつに物のみわりなく覺ゆるに。御いらへ聞ゆへき心ちもせねは。物も聞えさせて。たゝ月の影に淚のおつるを哀と御覽して。なといらへはし給はぬ。はかなき事申侍るも。心つきなしと思しけるにこそとあれは。いかに侍るにか。心地のかき亂るやうにし侍る。耳にはとまらぬにも侍らすとて。よし心みさせ給へ。手枕の袖と云事忘るゝ折や侍けると。たはふれことにいひなして。哀なりつるよのけしきもかくのみいふ程に。ことにたのもしき人なともなきなめりかしと心くるしうおほえて。今のまいかゝとの給はせたる返事。

 今朝のまは今はひぬらんゆめ計ぬると見えつる手枕の袖

と聞えたり。わすれしといひつるに。事をもいひたれは。おかしうおほして。

 夢計なみたにぬると見つらめとほしそかねつる手枕のそて

よへの空のけしきのあはれにみえしは。所からにや。それより後心苦しうおほされて。しはしはおはしまして。有さまなと御覽しもていくに。よになれたる人にもあらす。只いと物はかなけにみゆるも。いと心苦しうおほされて。あはれに語らはせ給ふに。いとかくつれになかめさせ給ふらんを思をこたる事なけれと。只おはせかし。世中の人もいとひなけにいふ也。時々參りくれはにや。見ぬる事もなけれと。それも人のいときゝにくゝいふに。又たひたひ歸る程の心ちのわりなかりしも。人けなう覺えなとせしかは。いかにせましなと思ひなるおりもあれと。ふるめかしき心なれはにや。聞えたらん事のいと哀に覺えてなむ。さりとてかくのみえ參りくましきを。誠にきく事有て。せいする事なとあらは。そらゆく月にもあらん。もしの給やうなるつれならは。かしこにもおはしなんや。人はあれとひなかるへきにもあらす。もとよりかゝる筋につきたよりなき身なれはにや。人けなき所につゐゐなともせす。行ひなとする事たに。只獨りあれは。同し心に物語りなとも聞えてあらは。慰む事もや有と思ふ也との給へ思ふにも。けに今更にさやうにひなき有さまは。いかゝはせむと思ひて。一の宮の事も聞えきかてあるを。さりとて山のあなたにしるへする人もなき程に。かくてすくすは明ぬよの心ちのみすれは。はかなきたはふれもいふ人あまた有しかは。あやしきさまにのみそいふかめる。さりとてことさまのたのもしきかたもなし。なにかはさても心見ん。よし北方濟時卿女はおはすれと。たゝこと御かたにて。御めのとこそは萬の事すなれ。またけさうに色めかはこそあらめ。さるへきかくれなとにあらんには。なてう事かはあらんなと思て。此ぬれきぬは。さりともきやみなんをと思て。なに事も只我より外のとのみそ思給へつゝ。すくし侍る程のまきらはしには。かやうなるおり。たまさかにも。まちつけ聞えさするより外のこともなけれは。たゝいかにも侍れ。の給はせんまゝにと思給へれは。よそにても見苦しきものに聞えさすらむ。ましてまことなりと見侍らむそ。かたはらいたう侍らんと聞ゆれとそれは。こゝにこそ。とてもかくてもいはれめ。見くるしうはたれか みん。いとようかくれたる所つくりいてゝ。いまきこえんなとたのもしうの給はせて。夜ふかう出給ぬ。かうしもあけなからあり。よのつねはたゝひとりふしにていかゝせまし。さても人わらはれなる事やあらんと。さきにおもひみたれて。ふしたる程に。御ふみあり。

 露むすふ道のまに朝ほらけぬれてそきつる手枕のそて

このそての事をはかなき事なれと。おほしわすれてのたまはせたる。おかしうおほゆ。

 道芝の露とおきぬる人よりも我手枕のそてはかはかす

其夜の月も。いみしうあかうすみて見ゆるを。爰よりもかしこにてもなかめ明して。またつとめて御ふみたまはせむとて。れいのわらは參りたりやととはせ給ふほとに。女もしものいと白きにおとろかされてにや。

 手枕の袖にも霜は置けるをけさうちみれは白妙にして

と聞えさせたり。ねたうせんせられぬるかなとおほして。

 つまこふとおきあかしつる霜なれは

とそうちの給はせたる。たゝ今そ人まいりたれは。うたてあへきものかな。とくと思ひつるにとて。御けしきあしうて給はせたれは。もていきて。またこれよりきこえさせ給はさりける時よりめし侍けるを。今まて參らすとてさいなむなりとて。御文をとり出たり。よへの月はいみしうあかゝりしものかなとて。

 ねぬるよの月はみるやとけさはしも起ゐてまてと問人もなし

けにかれよりの給はせけるとみゆるも。同し心におかしうて。

 まとろまて一夜詠し月みれとおきなからしも明し顏なる

ときこえさせ。このわらはのいかにさいなむらむとおくれは。おかしうて。はしに。

 霜の上に朝日さすめり今は早打とけにけるけしき見せなん

いたうわひはへめりとあり。見給ひて。けさしたりかほにおほしたりつるもいとにくし。此わらはころしてはやとまてなんとて。

 朝日さし今はきゆへき霜なれと打とけかたき空のけしきそ

とあれは。ころさせ給へるなるこそとて。

 君はこす偶々みゆる童をはいけとも今はいはしとおもふか

と聞えさせ給へれは。うちわらはせ給ひて。

 ことはりや今はころさしこの童忍ひのつまのいふことにより

まことか。手まくらの袖はわすれ給にけるとあれは。

 人しれぬ心にかけてしのふをはわするとや思ふ手枕のそて

と聞えたれは。

 物もいはてやみなましかは懸てたに思ひ出ましや手枕の袖

猶かくはおほしつとそある。かくて二三日をともせさせたまはす。たのもしけにの給はせしことゝもゝ。いかになりぬるにかと思ひつゝくるに。いもねられす。めをさましてふしたるに。やうあけぬらんかしとおもふに。門をうちたゝく。あなおほえなと思へと。とはすれは。宮の御文なりけり。おもひかけぬ程なるを。こゝろやゆきてとあはれにおほえて。妻戶をおしあけて見れは。

 見るや君さようちふけて山端にくまなくすめる秋夜の月

かけはしうちなかめられて。常よりもあはれにおほゆ。かとをあけねはおほつかなう。つかひまちとをに覺ゆらんとて。

 更ぬらんと思ふ物からねられねと中々なれは月はしも見す

とあるを。をしたかへたるくちつきをかくにしもあらすかしとおほす。いかてか近うて。かかるはかなしこともいはせてきかむと思したつ。二日はかりありて。女車のやうにて。やをらおはしましぬ。晝なとはまた御覽せられねは。耻かしけれと。樣あしうはひかくるへきにもあらす。又の給はするやうもあらす。はち聞えさせてやあらんするとて。ゐさり出たり。日比のおほつかなさなとかたらはせ給て。しはしうちふさせ給て。このきこえさせしやうにはやおほしたて。かゝるありきのつねにうゐしくおほゆるを。さりとてまいりこぬはいとおほつかなけれは。はかなき世中にくるしうとの給はすれは。ともかくもの給はせむにと思ひ給ふるに。見てもなけくといふことにこそ思給へ。わつらひぬれと聞ゆれは。よし心み給へ。しほやき衣にそあらんとの給ひて。出させ給ふ。まへちかきすいかいのもとに。おかしけなるまゆみのあるか。すこしもみちたるを御覽して。かうら高欄にをしかゝらせ給ひて。

 ことのはふかくなりにけるかな

との給はすれは。

 しら露のはかなくをくと見し程に

と聞えさするほと。なをなさけなからすとおかしうおほさる。宮の御さまなといとめてたし。御なをしにて。えならすめてたき御ぞ。いたしうちきもし給へる。いとあらまほしけにみゆる。目さへあたしきにやとまて覺ゆ。又の日きのふの御氣しきのいとあさましとおほいたりしこそ。いと心うき物のあはれなりしかとのたまはせたれは。

 葛城の神もさこそは思ひけめくめちにわたすはしたなき迄

わりなくこそはおもひたまへしかときこえさせたれは。たちかへり。

 行のしるしもあらは葛城のはしたなしとてさてややみなん

なといひて。ありしよりはときおはしましなとすれは。こよなくつれもなくさむこゝちす。かくてある程に。よからぬ人々の文なとをこする。又身つからもたちさまよふにつけても。よしなきことのいてくるに。とく參りやしなましと思へと。猶つゝましくて。すかしうも思ひたゝす。霜のいと白きつとめて。

 我うへは千鳥もつけしおほ鳥の羽にも霜はさやはをきける

ときこえさせたれは。

 月も見てねにきといひし人の上にをきしもせしを大鳥のこと

とのたまはせて。やかてくれにおはしましたり。この比の山の紅葉いかにおかしからん。いさゝせ給へ。見むとのたまはすれは。いとよく侍なりときこえて。その日になりて。けふは物忌にとちこめられてあれはなむ。いとくちおしう。これすくしてはかならすとの給はせたるに。その夜しくれ常よりも木々のこのは殘ありけもなくきこゆるに。めをさまして。風のまへなるとひとりこちて。みなちりぬらんかし。昨日みてとくちおしうおもひあかしたるつとめて。かれより。

 神無月よにふりにたる時雨とやけふの詠めをあかす見る覽

扨はくちおしうこそとのたまはせたれは。

 しくれかもなにゝぬれたる袂そと定めかねてそ我も詠むる

とて。まことや。

 紅葉はゝ夜はの時雨にあらしかし昨日山へをみたらましかは

と有けるを御覽して。

 そよやそよなとて山へをみさり劔けさは悔れと何のかひなし

とて。はしに。

 あらしとは思ふ物から紅葉はのちりや殘れるいさ尋ね見ん

とのたまはせたれは。

 移はぬ常盤の山も紅葉せはいさかしゆきてのととみむ

をこならんかたにそ侍らむとて。ひとひおはしましたりしに。さはることありて。聞えさせぬそと申しをおほしいてゝ。

 高瀨舟はや漕出よさはることさし歸りにしあしまわけたり

と聞えさせたるを。おほしわすれたるにや。

 山へには車にのりて行へきをたかせの舟はいかゝよるへき

とあれは。

 紅葉はのみにくる迄もちらさらは高瀨の舟のいかゝ焦れん

とて。その日も暮ぬ。おはしましたるに。こなたのふたかりたれは。れいのいとしのひてゐておはします。此ころは四十五日の御方たかへさせ給とて。御いとこの三位中將兼隆の家におはします。れいならぬ所にさへあれは。みくるしと聞ゆれと。しゐておはしまして。御車なから人もみぬくるまやとりに曳たてゝ入せ給ぬれは。おそろしう思ふに。人しつめてそおはしまして。御くるまにたてまつりて。よろつの事をのたまはせける。心えぬとのゐ人のおのこともそめくりありく。れいの右近のせうこのわらはなとそちかくさふらふ。あはれに物のおほさるゝまゝに。をろかなるさまは。過にし方さへくやしうおほしめさるゝもあなかちなり。あけぬれは。やかてゐておはしまして。人のおきぬさきにと急きかへらせ給。つとめて。

 ねぬるよのね覺の夢にならひてそ伏見の里をけさは起つる

御返し。

 其夜より我身の上は知れねはすゝろにあらぬ旅寢をそする

なと聞ゆる。なにかはかくねんころにかたしけなき御心さしを見しらす。心こはきさまにもてなすへき事はさしもあらてなと思へは參りなんと思たつ。まめやかなる事とて。いふ人あれと耳にもたゝす。心うき身なれは。すくせにまかせてあらんと思にも。その宮仕よ。今更にほいにもあらす。いはほの中こそすまゝほしけれ。又うき事もあらはいかゝせむ。いと心なきさまにこそ思ひいはめ。なをかくてやすきなまし。ちかくてたに親はらからの御ありさまもみ聞えん。又ほたしのやう成人々の上もみ定めむと思ひたちにたれは。あいなし。參らん程まてたに。ひなひにいらへ聞しめされし。ちかくてはさりとも御覽してんと思ひて。すき事せし人々の文もなしとのみいはせて。更に返事もせすのみあるほとに。御文あり。見れは。さりともと賴みけるかをこなり。なと多くの事の給はせて。よしたゝいはみかたとはかりあるに。むねうちつふれてあさましう覺ゆ。めつらかなるそら事とも。なといと多く出てくれと。さはれなからん事はいかゝせむなと覺えて。過しきぬるを。これはまめやかにの給はせたれは。思ひたちける事ほの聞ける人もあへかめるに。をこなるめをも見るへかめるかなと思ふに。かなしくて。御返聞ゆへきこととも覺えす。又いか成事をきこしめしたるにかと思ふに。はつかしうて御返事も聞えねは。有つる事をはつかしと思ふなめりとおほして。なとか御返も侍らぬ。されはよとこそおもほゆれ。いとゝしくもかはる御心かな。人のいふ事ありしかは。よもと思ひなから。思はましかはとはかり聞えしそとあるに。むねすこしあきて。御氣色もゆかしくて。何事にかときかまほしくて。まことにかくもおほされはとて。

 今の間に君きまさなん戀し迚なもあるものを我ゆかんやは

と聞えたれは。

 君いまは名のたつことをおもひける人からかゝる心とそみる

これにさへはらさへたちぬれとそある。かくわふるけしきを御覽して。たはふれせさせ給ふとはみれと。なをくるしうて。なをいとあやしうこそ侍れ。いかにもありて。御覽せさせまほしうこそと聞えさせたれは。

 うたかはゝ又うちみしと思えとも心に心かなはさりけり

御返し。.

 うらむらん心はたゆるかきりなくたのむ君をそ我も疑ふ

なと聞えてあるほとに。暮ぬれはおはしましたり。なを人のいふ事あれは。よもとは思ひなから。聞えしに。かゝる事いはれしとおもひ給はゝ。いさときこゆるに。いさ給へかしなとのたまはせて。明ぬれは出させ給ぬ。かくのみたえすの給はすれと。おはします事はかたし。雨風なといたうふりふく日しも。をとつれさせ給はねは。人すくなゝる所の風の音おほしやらぬなめりかしと思ひて。くれつかたきこゆ。

 霜かれはわひしかりけり秋風のふくには荻の音つれもしき

と聞えたれは。かれよりのたまはせたりける御文をみれは。いとおそろしけなる風をいかゝとなんあはれに。

 かれはてゝ我よりほかにとふ人も嵐の風をいかゝきくらん

とおもひやりきこへるこそいみしけれとそある。のたまはせけるを見るもおかしうて。所たかへたる御物いみにて。しのひたる所におはしますとて。れいの御車あれは。いまはたゝともかくものたまはんにしたかひてとおもへは參りぬ。心のとかに御ものかたりおきふしきこえて。つれもまきるれはそ。ましてまいりなまほしきに。御物忌すきぬれは。れいの所に歸りて。けふはつねよりもなこり戀しうおもひ出られ。わりなう覺ゆれは。きこゆ。

 つれとけふかそふれは年月に昨日そ物は思はさりける

御覽して。あはれとおほして。こゝにも。

 思ふ事なくて過しゝおとゝひを昨日とけふになすよしも哉

とおもへと。かひなくなん。なをおほしたてとあれと。いとつゝましくて。するともおもひたゝぬほとは。たゝうちなかめてのみあかしくらす。いろ見えし木のはものこりなく。空もあかうはれたるに。やういりはつる日の影こゝろほそうみゆれは。れいのきこえ侍り。

 なくさむる君もありとはおもへとも猶夕くれは物そ悲しき

とあれは。

 夕暮は誰もさのみそおもほゆるまちわふ君そ人にまされる

とおもふこそあはれなれ。たゝ今まいりこはやとあり。又の日のまたつとめて。霜のいとしろきに。さていまのまはいかゝとあれは。

 おきなから明せる霜の朝こそまされる物はよになかりけれ

なときこえかはす。例のあはれなることなとかゝせ給ひて。

 われひとりおもふは思かひもなしおなし心に君もあらなん

御返。

 君は君我は我ともへたてれはこゝろこゝろにあらん物かは

かくて女。かせにや。おとろしうはあらねと。なやましうすれは。いかにととはせ給ふ。よろしう成であるほとに。いかにそとゝはせ給たれは。すこしよろしうなりにて侍は。しはしいきて侍らはやと思給へつるにそ。つみふかう。さるは。

 たえし比たえねと思ひし玉の緖を君により又おしまるゝ哉

とあれは。いとうれしき事かなとて。

 玉の緖はたえんものかは契りてしなかき心に結ひこめてき

かくいふほとに。としも殘りなけれは。春たつかたとおもふ十一月ついたち比。雪のうちふるつとめて。

 神代よリふりはてにける雪なれとけふはことにも珍しき哉

御返し。

 初雪といつれの冬もみしまゝに珍しけなきみのみふりつゝ

なとゝ。かゝるよしなしことにあかしくらす。御文あり。おほつかなく成にけれは。まいりてとおもひつるを。人々ふみつくるめれはとなんの給はせたれは。

 暇なみきまさすは我ゆかんふみつくるらん道をしらはや

おかしうおほして。

 我宿に尋ねてきませふみつくる道も敎へんあひもみるへく

又常よりも霜のいとしろきに。いかゝ見るとの給はせたれは。

 さゆるよの數かく鴫は我なれやいく朝霜を置てみつらん

その比雨なとのはけしけれは。

 雪もふり雨も降ぬるこの比を朝しもとのみおきゐてはみる

その夜おはしまいて。れいの物はかなき御物かたりせさせ給て。もしかしこにゐてたてまつりて後。まろかほかにもゆき。法師にもなりなとして見えたてまつらすは。本意なきやうにやおほされすると心ほそうの給はするに又いかにおほし成ぬるにかあらん。またさやうなる事のいてきぬへきにやあらむと思ふに。いと哀にてうちなかれぬ。みそれたちたる雨のの[と歟]かにふるほとになり。いさゝかまとろまて哀なる事ともを。此よのみならすの給はせける。思ひかけぬすちのましらひなりとあはれになに事もきこしめしうとまぬ御心さまなれは。心のほとも御覽せられんとておもひたつ。たゝかくてはほいのさまにも成ぬはかりそかしとおもふ。いとかなしうて。物もきこえてつくつくとなけくけしきを御覽して。

 なをさりのあらましことに夜もすから

との給はせたれは。

 おつるなみたは雨とこそふれ

御氣しきのれいよりもうかひたる事ともをの給はせて。明ぬれはおはしましぬ。なにのたのもしけなき事なれと。つれもなくさめにおもひたちつることを。さらはいかにせましなとおもひみたれて聞ゆ。

 現にて思へはいはんかたもなし今宵のことを夢になさはや

と思たまふれと。いかてかはとて。はしに。

 しかはかり契りし物を定なきさはよの常におもひなせとや

くちおしくもやとあれは。御覽して。これよりこそまつとおもひつれと。

 現とは思はさらなんねぬるよの夢に見えつるうき事ともを

思ひなさなん。あな心みしかや。

 ほとしらぬ命計そさためなき契しことは住の江のまつ

あかきみや。さらにあらまし事にきこえし。人やりならぬ物わひしとそある。女はそのゝちもあはれにおほえて。なけきのみせらる。とくとていそきたちたゝましかはとおもふひるつかた。ある御文をみれは。

 古今あな戀しいまも見てしか山賤の垣ほにおふるやまと撫子

とそある。あな物くるしとうちいはれて御返。

 伊勢物語戀しくはきてもみよかし千早振神のいさむる道ならなくに

と申たれは。うちほゝゑませ給て御らんす。この比は御經ならはせ給けれは。

 あふみちは神の諫にあらねとも法の蓬にをれはたゝぬそ

御返し。

 われさらは進みてゆかん君はたゝ法の筵をひろむはかりそ

なと聞[え歟]させつゝすくす。雪いたうふる日。ものゝ枝にふりかゝりたるにつけて。

 雪ふれは木々の木のはも春ならてをしなへ梅の花そ咲ける

なとの給はせたるに。おとろきなから。

 梅は早咲にけりとておれはちる花とそ雪のふるは見えける

又の日。またつとめて。

 冬のよはこひしきことにめもあはて衣かたしき明そしにける

御返事いてや。

 冬のよはめさへ氷にとちられて明しかたきを明しけるかな

なといふほとにれいのつれなくさめてくらすそはかなきや。いかにおほしめさるゝにかあらん。心細き事ともをの給はせて。なを世中にありはつましきにやとの給はせたれは。

 くれ竹のよゝのふる事おもほゆる昔かたりは我のみそせん

と聞えたれは。

 吳竹のうきふししけき世中にあらしとそ思ふ暫しはかりも

なとの給はせて。人しれすすへさせ給ふへき所なとも。をきてならはぬ人なれは。はしたなく思ふなめり。こゝにもたゝきゝにくゝそいはむ。たゝ我いきてゐてこむと思して。十二月十八日の月のよきほとに成にたるほとに。おはしましたり。例のいてさせたまへとの給はすれは。今宵はかりにこそあめとて。ひとりのれは。人ゐておはせかし。さりぬへくは。あすあさてものとやかに物語りきこえんとあれは。れいはかくもの給はせぬを。もしやかくとおほすへきにやとて。さりぬへき人一人ゐていく。例の所にはあらて。いとよくして。忍ひて。人とも具してゐよとせられたり。されはよと思ひて。なに事かはわさとしたてん。いかてかはまいらまし。いつ參りしそと中々人も思へかしと思ひて。明ぬれは。櫛の筥なととりにやる。宮參らせ給ふとて。しはしこなたのかうしなとあけす。おそろしき事にはあらねとむつかし。今かの北の方に渡しまいらせむ。こ こにはちかけれは。ゆるしけなしなとの給はすれは。おろしこめてみそかにきけは。ひるは人々冷泉の殿上人なと參りあつまりて。いがにそかくては有ぬへしや。ちかおとりいかにせむと思ふこそ苦しけれとの給はすれは。それをなん思給へるときこゆる。笑はせ給て。まめやかにはよなと。あなたにあらん折は用意し給へ。けしからぬ者ともはのそきもそする。今しはしに成なは。晝なとはあのせしのあるかたにおはしておはせ。丸かひるある方は。人もよらすそなとの給はせて。二三日ありて。北の方のたいに渡らせ給へりけれは。人々驚きて。うへに申まいらすれは。かゝる事なくてたにあやしかりつるを。なにの高き人にもあらす。かくなとの給はせて。わさとおほせはこそ。忍ひてゐておはしたらめとおほすに。いと心つきなうておはすれは。例よりも物むつかしけに思ひておはすれは。いとおしうおほして。しはしは內にいらせ給ひて。人のいふ事もきゝにくし。人の御けしきもいとおしうて。こなたにおはします。しかの事あなるは。なとかの給はせぬ。せいし聞ゆへきにもあらす。いとかう身の人けなく。人笑はれに耻かしかるへき事となく聞え給ふれは。人使はむからに御覺えのなかるへき事かは。御氣色に從ひて中將なともにくけに思ひたるかむつかしきに。かしらなともけつらせんとてよひたるなり。こなたなとにもめし使はせ給へかしとあれは。いと心つきなくあれと物もの給はせす。かくて日比ふれは。やうさふらひつきて。晝も上に侍らひ御くしなと參り萬につかはせ給ふ。更に御まへもさけさせ給はぬ程に。うへなとも御方に渡らせ給ふ事も。たまさかに成もていく。おほし歎く事限りなし。としかへりて。正月寬弘元一日に。院のはいらいに。おのこはら數をつくしてまいり給へるに。宮もおはしますを見れは。いと廿四ううつくしけにて。多くの 人に勝れ給へり。これにつけても。我身はつかしう覺ゆるに。うへの御まへにも。女房たち出ゐてものみるに。まつそれをは見て。此人をみむみむと穴をあけてみさはくそいとさまあしきや。暮ぬれは事はてゝ。宮も入せ給ぬ。御送りにかんたちへかすをつくして御遊ひなとあり。いとおかしきにも。つれなりしふるさとまつ思ひ出らる。かくて侍ふほとに。けすなとの中にもむつかしき事をいふへかめるをきこしめして。かく人のおほしの給ふへきにも侍らす。うたてもあるかなと心つきなけれは。內にいらせ給ふ事いとゝまとをなり。かゝるもいとかたはらいたう覺ゆれと。いかゝはせん。たゝともかくもしらて。もてなさせおはしまさんまゝに從ひてとてさふらふ。御北の方の御姉は。東宮三條女御娍子にてさふらひ給か。更に物し給ふほとにて。御文あり。いかにそ此比人のいふことあり。まことか我さへなん人けなう覺ゆる。夜のまにも渡り給へかしとあるに。かゝらぬ事をたに人はいふをましてとおほすに。いと心うくて。御返うけ給はりぬ。いつも思ふさまならぬ世中の。此比は見苦しきことさへ侍りてなん。あからさまに參り侍て。宮たちをも見參らせて。心も慰め侍らんとなん思ひ給ふるを。迎へに給はせよ。これよりはよも耳にもきゝいれ侍らしと思給へてなんと聞え給て。さるへき物なととりしたゝめ給て。むつかしき所なととり拂はせ給ふ。しはしかしこにあらん。かくてあれは。あちきなく此方にもえさし出給はぬも。苦しう覺え給ふらんにとの給に。人々いてあさましき世中の人のあさみ聞えさする事よ。參りけるも。おはしましてこそは迎へさせおはしましけれ。すへていと目もあやにこそ侍るなる。かのつほねに侍るなるへし。ひるも三度四度おはします也。いとよし。しはしこらしきこえ給へ。餘り物聞えさせおはしまさすなとにくみあへるに。御心にもいとむつかしう思召す。さはれ。苦しうもなし。ちかうたにもみきこえしとて。御迎へにと聞え給へれは。御せうとの君たち。女御殿の御迎へにまいらせたれは。さおほしたり。御めのとのさうしなるものとも。むつかしき物ともなと拂はするはときゝて。せんしかうして渡らせおはしますなり。春宮のきかせおはしまさん事も侍り。おはしまいて。申慰めまいらせおはしませとさはくを見るも。いといとおしうくるしけれとも。ともかくもいふへき事にしあらねは。たゝきゝゐたり。かくきゝにくき所しはしまかてはやと思へと。それもうたてあるへけれは。たゝさふらふも。猶物思ひたゆましき身かなと思ふ。宮おはしませは。さりけなくておはす。まことにや。女御殿に渡り給ふときくは。なと車の事もの給はせぬとの給へは。なにかあれよりとあれはとて。もの給はす。宮のうへ御文かき。女御殿の御言葉さしも。あらかきなしなめり。


右和泉式部日記扶桑拾葉集挍合了

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。