古文孝經

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、孝経をご覧ください。

開宗明誼章第一

仲尼間居。曾子侍坐。子曰。參。先王。有至德要道。以順天下。民用和睦。上下無怨。女知之乎。曾子避席曰。參,不敏。何足以知之。子曰。夫孝德之本也。敎之所由生也。復坐。吾語女。身體髮膚。受之父母。不敢毀傷。孝之始也。立身行道。揚名於後世。以顯父母。孝之終也。夫孝。始於事親。中於事君。終於立身。大雅云。無念爾祖。聿修厥德。

仲尼ちうじ間居かんきよしたまふ。曾子そうし侍坐じざせり。のたまはく、しん先王せんわう至德しとく要道えうだうあつて、もつ天下てんかじゆんにす、たみもちひて和睦わぼくす、上下じやうかうらみなし、なんぢこれをるや、曾子そうしせきけてはく、しんからず、なんぞもつてこれをるにらん、のたまはく、かうは、とくもとなり。をしへのよつてしやうずるところなり、かへれ、われなんぢにつげん、身體しんたい髮膚はつぷは、これを父母ふぼにうけたり、あへそこなやぶらざるは、かうはじめなり、みちおこなひ、後世こうせいげて、もつて父母ふぼあらはすは、かうをはりなり、かうは、おやつかふるにはじまり、きみつかふまつるになかごろし、つるにをはる、大雅たいがはく、なんぢおもふことなからんや、そのとくをのべをさむ、〉


天子章第二

愛親者。不敢惡於人。敬親者。不敢慢於人。愛敬。盡於事親,而德敎加於百姓刑於四海。蓋天子之孝也。甫刑云。一人有慶。兆民賴之。

おやあいするものは、あへひとをにくまず、おやうやまふものは、あへひとをあなどらず、愛敬あいけいおやつかふるにきて、しかうして德敎とくけう百姓はくせいにくわはり、四かいのりす、けだし、天子の孝なり、甫刑ほけいはく、一人よろこびあれば、兆民てうみんこれをかうぶる。〉


諸侯章第三

居上不驕,高而不危。制節謹度。滿而不溢。高而不危所以長守貴也。滿而不溢。所以長守富也。富貴不離其身。然後能保其社稷,而和其民人。蓋,諸侯之孝也。詩云,戰戰兢兢,如臨深淵。如履薄氷。

かみおごらざれば、たかけれどもあやふからず。せつせいつゝしめば、滿みつれどもあふれず。たかうしてあやふからざるは、ながたふときをまもる所以ゆゑんなり、滿みつれどもあふれざるは、ながともをまもる所以ゆゑんなり、富貴ふうきそのはなれずして。しかしてのちよく社稷しやしよくをたもつて、しかしてその民人みんじんす。けだし、諸侯しよこうかうなり。はく、戰戰せん兢兢きやうふかふちのぞむがごとく、うすこほりむがごとし。〉


卿大夫章第四

非先王之法服,不敢服。非先王之法言。不敢道。非先王之德行,不敢行。是故。非法不言。非道不行。口無擇言,身無擇行。言滿天下,無口過,行滿天下,無怨惡。三者備矣。然後能保其祿位。而守其宗廟。蓋,卿大夫之孝也。詩云夙夜匪懈。以事一人。

先王せんわう法服はふふくにあらざれば、あへふくせず、先王せんわう法言はふげんにあらざれば、へていはず、先王せんわう德行とくかうにあらざれば、あえておこなはず。このゆゑはふにあらざれば、はず。みちにあらざればおこなはず、くちにえらぶことばなく。えらおこなひなし。ことば天下てんかにみちて、くちあやまちなく。おこな天下てんかにみちて、うらにくむことなし、つのものそなはりぬ。しかのちくその祿位ろくゐたもち、しかしてその宗廟そうべうまもる。けだし、卿大夫けいたいふかうなり、はく、夙夜しゆくやおこたらず、もつて一にんつかふまつる。〉


士章第五

資於事父,以事母。而愛同。資於事父,以事君。而敬同。故母取其愛,而君取其敬,兼之者父也。故以孝事君則忠。以敬事長則順。忠順不失以事其上。然後能保其爵祿。而守其祭祀。蓋,士之孝也。詩云。夙興夜寢。無忝爾所生。

ちゝつかふるにりて、もつはゝつかふ、しかしてあいおなじ、ちゝつかふるにりて、もつきみつかふまつる。しかしてけいおなじ。かるがゆゑに、はゝはそのあいつて、しかしてきみにはそのけいる。これをねたるものちゝなり。かるがゆゑにかうもつきみつかふまつるときはすなはちうなり、けいもつちやうつかふるときはすなはじゆんなり、忠順ちうじゆんもつかみつかふまつるにうしなはず。しかしてのちくその爵祿しやくろくたもつて、しかして祭祀さいしまもる。けだし、かうなり、はく、つとよはねて、なんぢ所生しよせいはづかしむることかれ、〉


庶人章第六

用天之道。因地之利。謹身節用。以養父母。此庶人之孝也。

てんみちをもちひ、による、つゝしみようせつして、もつ父母ふぼやしなふ、これ庶人しよじんかうなり、〉


孝平章第七

故自天子以下,至於庶人。孝無終始,而患不及者。未之有也。

〈かるがゆゑに天子てんしより以下いか庶人しよじんいたるまで、かう終始しうしなうして、しかしてうれおよばざるものは、いまだこれあらず。〉


三才章第八

曾子曰。甚哉。孝之大也。子曰。夫孝。天之經也。地之義也。民之行也。天地之經。而民是則之。則天之明。因地之利。以順天下。是以其敎不肅而成。其政不嚴而治。先王,見敎之可以化民也。是故先之以博愛。而民莫遺其親。陳之以德義。而民興行。先之以敬讓。而民不爭。道之以禮樂。而民和睦。示之以好惡。而民知禁。詩云。赫赫師尹。民具爾瞻。

曾子そうしはく、はだはだしいかな、かうおほいなることや、のたまはく、それかうは、てんけいなり、なり、ひとかうなり、天地てんちけいにして、しかしてたみこゝにこれのつとる、てんめいのつとり、る、もつて天下てんかじゆんにす、こゝをもつて、そのをししゆくならずしてしかしてる。まつりごとげんならずしてしかしてをさまる、先王せんわうをしへもつたみくわすべきことをるにや、このゆゑにこれにさきんずるに博愛はくあいもつてす。しかしてたみおやわするゝことなし、れをぶるに德義とくぎもつてす。しかしてひとかうおこす、これにさきんずるに敬讓けいじやうもつてす、しかしてたみあらそはず、これをみちびくに禮樂れいがくもつてす、しかしてたみ和睦わぼくす。これにしめすに好惡かうをもつてす、しかしてひときんをしる、はく、赫赫かくかくたる師尹しいんたみともになんぢる。〉


孝治章第九

昔者。明王之以孝治天下也。不敢遺小國之臣。而况於公侯伯子男乎。故得萬國之懽心。以事其先王。治國者。不敢侮於鰥寡。而况於士民乎。故得百姓之懽心。以事其先君。治家者。不敢失於臣妾。而况於妻子乎。故得人之懽心。以事其親。夫然,故生則親安之。祭則鬼享之。是以天下和平。災害不生。禍亂不作。故明王之以孝治天下也。如此。詩云。有覺德行,四國順之。

〈むかし明王めいわうかうもつ天下てんかをさむるや、あへ小國せうこくしんわすれず。しかもいはんやこうこうはくだんにおいてをや、ゆゑ萬國ばんこくよろここゝろて、もつその先王せんわうつかふまつる、くにをさむるものはあへ鰥寡くわんくわあなどらず、しかもいはんや士民しみんいてをや、ゆゑ百姓ひやくせいよろここゝろて、もつてその先君せんくんつかふまつる、いへをさむるものは、あへ臣妾しんせううしなはず、しかもいはんや妻子さいしおいてをや、ゆゑひとよろここゝろて、もつてそのおやつかふ、しかり、ゆゑけるときはすなはおやこれをやすんず。まつるときはすなはこれをうく。こゝをもつ天下てんか和平わへい災害さいがいしやうぜず。禍亂くわらんおこらず。ゆゑ明王めいわうかうもつ天下てんかをさむるや、かくごとし。はく、おほいなる德行とくかうあれば、四こくこれにしたがふ。〉


聖治章第十

曾子曰。敢問。聖人之德。無以加於孝乎。子曰。天地之性。人爲貴。人之行,莫大於孝。孝莫大於嚴父。嚴父莫大於配天。則周公其人也。昔者,周公郊祀后稷,以配天。宗祀文王於明堂。以配上帝。是以四海之內。各以其職。來助祭。夫聖人之德。又何以加於孝乎。故親生之膝下。以養父母日嚴。聖人因嚴以敎敬。因親以敎愛。聖人之敎。不肅而成。其政不嚴而治。其所因者本也。

曾子そうしはく、あへふ、聖人せいじんとく、それもつかうくはふることなからんか、のたまはく、天地てんちせいひとたつとしとす、ひとおこなひかうよりだいなるはなし、かうちゝたつとぶよりだいなるはなし、ちゝたつとぶは、てんはいするよりはだいなるはなし、すなは周公しうこうそのひとなり。むかし、周公しうこう后稷こうしよく郊祀かうしして、もつてんはいす、文王ぶんわう明堂めいだう宗祀そうしして、もつ上帝じやうていはいす、こゝをもつ四海しかいのうち、おのそのしよくもつきたつてまつりたすく、それ聖人せいじんとくまたなにもつかうくわへんや、ゆゑしたしみこれを膝下しつかしやうず、もつやしなへば父母ふぼひゞにたつとし。聖人せいじんげんによりてもつけいをしへ、しんによりてもつあいをしふ。聖人せいじんをしへ、しゆくならずしてしかしてる。そのまつりごとげんならずしてしかしてをさまる、そのところのものもとなればなり、〉


父母生續章第十一

父子之道,天性也。君臣之義也。父母生之。續莫大焉。君親臨之。厚莫重焉。

父子ふしみち天性てんせいなり、君臣くんしんの義なり、父母ふぼこれをしやうず、ぐことこれよりおほいなるはなし、君親くんしんとしてこれにのぞむ、あつきことこれよりおもきはなし、〉


孝優劣章第十二

故不愛其親。而愛他人者。謂之悖德。不敬其親。而敬他人者。謂之悖禮。以順則。逆民無則焉。不在於善。而皆在於凶德。雖得之,君子所不貴也。君子則不然。言斯可道,行斯可樂。德義可尊。作事可法。容止可觀。進退可度。以臨其民。是以其民畏而愛之。則而象之。故能成其德敎。而行其政令。詩云,淑人君子,其儀不忒。

ゆゑにそのしんあいせずして、しかして他人たにんあいするもの、これを悖德はいとくといふ、そのしんうやまはずして、しかして他人たにんうやまふもの、これを悖禮はいれいといふ、じゆんをもちふればのつとる、ぎやくなればたみのつとることなし、ぜんにあらず、しかしてみな凶德きやうとくにあり。これを得るといへども、君子くんしたつとばざるところなり、君子くんしすなはしからずことはこれふべくおこなひはこれたのしむべし、德義とくぎたふとぶべし、作事さくじのつとるべし、容止ようしるべし、進退しんたいとすべし、もつてそのたみにのぞむ、こゝをもつたみおそれてしかしてこれをあいす、のつとつてしかしてこれにかたどる、ゆゑくその德敎とくきやうをなして、しかしてその政令せいれいおこなふ、はく、淑人しゆくじん君子くんし、そのたがはず、〉


紀孝行章第十三

孝子之事親也。居則致其敬。養則致其樂。病則致其憂。喪則致其哀。祭則致其嚴。五者備矣。然後能事其親。事親者。居上不驕。爲下不亂。在醜不爭。居上而驕則亡。爲下而亂則刑。在醜而爭則兵。三者不除。雖日用三牲之養猶爲不孝也。

孝子かうしおやつかふるや、るときはすなはけいにいたる、やしなふときはすなはたのしみにいたる、むときはすなはうれひにいたる、にはすなはかなしみにいたる、まつりにはすなはげんにいたる、いつつのものそなはりぬ、しかしてのちくそのおやつかふ、おやつかふまつるものは、かみおごらず、しもとしてみだれず、たぐひにあつてあらそはず、かみうぃおごるときはすなはほろぶ、しもとしてみだるときはすなはけいせらる、たぐひにあつてしかしてあらそふときはすなはへいせらる、つのもののぞかざれば、ひゞに三せいやしなひもちふといふとも、なほ不孝ふかうとす。〉


五刑章第十四

五刑之屬三千。而罪莫大於不孝。要君者。無上。非聖人者。無法。非孝者。無親。此大亂之道也。

〈五けいたぐひ三千にして、しかしてつみ不孝ふかうよりおほいなるはなし。きみもとむるものは、かみみす、聖人せいじんそしるものは、はふみす、かうそしるものはおやみす、これ大亂たいらんみちなり、〉


廣要道章第十五

敎民親愛。莫善於孝。敎民禮順。莫善於弟。移風易俗。莫善於樂。安上治民。莫善於禮。禮者敬而已矣。故敬其父。則子悅。敬其兄。則弟悅。敬其君。則臣悅。敬一人。而千萬人悅。所敬者寡。而悅者衆。此之謂要道。

たみ親愛しんあいをしふるには、かうよりきはなし、たみ禮順れいじゆんをしふるには、ていよりきはなし、ふううつぞくふるには、がくよりきはなし、かみやすんじ、たみをさむるには、れいよりきはなし、れいとはけいのみ、かるがゆゑちゝうやまふときは、すなはよろこぶ、あにうやまふときは、すなはおとうとよろこぶ、きみうやまふときは、すなはしんよろこぶ、一にんうやまつて、しかうして千萬人せんまんにんよろこぶ、うやまところのものはすくなくして、しかうしてよろこぶものおほし、これ要道えうだうといふ、〉


廣至德章第十六

君子之敎以孝也。非家至而日見之也。敎以孝。所以敬天下之爲人父者也。敎以弟。所以敬天下之爲人兄者也。敎以臣。所以敬天下之爲人君者也。詩云。愷悌君子。民之父母。非至德。其孰能順民如此其大者乎。

君子くんしをしふるにかうもつてするや、いへごとにいたつてしかうしてひゞにれをるにあらず、をしふるにかうもつてするは、天下てんかひとちゝたるものをうやま所以ゆゑんなり、をしふるにていもつてするは、天下てんかひとあにたるものをうやま所以ゆゑんなり、をしふるにしんもつてするは、天下てんかひときみたるものをうやま所以ゆゑんなり、はく、愷悌がいてい君子くんしは、たみ父母ふぼなりと、至德しとくにあらずんば、それたれかよくたみじゆんにすることかくごとくそれおほいなるものあらんや。〉


應感章第十七

昔者明王。事父孝。故事天明。事母孝。故事地察。長幼順。故上下治。天地明察。神明彰矣。故雖天子必有尊也。言有父也。必有先也。言有兄也。宗廟致敬。不忘親也。修身謹行。恐辱先也。宗廟致敬。鬼神著矣。孝弟之至。通於神明。光於四海,無所不通。詩云。自西自東。自南自北。無思不服。

〈むかし明王めいわうは、ちゝつかふることかうなり、ゆゑてんつかふまつることあきらかなり、はゝつかふることかうなり。ゆゑつかふまつることつまびらかなり、長幼ちやうえうじゆんなり、ゆゑ上下じやうかをさまる、天地てんち明察めいさつなれば、神明しんめいあらはる、ゆゑ天子てんしといへどもかならたつとぶことあり、ちゝあるをふなり、かならさきんずることあり、あにあるをふなり、宗廟そうべうけいいたるは、したしみをわすれざるなり、をさおこなひつゝしむは、せんはずかしめんことをおそるなり、宗廟そうべうけいいたれば、鬼神きしんあらはる、孝弟かうていいたり神明しんめいつうじ、四かいあきらかなり、つうぜざるところなし、はく、西にしよりひがしより、みなみよりきたより、おもうてふくせざるなし、〉


廣揚名章第十八

君子之事親孝。故忠可移於君。事兄弟。故順可移於長。居家理。故治可移於官。是以行成於內。而名立於後世矣。

君子くんしおやつかふるはかうなり、ゆゑちうきみうつすべし、あにつかへてていなり、ゆゑじゆんちやううつすべし、いへてをさむ、ゆゑくわんうつすべし、こゝをもつおこなひうちに、つてしかして後世こうせいつ、〉


閨門章第十九

閨門之內。具禮已乎。嚴親嚴兄。妻子臣妾。猶百姓徒役也。

閨門けいもんのうち、れいそなへたるかな、おやたつとあにたつとぶ、妻子さいし臣妾しんしやうは、なほ百せい徒役とえきのごとし、〉


諌諍章第二十

曾子曰。若夫慈愛恭敬,安親揚名。參,聞命矣。敢問從父之命,可謂孝乎。子曰。是何言與。是何言與。言之不通也。昔者。天子有爭臣七人。雖無道。不失其天下。諸侯有爭臣五人。雖無道。不失其國。大夫有爭臣三人。雖無道。不失其家。士有爭友,則身不離於令名。父有爭子,則身不陷於不義。故當不義。則子不可以弗爭於父。臣不可以弗爭於君。故當不義。則爭之。從父之命,焉得爲孝乎。

曾子そうしはく、かの慈愛じあい恭敬きようけいおややすんじあぐるがごときは、しんめいをきく、あへふ。ちゝめいしたがふを、かうつべしや、のたまはく、なんげんぞや、これなんげんぞや、ことつうぜざるなり、むかし、天子てんし爭臣さうしんにんあれば、無道むだうなりといへども、その天下げんかうしなはず、諸侯しよこう爭臣さうしんにんあれば、無道むだうなりといへども、そのくにうしなはず、大夫たいふ爭臣さうしんにんあれば、無道むだうなりといへども、そのいへうしなはず、爭友さういうあるときは、すなは令名れいめいはなれず、ちゝ爭子さうしあるときは、すなは不義ふぎにおちいらず、ゆゑ不義ふぎあたるときは、すなはもつてちゝあらそはずんばあるべからず、しんもつてきみあらそはずんばあるべからず、ゆゑ不義ふぎあたるときは、すなはこれあらそふ、ちゝめいしたがふのみならば、いづくんぞかうとすることをえんや。〉


事君章第二十一

君子之事上也。進思盡忠。退思補過。將順其美。匡救其惡。故上下能相親也。詩云。心乎愛矣。遐不謂矣。中心藏之。何日忘之。

君子くんしかみつかへまつるをや、すゝんではちうつくさんことをおもひ、退しりぞいてはあやまちおぎなはんことをおもふ、その將順しやうじゆんし、そのあく匡救きやうきうす。ゆゑ上下じやうかよくあひしたしむ、はく、あいこゝろにすれば、とほしといはず、中心ちうしんこれをかくす、いづれのれをわすれん、〉


喪親章第二十二

孝子之喪親也。哭不偯。禮不容。言不文。服美不安。聞樂不樂。食甘不旨。此哀戚之情也。三日而食。敎民無以死傷生,毀不滅性。此聖人之政也。喪不過三年。示民有終也。爲之棺槨衣衾,而擧之。陳其簠簋,而哀戚之。擗踊哭泣。哀以送之。卜其宅兆。而安措之。爲之宗廟。以鬼享之。春秋祭祀。以時思之。生事愛敬。死事哀戚。生民之本盡矣。死生之儀備矣。孝子之事親終矣。

孝子かうしおやするや、こくせず、かたちつくろはず、ことかざらず、ふくせどもやすからず、がくけどもたのしからず、あまきをへどもうまからず、これ哀戚あいせきじやうなり、三じつにしてしかしてしよくするは、たみもつせいやぶることなく、そこなふれどもせいほろぼさゞることををしふ、これ聖人せいじんまつりごとなり、ねんぎざるは、たみをはりあることをしめす、これが棺槨くわんくわく衣衾いきんをつくつてしかうしてこれぐ、その簠簋ほきつらねて、しかうしてこれを哀戚あいせきす、擗踊へきよう哭泣こくきふかなしんでもつれをおくる、その宅兆たくちやうぼくして、しかうしてこれ安措あんそす、これが宗廟そうべうつくつて、をもつてれをまつる、春秋しゆんじう祭祀さいしして、ときをもつてれをおもふ、けるにはつかへて愛敬あいけいし、せるにはつかへて哀戚あいせきす、生民せいみんもときぬ、死生しせいそなはりぬ、孝子かうししんつかふることをはりぬ。〉

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。