千載和歌集/巻第六

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻六:冬


00387

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、初冬の心をよみ侍りける

大納言公実

昨日こそ秋はくれしかいつのまにいはまの水のうすこほるらん

きのふこそ-あきはくれしか-いつのまに-いはまのみつの-うすこほるらむ


00388

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、初冬の心をよみ侍りける

源俊頼朝臣

いかはかりあきのなこりをなかめましけさはこのはに嵐ふかすは

いかはかり-あきのなこりを-なかめまし-けさはこのはに-あらしふかすは


00389

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、初冬の心をよみ侍りける

藤原仲実朝臣

いつみ川水のみわたのふしつけにしはまのこほる冬はきにけり

いつみかは-みつのみわたの-ふしつけに-しはまもこほる-ふゆはきにけり


00390

[詞書]百首歌めしける時、初冬の心をよませ給うける

崇徳院御製

ひまもなくちるもみちはにうつもれて庭のけしきも冬こもりけり

ひまもなく-ちるもみちはに-うつもれて-にはのけしきも-ふゆこもりけり


00391

[詞書]百首歌めしける時、初冬の心をよませ給うける

大炊御門右大臣

さまさまの草葉もいまは霜かれぬ野へより冬やたちてきつらん

さまさまの-くさはもいまは-しもかれぬ-のへよりふゆや-たちてきつらむ


00392

[詞書]百首歌めしける時、初冬の心をよませ給うける

大納言隆季

すむ水を心なしとはたれかいふこほりそ冬のはしめをもしる

すむみつを-こころなしとは-たれかいふ-こほりそふゆの-はしめをもしる


00393

[詞書]百首歌めしける時、初冬の心をよませ給うける

前参議教長

秋のうちはあはれしらせし風のおとのはけしさそふる冬はきにけり

あきのうちは-あはれしらせし-かせのおとの-はけしさそふる-ふゆはきにけり


00394

[詞書]百首歌めしける時、初冬の心をよませ給うける

花薗左大臣家小大進

わきも子かうはものすそのみつなみにけさこそ冬はたちはしめけれ

わきもこか-うはものすその-みつなみに-けさこそふゆは-たちはしめけれ


00395

[詞書]山家初冬といへる心をよめる

藤原孝善

いつのまにかけひの水のこほるらむさこそ嵐のおとのかはらめ

いつのまに-かけひのみつの-こほるらむ-さこそあらしの-おとのかはらめ


00396

[詞書]題不知

和泉式部

と山ふく貴のかせのおときけはまたきに冬のおくそしらるる

とやまふく-あらしのかせの-おときけは-またきにふゆの-おくそしらるる


00397

[詞書]百首歌たてまつりける時、初冬のうたによみ侍りける

大炊御門右大臣

はつ霜やおきはしむらん暁のかねのおとこそほのきこゆなれ

はつしもや-おきはしむらむ-あかつきの-かねのおとこそ-ほのきこゆなれ


00398

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

前中納言匡房

たかさこのをのへのかねのおとすなり暁かけて霜やおくらん

たかさこの-をのへのかねの-おとすなり-あかつきかけて-しもやおくらむ


00399

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

藤原基俊

ひさきおふるをののあさちにおく霜のしろきをみれは夜やふけぬらん

ひさきおふる-をののあさちに-おくしもの-しろきをみれは-よやふけぬらむ


00400

[詞書]冬のはしめのうたとてよめる

藤原定家

冬きては一よふたよを玉ささのはわけの霜のところせきまて

ふゆきては-ひとよふたよを-たまささの-はわけのしもの-ところせきまて


00401

[詞書]題しらす

藤原基俊

霜さえてかれ行くをののをかへなるならのひろはに時雨ふるなり

しもさえて-かれゆくをのの-をかへなる-ならのひろはに-しくれふるなり


00402

[詞書]題しらす

馬内侍

ねさめしてたれかきくらん此ころのこのはにかかる夜半のしくれを

ねさめして-たれかきくらむ-このころの-このはにかかる-よはのしくれを


00403

[詞書]法性寺入道前太政大臣内大臣に侍りける時、家の歌合に、時雨をよめる

源定信(法名道舜)

おとにさへたもとをぬらす時雨かなまきのいたやの夜はのねさめに

おとにさへ-たもとをぬらす-しくれかな-まきのいたやの-よはのねさめに


00404

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりけるとき、落葉のうたとてよめる

皇太后宮大夫俊成

まはらなるまきのいたやにおとはしてもらぬ時雨やこのはなるらん

まはらなる-まきのいたやに-おとはして-もらぬしくれや-このはなるらむ


00405

[詞書]時雨のうたとてよみ侍りける

仁和寺後入道法親王(覚性)

木葉ちるとはかりききてやみなましもらて時雨の山めくりせは

このはちる-とはかりききて-やみなまし-もらてしくれの-やまめくりせは


00406

[詞書]暁更時雨といへる心をよみ侍りける

摂政前右大臣

ひとりねの涙やそらにかよふらむ時雨にくもるあり明の月

ひとりねの-なみたやそらに-かよふらむ-しくれにくもる-ありあけのつき


00407

[詞書]暁更時雨といへる心をよみ侍りける

藤原隆信朝臣

うたたねは夢やうつつにかよふらむさめてもおなし時雨をそきく

うたたねは-ゆめやうつつに-かよふらむ-さめてもおなし-しくれをそきく


00408

[詞書]時雨のうたとてよめる

前右京権大夫頼政

山めくる雲のしたにや成りぬらんすそ野の原にしくれすくなり

やまめくる-くものしたにや-なりぬらむ-すそののはらに-しくれすくなり


00409

[詞書]時雨のうたとてよめる

源師光

時雨れゆくをちのと山のみねつつきうつりもあへす雲かくるらん

しくれゆく-をちのとやまの-みねつつき-うつりもあへす-くもかくるらむ


00410

[詞書]時雨のうたとてよめる

道因法師

あらしふくひらのたかねのねわたしにあはれしくるる神無月かな

あらしふく-ひらのたかねの-ねわたしに-あはれしくるる-かみなつきかな


00411

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、しくれをよめる

中納言国信

み山辺の時雨れてわたるかすことにかことかましき玉かしはかな

みやまへの-しくれてわたる-かすことに-かことかましき-たまかしはかな


00412

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、しくれをよめる

源俊頼朝臣

このはのみちるかとおもひし時雨には涙もたへぬ物にそ有りける

このはのみ-ちるかとおもひし-しくれには-なみたもたへぬ-ものにそありける


00413

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、しくれをよめる

二条太皇大后宮肥後

ふりはへて人もとひこぬ山さとは時雨はかりそすきかてにする

ふりはへて-ひともとひこぬ-やまさとは-しくれはかりそ-すきかてにする


00414

[詞書]円位法師人人にすすめて、百首の歌よませ侍りけるとき、時雨のうたとてよめる

藤原定家

時雨れつるまやののきはのほとなきにやかてさしいる月のかけかな

しくれつる-まやののきはの-ほとなきに-やかてさしいる-つきのかけかな


00415

[詞書]円位法師人人にすすめて、百首の歌よませ侍りけるとき、時雨のうたとてよめる

読人しらす

玉つさに涙のかかる心ちしてしくるるそらに雁のなくなる

たまつさに-なみたのかかる-ここちして-しくるるそらに-かりのなくなる


00416

[詞書]山家時雨といへる心をよめる

源仲頼

みねこえにならのはつたひおとつれてやかて軒はに時雨きにけり

みねこえに-ならのはつたひ-おとつれて-やかてのきはに-しくれきにけり


00417

[詞書]題しらす

紀康宗

暁のねさめにすくる時雨こそもらても人の袖ぬらしけれ

あかつきの-ねさめにすくる-しくれこそ-もらてもひとの-そてぬらしけれ


00418

[詞書]落葉のうたとてよめる

藤原盛雅

ちりはててのちさへ風をいとふかなもみちをふけるみ山へのさと

ちりはてて-のちさへかせを-いとふかな-もみちをふける-みやまへのさと


00419

[詞書]中納言定頼よをのかれてのち、山さとに侍りけるころ、つかはしける

中納言定頼女

都たにさひしさまさる木からしにみねの松かせおもひこそやれ

みやこたに-さひしさまさる-こからしに-みねのまつかせ-おもひこそやれ


00420

[詞書]宇治にまかりて侍りける時よめる

中納言定頼

あさほらけうちの河霧たえたえにあらはれわたるせせの網代木

あさほらけ-うちのかはきり-たえたえに-あらはれわたる-せせのあしろき


00421

[詞書]堀河院の御時、百首歌たてまつりける時、鷹狩の心をよめる

藤原仲実朝臣

やかたをのましろのたかを引きすゑてうたのとたちをかりくらしつる

やかたをの-ましろのたかを-ひきすゑて-うたのとたちを-かりくらしつる


00422

[詞書]堀河院の御時、百首歌たてまつりける時、鷹狩の心をよめる

隆源法師

ふる雪にゆくへも見えすはし鷹のをふさのすすのおとはかりして

ふるゆきに-ゆくへもみえす-はしたかの-をふさのすすの-おとはかりして


00423

[詞書]堀河院の御時、百首歌たてまつりける時、鷹狩の心をよめる

源俊頼朝臣

夕まくれ山かたつきてたつ鳥のはおとにたかをあはせつるかな

ゆふまくれ-やまかたつきて-たつとりの-はおとにたかを-あはせつるかな


00424

[詞書]権大納言道綱家歌合に、千鳥をよめる

藤原長能

いもかりとさほの川へをわかゆけはさよかふけぬる千鳥なくなり

いもかりと-さほのかはへを-わかゆけは-さよかふけぬる-ちとりなくなり


00425

[詞書]千鳥をよめる

皇太后宮大夫俊成

すまのせき有明のそらになく千鳥かたふく月はなれもかなしき

すまのせき-ありあけのそらに-なくちとり-かたふくつきは-なれもかなしき


00426

[詞書]千鳥をよめる

道因法師

いはこゆるあら磯なみにたつ千とり心ならてやうらつたふらん

いはこゆる-あらいそなみに-たつちとり-こころならすや-うらつたふらむ


00427

[詞書]千鳥をよめる

法印静賢

霜さえてさ夜もなかゐのうらさむみ明けやらすとや千鳥鳴くらん

しもさえて-さよもなかゐの-うらさむみ-あけやらすとや-ちとりなくらむ


00428

[詞書]千鳥をよめる

賀茂成保

しもかれのなにはのあしのほのほのとあくる湊に千とり鳴くなり

しもかれの-なにはのあしの-ほのほのと-あくるみなとに-ちとりなくなり


00429

[詞書]水鳥をよめる

源親房

かたみにやうはけの霜をはらふらむともねのをしのもろこゑになく

かたみにや-うはけのしもを-はらふらむ-ともねのをしの-もろこゑになく


00430

[詞書]題不知

紫式部

水鳥をみつのうへとやよそにみむ我もうきたる世をすくしつつ

みつとりを-みつのうへとや-よそにみむ-われもうきたる-よをすくしつつ


00431

[詞書]堀河院の御時、百首歌たてまつりける時、よめる

前中納言匡房

みつ鳥の玉ものとこのうき枕ふかきおもひはたれかまされる

みつとりの-たまものとこの-うきまくら-ふかきおもひは-たれかまされる


00432

[詞書]百首歌めしける時、よませ給うける

崇徳院御製

このころのをしのうきねそあはれなるうはけの霜よ下のこほりよ

このころの-をしのうきねそ-あはれなる-うはけのしもよ-したのこほりよ


00433

[詞書]百首歌めしける時、よませ給うける

左京大夫顕輔

なにはかたいりえをめくるあしかもの玉ものふねにうきねすらしも

なにはかた-いりえをめくる-あしかもの-たまものふねに-うきねすらしも


00434

[詞書]氷始結といへるこころをよめる

権中納言経房

をし鳥のうきねのとこやあれぬらんつららゐにけりこやの池水

をしとりの-うきねのとこや-あれぬらむ-つららゐにけり-こやのいけみつ


00435

[詞書]水鳥の歌とてよめる

道因法師

かものゐるいりえのあしは霜かれておのれのみこそあをはなりけれ

かものゐる-いりえのあしは-しもかれて-おのれのみこそ-あをはなりけれ


00436

[詞書]水鳥の歌とてよめる

賀茂重保

おく霜をはらひかねてやしをれふすかつみかしたにをしのなくらん

おくしもを-はらひかねてや-しをれふす-かつみかしたに-をしのなくらむ


00437

[詞書]月前水鳥といへる心をよめる

前左衛門督公光

あしかものすたく入えの月かけはこほりそ浪のかすにくたくる

あしかもの-すたくいりえの-つきかけは-こほりそなみの-かすにくたくる


00438

[詞書]冬月といへるこころをよめる

平実重

夜をかさねむすふ氷のしたにさヘ心ふかくもやとる月かな

よをかさね-むすふこほりの-したにさへ-こころふかくも-やとるつきかな


00439

[詞書]氷のうたとてよめる

左大弁親宗

いつくにか月はひかりをととむらんやとりし水も氷ゐにけり

いつくにか-つきはひかりを-ととむらむ-やとりしみつも-こほりゐにけり


00440

[詞書]氷のうたとてよめる

藤原成家朝臣

冬くれはゆくてに人はくまねともこほりそむすふ山の井の水

ふゆくれは-ゆくてにひとは-くまねとも-こほりそむすふ-やまのゐのみつ


00441

[詞書]氷のうたとてよめる

道因法師

月のすむそらには雲もなかりけりうつりし水はこほりへたてて

つきのすむ-そらにはくもも-なかりけり-うつりしみつは-こほりへたてて


00442

[詞書]百首歌めしける時、氷のうたとてよませ給うける

崇徳院御製

つららゐてみかける影のみゆるかなまことにいまや玉川の水

つららゐて-みかけるかけの-みゆるかな-まことにいまや-たまかはのみつ


00443

[詞書]百首歌めしける時、氷のうたとてよませ給うける

皇太后宮大夫俊成

月さゆる氷のうへにあられふり心くたくる玉川のさと

つきさゆる-こほりのうへに-あられふり-こころくたくる-たまかはのさと


00444

[詞書]閑居聞霰といへるこころをよみ侍りける

左近中将良経

さゆる夜のまきのいたやのひとりねに心くたけと霰ふるなり

さゆるよの-まきのいたやの-ひとりねに-こころくたけと-あられふるなり


00445

[詞書]山家雪朝といへるこころをよみ侍りける

大納言経信

朝戸あけてみるそさひしきかた岡のならのひろはにふれるしらゆき

あさとあけて-みるそさひしき-かたをかの-ならのひろはに-ふれるしらゆき


00446

[詞書]百首歌の中に、雪のうたとてよませ給うける

崇徳院御製

夜をこめて谷の戸ほそに風さむみかねてそしるきみねのはつ雪

よをこめて-たにのとほそに-かせさむみ-かねてそしるき-みねのはつゆき


00447

[詞書]百首歌の中に、雪のうたとてよませ給うける

藤原季通朝臣

さえわたるよはのけしきにみやまへの雪のふかさを空にしるかな

さえわたる-よはのけしきに-みやまへの-ゆきのふかさを-そらにしるかな


00448

[詞書]百首歌の中に、雪のうたとてよませ給うける

藤原清輔朝臣

きゆるをや都の人はをしむらんけさ山さとにはらふしら雪

きゆるをや-みやこのひとは-をしむらむ-けさやまさとに-はらふしらゆき


00449

[詞書]雪のうたとてよめる

藤原資隆朝臣

霜かれのまかきのうちの雪みれはきくよりのちの花も有りけり

しもかれの-まかきのうちの-ゆきみれは-きくよりのちの-はなもありけり


00450

[詞書]題しらす

仁和寺後入道法親王(覚性)

たとへてもいはむかたなし月かけにうす雲かけてふれるしら雪

たとへても-いはむかたなし-つきかけに-うすくもかけて-ふれるしらゆき


00451

[詞書]題しらす

前参議教長

み山ちはかつふる雪にうつもれていかてかこまのあとをたつねん

みやまちは-かつふるゆきに-うつもれて-いかてかこまの-あとをたつねむ


00452

[詞書]京極前太政大臣の高陽院の家の歌合に、雪の歌とてよみ侍りける

治部卿通俊

おしなへて山のしら雪つもれともしるきはこしのたかねなりけり

おしなへて-やまのしらゆき-つもれとも-しるきはこしの-たかねなりけり


00453

[詞書]京極前太政大臣の高陽院の家の歌合に、雪の歌とてよみ侍りける

藤原顕綱朝臣

と山にはしはのしたはもちりはててをちのたかねに雪ふりにけり

とやまには-しはのしたはも-ちりはてて-をちのたかねに-ゆきふりにけり


00454

[詞書]京極前太政大臣の高陽院の家の歌合に、雪の歌とてよみ侍りける

源俊頼朝臣

雪ふれは谷のかけはしうつもれて梢そ冬の山ちなりける

ゆきふれは-たにのかけはし-うつもれて-こすゑそふゆの-やまちなりける


00455

[詞書]うへのをのことも百首歌たてまつりけるとき、雪のうたとてよませ給うける

二条院御製

雪つもるみねにふふきやわたるらむこしのみそらにまよふしら雲

ゆきつもる-みねにふふきや-わたるらむ-こしのみそらに-まよふしらくも


00456

[詞書]遍照寺にて、池辺雪といへる心をよみ侍りける

仁和寺法親王(守覚)

浪かけはみきはの雪もきえなまし心ありてもこほる池かな

なみかけは-みきはのゆきも-きえなまし-こころありても-こほるいけかな


00457

[詞書]雪のうたとてよみ侍りける

右のおほいまうちきみ

山さとのかきねは雪にうつもれて野へとひとつに成りにけるかな

やまさとの-かきねはゆきに-うつもれて-のへとひとつに-なりにけるかな


00458

[詞書]雪のうたとてよみ侍りける

右近大将実房

あともたえしをりも雪にうつもれてかへる山ちにまとひぬるかな

あともたえ-しをりもゆきに-うつもれて-かへるやまちに-まとひぬるかな


00459

[詞書]雪のうたとてよみ侍りける

前右京権大夫頼政

こえかねていまそこし路をかへる山雪ふる時の名にこそ有りけれ

こえかねて-いまそこしちを-かへるやま-ゆきふるときの-なにこそありけれ


00460

[詞書]雪のうたとてよみ侍りける

顕昭法師

浪まよりみえしけしきそかはりぬる雪ふりにけり松かうら島

なみまより-みえしけしきそ-かはりぬる-ゆきふりにけり-まつかうらしま


00461

[詞書]摂政、右大臣に侍りける時、百首歌よませ侍りけるとき、雪のうたとてよめる

藤原良清

ふふきするなからの山をみわたせはをのへをこゆるしかのうらなみ

ふふきする-なからのやまを-みわたせは-をのへをこゆる-しかのうらなみ


00462

[詞書]醍醐の清滝の社に歌合し侍りける時、よめる

読人不知

ふる雪にのきはの竹もうつもれて友こそなけれ冬の山さと

ふるゆきに-のきはのたけも-うつもれて-ともこそなけれ-ふゆのやまさと


00463

[詞書]行路雪といへるこころをよめる

西住法師

こまのあとはかつふる雪にうつもれておくるる人や道まとふらん

こまのあとは-かつふるゆきに-うつもれて-おくるるひとや-みちまとふらむ


00464

[詞書]題しらす

坂上明兼

くれ竹のをれふすおとのなかりせは夜ふかき雪をいかてしらまし

くれたけの-をれふすおとの-なかりせは-よふかきゆきを-いかてしらまし


00465

[詞書]雪のうたとてよめる

藤原為季

ましはかるをののほそ道あとたえてふかくも雪のなりにけるかな

ましはかる-をののほそみち-あとたえて-ふかくもゆきの-なりにけるかな


00466

[詞書]雪のうたとてよめる

俊恵法師

雪ふれは木木のこすゑにさきそむるえたよりほかの花もちりけり

ゆきふれは-ききのこすゑに-さきそむる-えたよりほかの-はなもちりけり


00467

[詞書]関路雪満といへるこころをよみ侍りける

内大臣

ふるままに跡たえぬれはすすか山雪こそせきのとさしなりけれ

ふるままに-あとたえぬれは-すすかやま-ゆきこそせきの-とさしなりけれ


00468

[詞書]としのうちに梅花のさけるをみてよみ侍りける

天台座主明快

山さとのかきねの梅はさきにけりかはかりこそは春もにほはめ

やまさとの-かきねのうめは-さきにけり-かはかりこそは-はるもにほはめ


00469

[詞書]雪中歳暮といへる心をよみ侍りける

前大納言実長

かきくらしこし路もみえすふる雪にいかてかとしのかへり行くらん

かきくらし-こしちもみえす-ふるゆきに-いかてかとしの-かへりゆくらむ


00470

[詞書]こもりゐて侍りけるとしのくれに、よみ侍りける

前左衛門督公光

さりともとなけきなけきてすくしつるとしもこよひにくれはてにけり

さりともと-なけきなけきて-すくしつる-としもこよひに-くれはてにけり


00471

[詞書]としのくれの心をよめる

相模

あはれにもくれゆくとしのひかすかなかへらむことは夜のまとおもふに

あはれにも-くれゆくとしの-ひかすかな-かへらむことは-よのまとおもふに


00472

[詞書]歳暮述懐のこころをよめる

惟宗広言

かすならぬ身にはつもらぬとしならはけふのくれをもなけかさらまし

かすならぬ-みにはつもらぬ-としならは-けふのくれをも-なけかさらまし


00473

[詞書]歳暮述懐のこころをよめる

源光行

をしめともはかなくくれてゆく年のしのふむかしにかへらましかは

をしめとも-はかなくくれて-ゆくとしの-しのふむかしに-かへらましかは


00474

[詞書]歳暮のこころをよみ侍りける

前律師俊宗

一とせははかなき夢のここちしてくれぬるけふそおとろかれける

ひととせは-はかなきゆめの-ここちして-くれぬるけふそ-おとろかれける


00475

[詞書]かしらおろしてのち、おほはらにこもりゐて侍りけるに、閑中歳暮といへる心を上人とものよみ侍りけるに、よみける

民部卿親範

みやこにておくりむかふといそきしをしらてや年のけふはくれなん

みやこにて-おくりむかふと-いそきしを-しりてやとしの-けふはくれなむ