和歌山縣下郡廢置法律

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


朕帝國議會ノ協賛ヲ經タル和歌山縣下郡廢置法律ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム

御名御璽
明治二十九年三月二十六日

内閣總理大臣臨時代理

樞密院議長 伯爵黒田清隆

内務大臣 芳川顕正

法律第二十三號

和歌山縣紀伊國名草郡及海部郡ヲ廢シ其ノ區域ヲ以テ海草郡ヲ置ク

此ノ法律ハ明治二十九年四月一日ヨリ施行ス

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。