古今和歌集/巻八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻八:離別


00365

[詞書]題しらす

在原行平朝臣

立ちわかれいなはの山の峰におふる松としきかは今かへりこむ

たちわかれ-いなはのやまの-みねにおふる-まつとしきかは-いまかへりこむ


00366

[詞書]題しらす

よみ人しらす

すかるなく秋のはきはらあさたちて旅行く人をいつとかまたむ

すかるなく-あきのはきはら-あさたちて-たひゆくひとを-いつとかまたむ


00367

[詞書]題しらす

よみ人しらす

限なき雲ゐのよそにわかるとも人を心におくらさむやは

かきりなき-くもゐのよそに-わかるとも-ひとをこころに-おくらさむやは


00368

[詞書]をののちふるかみちのくのすけにまかりける時に、ははのよめる

をののちふるの母

たらちねのおやのまもりとあひそふる心はかりはせきなととめそ

たらちねの-おやのまもりと-あひそふる-こころはかりは-せきなととめそ


00369

[詞書]さたときのみこの家にて、ふちはらのきよふかあふみのすけにまかりける時に、むまのはなむけしける夜よめる

きのとしさた

けふわかれあすはあふみとおもへとも夜やふけぬらむ袖のつゆけき

けふわかれ-あすはあふみと-おもへとも-よやふけぬらむ-そてのつゆけき


00370

[詞書]こしへまかりける人によみてつかはしける

きのとしさた

かへる山ありとはきけと春霞立別れなはこひしかるへし

かへるやま-ありとはきけと-はるかすみ-たちわかれなは-こひしかるへし


00371

[詞書]人のむまのはなむけにてよめる

きのつらゆき

をしむからこひしきものを白雲のたちなむのちはなに心地せむ

をしむから-こひしきものを-しらくもの-たちなむのちは-なにここちせむ


00372

[詞書]ともたちの人のくにへまかりけるによめる

在原しけはる

わかれてはほとをへたつとおもへはやかつ見なからにかねてこひしき

わかれては-ほとをへたつと-おもへはや-かつみなからに-かねてこひしき


00373

[詞書]あつまの方へまかりける人によみてつかはしける

いかこのあつゆき

おもへとも身をしわけねはめに見えぬ心を君にたくへてそやる

おもへとも-みをしわけねは-めにみえぬ-こころをきみに-たくへてそやる


00374

[詞書]あふさかにて人をわかれける時によめる

なにはのよろつを

相坂の関しまさしき物ならはあかすわかるる君をととめよ

あふさかの-せきしまさしき-ものならは-あかすわかるる-きみをととめよ


00375

[詞書]題しらす/このうたは、ある人、つかさをたまはりてあたらしきめにつきてとしへてすみける人をすててたたあすなむたつとはかりいへりける時に、ともかうもいはてよみてつかはしける

よみ人しらす

唐衣たつ日はきかしあさつゆのおきてしゆけはけぬへきものを

からころも-たつひはきかし-あさつゆの-おきてしゆけは-けぬへきものを


00376

[詞書]ひたちへまかりける時に、ふちりはらのきみとしによみてつかはしける

あさなけに見へききみとしたのまねは思ひたちぬる草枕なり

あさなけに-みへききみとし-たのまねは-おもひたちぬる-くさまくらなり


00377

[詞書]きのむねさたかあつまへまかりける時に、人の家にやとりて暁いてたつとてまかり申ししけれは、女のよみていたせりける

よみ人しらす

えそしらぬ今心みよいのちあらは我やわするる人やとはぬと

えそしらぬ-いまこころみよ-いのちあらは-われやわするる-ひとやとはぬと


00378

[詞書]あひしりて侍りける人のあつまの方へまかりけるをおくるとてよめる

ふかやふ

雲ゐにもかよふ心のおくれねはわかると人に見ゆはかりなり

くもゐにも-かよふこころの-おくれねは-わかるとひとに-みゆはかりなり


00379

[詞書]とものあつまへまかりける時によめる

よしみねのひてをか

白雲のこなたかなたに立ちわかれ心をぬさとくたくたひかな

しらくもの-こなたかなたに-たちわかれ-こころをぬさと-くたくたひかな


00380

[詞書]みちのくにへまかりける人によみてつかはしける

つらゆき

しらくものやへにかさなるをちにてもおもはむ人に心へたつな

しらくもの-やへにかさなる-をちにても-おもはむひとに-こころへたつな


00381

[詞書]人をわかれける時によみける

つらゆき

わかれてふ事はいろにもあらなくに心にしみてわひしかるらむ

わかれてふ-ことはいろにも-あらなくに-こころにしみて-わひしかるらむ


00382

[詞書]あひしれりける人のこしのくににまかりて、としへて京にまうてきて又かへりける時によめる

凡河内みつね

かへる山なにそはありてあるかひはきてもとまらぬ名にこそありけれ

かへるやま-なにそはありて-あるかひは-きてもとまらぬ-なにこそありけれ


00383

[詞書]こしのくにへまかりける人によみてつかはしける

凡河内みつね

よそにのみこひやわたらむしら山の雪見るへくもあらぬわか身は

よそにのみ-こひやわたらむ-しらやまの-ゆきみるへくも-あらぬわかみは


00384

[詞書]おとはの山のほとりにて人をわかるとてよめる

つらゆき

おとは山こたかくなきて郭公君か別ををしむへらなり

おとはやま-こたかくなきて-ほとときす-きみかわかれを-をしむへらなり


00385

[詞書]藤原ののちかけかからもののつかひになか月のつこもりかたにまかりけるに、うへのをのこともさけたうひけるついてによめる

ふちはらのかねもち

もろともになきてととめよ蛬のわかれはをしくやはあらぬ

もろともに-なきてととめよ-きりきりす-あきのわかれは-をしくやはあらぬ


00386

[詞書]藤原ののちかけかからもののつかひになか月のつこもりかたにまかりけるに、うへのをのこともさけたうひけるついてによめる

平もとのり

秋霧のともにたちいててわかれなははれぬ思ひに恋ひや渡らむ

あききりの-ともにたちいてて-わかれなは-はれぬおもひに-こひやわたらむ


00387

[詞書]源のさねかつくしへゆあみむとてまかりけるに、山さきにてわかれをしみける所にてよめる

しろめ

いのちたに心にかなふ物ならはなにか別のかなしからまし

いのちたに-こころにかなふ-ものならは-なにかわかれの-かなしからまし


00388

[詞書]山さきより神なひのもりまておくりに人人まかりて、かへりかてにしてわかれをしみけるによめる

源さね

人やりの道ならなくにおほかたはいきうしといひていさ帰りなむ

ひとやりの-みちならなくに-おほかたは-いきうしといひて-いさかへりなむ


00389

[詞書]今はこれよりかへりねとさねかいひけるをりによみける

藤原かねもち

したはれてきにし心の身にしあれは帰るさまには道もしられす

したはれて-きにしこころの-みにしあれは-かへるさまには-みちもしられす


00390

[詞書]藤原のこれをかかむさしのすけにまかりける時に、おくりにあふさかをこゆとてよみける

つらゆき

かつこえてわかれもゆくかあふさかは人たのめなる名にこそありけれ

かつこえて-わかれもゆくか-あふさかは-ひとたのめなる-なにこそありけれ


00391

[詞書]おほえのちふるか、こしへまかりけるむまのはなむけによめる

藤原かねすけの朝臣

君かゆくこしのしら山しらねとも雪のまにまにあとはたつねむ

きみかゆく-こしのしらやま-しらねとも-ゆきのまにまに-あとはたつねむ


00392

[詞書]人の花山にまうてきて、ゆふさりつかたかへりなむとしける時によめる

僧正遍昭

ゆふくれのまかきは山と見えななむよるはこえしとやとりとるへく

ゆふくれの-まかきはやまと-みえななむ-よるはこえしと-やとりとるへく


00393

[詞書]山にのほりてかへりまうてきて、人人わかれけるついてによめる

幽仙法師

別をは山のさくらにまかせてむとめむとめしは花のまにまに

わかれをは-やまのさくらに-まかせてむ-とめむとめしは-はなのまにまに


00394

[詞書]うりむゐんのみこの舎利会に山にのはりてかへりけるに、さくらの花のもとにてよめる

僧正へんせう

山かせにさくらふきまきみたれなむ花のまきれにたちとまるへく

やまかせに-さくらふきまき-みたれなむ-はなのまきれに-たちとまるへく


00395

[詞書]うりむゐんのみこの舎利会に山にのはりてかへりけるに、さくらの花のもとにてよめる

幽仙法師

ことならは君とまるへくにほはなむかへすは花のうきにやはあらぬ

ことならは-きみとまるへく-にほはなむ-かへすははなの-うきにやはあらぬ


00396

[詞書]仁和のみかとみこにおはしましける時に、ふるのたき御覧しにおはしましてかへりたまひけるによめる

兼芸法し

あかすしてわかるる涙滝にそふ水まさるとやしもは見るらむ

あかすして-わかるるなみた-たきにそふ-みつまさるとや-しもはみるらむ


00397

[詞書]かむなりのつほにめしたりける日、おほみきなとたうへてあめのいたくふりけれはゆふさりまて侍りてまかりいてけるをりに、さかつきをとりて

つらゆき

秋はきの花をは雨にぬらせとも君をはましてをしとこそおもへ

あきはきの-はなをはあめに-ぬらせとも-きみをはまして-をしとこそおもへ


00398

[詞書]とよめりけるかへし

兼覧王

をしむらむ人の心をしらぬまに秋の時雨と身そふりにける

をしむらむ-ひとのこころを-しらぬまに-あきのしくれと-みそふりにける


00399

[詞書]かねみのおほきみにはしめて物かたりして、わかれける時によめる

みつね

わかるれとうれしくもあるかこよひよりあひ見ぬさきになにをこひまし

わかるれと-うれしくもあるか-こよひより-あひみぬさきに-なにをこひまし


00400

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あかすしてわかるるそてのしらたまを君かかたみとつつみてそ行く

あかすして-わかるるそての-しらたまを-きみかかたみと-つつみてそゆく


00401

[詞書]題しらす

よみ人しらす

限なく思ふ涙にそほちぬる袖はかわかしあはむ日まてに

かきりなく-おもふなみたに-そほちぬる-そてはかわかし-あはむひまてに


00402

[詞書]題しらす

よみ人しらす

かきくらしことはふらなむ春雨にぬれきぬきせて君をととめむ

かきくらし-ことはふらなむ-はるさめに-ぬれきぬきせて-きみをととめむ


00403

[詞書]題しらす

よみ人しらす

しひて行く人をととめむ桜花いつれを道と迷ふまてちれ

しひてゆく-ひとをととめむ-さくらはな-いつれをみちと-まよふまてちれ


00404

[詞書]しかの山こえにて、いしゐのもとにてものいひける人のわかれけるをりによめる

つらゆき

むすふてのしつくににこる山の井のあかても人にわかれぬるかな

むすふての-しつくににこる-やまのゐの-あかてもひとに-わかれぬるかな


00405

[詞書]みちにあへりける人のくるまにものをいひつきて、わかれける所にてよめる

とものり

したのおひのみちはかたかたわかるとも行きめくりてもあはむとそ思ふ

したのおひの-みちはかたかた-わかるとも-ゆきめくりても-あはむとそおもふ