千載和歌集/巻第一

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻一:春上


00001

[詞書]春たちける日よみ侍りける

源俊頼朝臣

はるのくるあしたのはらをみわたせは霞もけふそたちはしめける

はるのくる-あしたのはらを-みわたせは-かすみもけふそ-たちはしめける


00002

[詞書]堀河院の御時、百首の歌たてまつりけるときよめる

中納言国信

みむろ山たににや春のたちぬらむ雪のした水いはたたくなり

みむろやま-たににやはるの-たちぬらむ-ゆきのしたみつ-いはたたくなり


00003

[詞書]百首歌たてまつりける時、はしめの春のこころをよめる

待賢門院堀河

雪ふかきいはのかけ道あとたゆるよし野の里も春はきにけり

ゆきふかき-いはのかけみち-あとたゆる-よしののさとも-はるはきにけり


00004

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時残雪をよめる

前中納言匡房

みちたゆといとひしものを山さとにきゆるはをしきこその雪かな

みちたゆと-いとひしものを-やまさとに-きゆるはをしき-こそのゆきかな


00005

[詞書]承暦二年内裏後番歌合に鴬をよめる

藤原顕綱朝臣

春たては雪のした水うちとけて谷のうくひすいまそ鳴くなる

はるたては-ゆきのしたみつ-うちとけて-たにのうくひす-いまそなくなる


00006

[詞書]後冷泉院の御時、皇后宮の歌合によみ侍りける

大納言隆国

山さとのかきねに春やしるからんかすまぬさきに鴬のなく

やまさとの-かきねにはるや-しるからむ-かすまぬさきに-うくひすのなく


00007

[詞書]法性寺入道さきのおほきおほいまうちきみ内大臣に侍りける時、十首歌よませ侍りけるによめる

源俊頼朝臣

煙かとむろのやしまをみしほとにやかても空のかすみぬるかな

けふりかと-むろのやしまを-みしほとに-やかてもそらの-かすみぬるかな


00008

[詞書]右大臣に侍りける時、家に歌合し侍りけるに、霞のうたとてよみ侍りける

摂政前右大臣

かすみしく春のしほちをみわたせはみとりをわくるおきつしら浪

かすみしく-はるのしほちを-みわたせは-みとりをわくる-おきつしらなみ


00009

[詞書]堀河院御時、百首歌のうち、霞のうたとてよめる

前中納言匡房

わきも子か袖ふるやまも春きてそ霞のころもたちわたりける

わきもこか-そてふるやまも-はるきてそ-かすみのころも-たちわたりける


00010

[詞書]霞のうたとてよめる

刑部卿頼輔

春くれはすきのしるしもみえぬかな霞そたてるみわの山もと

はるくれは-すきのしるしも-みえぬかな-かすみそたてる-みわのやまもと


00011

[詞書]霞のうたとてよめる

左兵衛督隆房

みわたせはそことしるしの杉もなし霞のうちやみわの山もと

みわたせは-そことしるしの-すきもなし-かすみのうちや-みわのやまもと


00012

[詞書]百首歌たてまつりける時、子日の心をよめる

待賢門院堀河

ときはなる松もや春をしりぬらんはつねをいはふ人にひかれて

ときはなる-まつもやはるを-しりぬらむ-はつねをいはふ-ひとにひかれて


00013

[詞書]家に侍りける女房のもとに、正月七日前中宮の女房、わかなをつかはしたりけるをききて、よみてつかはしける

治部卿通俊

うらやまし雪のした草かきわけてたれをとふひのわかななるらん

うらやまし-ゆきのしたくさ-かきわけて-たれをとふひの-わかななるらむ


00014

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、わかなの歌とてよめる

源俊頼朝臣

かすか野の雪をわかなにつみそへてけふさへ袖のしほれぬるかな

かすかのの-ゆきをわかなに-つみそへて-けふさへそての-しをれぬるかな


00015

[詞書]正月廿日ころ雪のふりて侍りけるあしたに、家のむめををりて、俊頼朝臣につかはし侍りける

権中納言俊忠

さきそむる梅のたちえにふる雪のかさなるかすをとへとこそおもへ

さきそむる-うめのたちえに-ふるゆきの-かさなるかすを-とへとこそおもへ


00016

[詞書]返し

源俊頼朝臣

むめかえに心もゆきてかさなるをしらてや人のとへといふらん

うめかえに-こころもゆきて-かさなるを-しらてやひとの-とへといふらむ


00017

[詞書]むめの木に雪のふりけるに、うくひすのなきけれは、よめる

左京大夫顕輔

むめかえにふりつむ雪は鴬のはかせにちるも花かとそみる

うめかえに-ふりつむゆきは-うくひすの-はかせにちるも-はなかとそみる


00018

[詞書]永保二年二月きさいの宮にて、梅花久薫といへるこころをよみ侍りける

久我前太政大臣

かをる香のたえせぬ春はむめの花ふきくる風やのとけかるらん

かをるかの-たえせぬはるは-うめのはな-ふきくるかせや-のとけかるらむ


00019

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、梅花のうたとてよめる

大納言師頼

いまよりはむめさくやとは心せんまたぬにきます人も有りけり

いまよりは-うめさくやとは-こころせむ-またぬにきます-ひともありけり


00020

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、梅花のうたとてよめる

前中納言匡房

にほひもてわかはそわかむ梅のはなそれともみえぬ春のよの月

にほひもて-わかはそわかむ-うめのはな-それともみえぬ-はるのよのつき


00021

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりけるとき、よみ侍りける

大炊御門右大臣

むめの花をりてかさしにさしつれは衣におつる雪かとそみる

うめのはな-をりてかさしに-さしつれは-ころもにおつる-ゆきかとそみる


00022

[詞書]題しらす

上東門院和泉式部

むめかかにおとろかれつつ春のよのやみこそ人はあくからしけれ

うめかかに-おとろかれつつ-はるのよの-やみこそひとは-あくからしけれ


00023

[詞書]題しらす

藤原道信朝臣

さ夜ふけて風やふくらん花のかのにほふここちのそらにするかな

さよふけて-かせやふくらむ-はなのかの-にほふここちの-そらにするかな


00024

[詞書]題しらす

皇太后宮大夫俊成

はるの夜はのきはのむめをもる月のひかりもかをる心ちこそすれ

はるのよは-のきはのうめを-もるつきの-ひかりもかをる-ここちこそすれ


00025

[詞書]百首歌めしける時、むめの歌とてよませ給うける

崇徳院御製

春のよはふきまふ風のうつり香を木ことにむめとおもひけるかな

はるのよは-ふきまふかせの-うつりかを-きことにうめと-おもひけるかな


00026

[詞書]梅花夜薫といへるこころをよめる

源俊頼朝臣

むめかかはおのかかきねをあくかれてまやのあたりにひまもとむなり

うめかかは-おのかかきねを-あくかれて-まやのあたりに-ひまもとむなり


00027

[詞書]題しらす

右大臣

むめかかにこゑうつりせは鴬のなく一えたはをらましものを

うめかかに-こゑうつりせは-うくひすの-なくひとえたは-をらましものを


00028

[詞書]題しらす

仁和寺法親王(守覚)

梅かえの花にこつたふうくひすのこゑさへにほふ春の曙

うめかえの-はなにこつたふ-うくひすの-こゑさへにほふ-はるのあけほの


00029

[詞書]題しらす

権大納言実家

風わたるのきはのむめに鴬のなきてこつたふ春のあけほの

かせわたる-のきはのうめに-うくひすの-なきてこつたふ-はるのあけほの


00030

[詞書]中院にありける紅梅のおろしえたつかはさんと申しける、またのとしの二月はかり、花さきたるおろしえたにむすひつけて、皇太后宮大夫俊成もとにつかはして侍りける

大納言定房

むかしよりちららむやとのむめの花わくる心は色にみゆらん

むかしより-ちらさぬやとの-うめのはな-わくるこころは-いろにみゆらむ


00031

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、はるさめのこころをよめる

前中納言匡房

よも山にこのめ春さめふりぬれはかそいろはとや花のたのまん

よもやまに-このめはるさめ-ふりぬれは-かそいろはとや-はなのたのまむ


00032

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、はるさめのこころをよめる

藤原基俊

はるさめのふりそめしよりかたをかのすそ野の原そあさみとりなる

はるさめの-ふりそめしより-かたをかの-すそののはらそ-あさみとりなる


00033

[詞書]題しらす

和泉式部

つれつれとふれは涙の南なるを春の物とや人はみるらん

つれつれと-ふれはなみたの-あめなるを-はるのものとや-ひとはみるらむ


00034

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、さわらひをよめる

藤原基俊

み山木のかけののしたの下わらひもえいつれともしる人もなし

みやまきの-かけののしたの-したわらひ-もえいつれとも-しるひともなし


00035

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、はるこまのうたとてよめる

藤原清輔朝臣

みこもりにあしのわかはやもえぬらん玉江のぬまをあさる春こま

みこもりに-あしのわかはや-もえぬらむ-たまえのぬまを-あさるはるこま


00036

[詞書]堀河院御時、百首歌のうち、帰雁のうたとてよめる

源俊頼朝臣

春くれはたのむのかりもいまはとてかへる雲ちにおもひたつなり

はるくれは-たのむのかりも-いまはとて-かへるくもちに-おもひたつなり


00037

[詞書]帰雁のこころをよみ侍りける

左近中将良経

なかむれはかすめるそらのうき雲とひとつになりぬかへるかりかね

なかむれは-かすめるそらの-うきくもと-ひとつになりぬ-かへるかりかね


00038

[詞書]帰雁のこころをよみ侍りける

前右京権大夫頼政

あまつそらひとつにみゆるこしの海の浪をわけてもかへる雁かね

あまつそら-ひとつにみゆる-こしのうみの-なみをわけても-かへるかりかね


00039

[詞書]帰雁のこころをよみ侍りける

祝部宿禰成仲

かへるかりいく雲ゐともしらねとも心はかりをたくへてそやる

かへるかり-いくくもゐとも-しらねとも-こころはかりを-たくへてそやる


00040

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、はるのうたとてよめる

藤原季通朝臣

春はなほはなのにほひもさもあらはあれたた身にしむは曙のそら

はるはなほ-はなのにほひも-さもあらはあれ-たたみにしむは-あけほののそら


00041

[詞書]百首歌めしける時、春のうたとてよませ給うける

崇徳院御製

あさゆふに花まつころはおもひねの夢のうちにそさきはしめける

あさゆふに-はなまつころは-おもひねの-ゆめのうちにそ-さきはしめける


00042

[詞書]百首歌めしける時、春のうたとてよませ給うける

待賢門院堀川

いつかたに花さきぬらんとおもふよりよもの山辺にちる心かな

いつかたに-はなさきぬらむと-おもふより-よものやまへに-ちるこころかな


00043

[詞書]白川院はな御らむしにおましましけるに、めしなかりけれは、よみてたてまつり侍りける

京極前太政大臣

山さくらたつぬときくにさそはれぬ老のこころのあくかるるかな

やまさくら-たつぬときくに-さそはれぬ-おいのこころの-あくかるるかな


00044

[詞書]鳥羽院くらゐおりさせたまひてのち、しら河にみゆきありて花御覧しける日、よみ侍りける

花園左おほいまうちきみ

かけきよき花のかかみとみゆるかなのとかにすめるしら川の水

かけきよき-はなのかかみと-みゆるかな-のとかにすめる-しらかはのみつ


00045

[詞書]鳥羽院くらゐおりさせたまひてのち、しら河にみゆきありて花御覧しける日、よみ侍りける

徳大寺左大臣(于時左兵衛督)

よろつ代の花のためしやけふならんむかしもかかる春しなけれは

よろつよの-はなのためしや-けふならむ-むかしもかかる-はるしなけれは


00046

[詞書]近衛殿にわたらせたまひてかへらせ給ひける日、遠尋山花といへる心をよませ給うける

崇徳院御製

たつねつる花のあたりになりにけりにほふにしるし春の山かせ

たつねつる-はなのあたりに-なりにけり-にほふにしるし-はるのやまかせ


00047

[詞書]近衛殿にわたらせたまひてかへらせ給ひける日、遠尋山花といへる心をよませ給うける

法性寺入道前太政大臣

かへるさをいそかぬほとの道ならはのとかにみねの花はみてまし

かへるさを-いそかぬほとの-みちならは-のとかにみねの-はなはみてまし


00048

[詞書]寛治八年さきのおほきおほいまうちきみの高陽院の家の歌合に、さくらのうたとてよめる

中納言女王

山さくらにほふあたりの春かすみ風をはよそにたちへたてなん

やまさくら-にほふあたりの-はるかすみ-かせをはよそに-たちへたてなむ


00049

[詞書]寛治八年さきのおほきおほいまうちきみの高陽院の家の歌合に、さくらのうたとてよめる

藤原顕綱朝臣

花ゆゑにかからぬ山そなかりける心ははるのかすみならねと

はなゆゑに-かからぬやまそ-なかりける-こころははるの-かすみならねと


00050

[詞書]京極の家にて十種供養し侍りける時、白河院みゆきせさせたまひて、又の日歌たてまつらせ給ひけるによみ侍りける

京極前太政大臣

さくら花おほくの春にあひぬれと昨日けふをやためしにはせん

さくらはな-おほくのはるに-あひぬれと-きのふけふをや-ためしにはせむ


00051

[詞書]京極の家にて十種供養し侍りける時、白河院みゆきせさせたまひて、又の日歌たてまつらせ給ひけるによみ侍りける

後二条関白内大臣

はなさかりはるの山へをみわたせはそらさヘにほふ心ちこそすれ

はなさかり-はるのやまへを-みわたせは-そらさへにほふ-ここちこそすれ


00052

[詞書]京極の家にて十種供養し侍りける時、白河院みゆきせさせたまひて、又の日歌たてまつらせ給ひけるによみ侍りける

右衛門督基忠

さきにほふ花のあたりは春なからたえせぬやとのみゆきとそみる

さきにほふ-はなのあたりは-はるなから-たえせぬやとの-みゆきとそみる


00053

[詞書]毎朝見花といへるこころをよみ侍りける

中院右のおほいまうちきみ

たつねきてたをるさくらのあキふに花のたもとのぬれぬ日そなき

たつねきて-たをるさくらの-あさつゆに-はなのたもとの-ぬれぬひそなき


00054

[詞書]東山にはなみ侍りける日、よみ侍りける

右大臣

かりにたにいとふ心やなからましちらぬ花さくこの世なりせは

かりにたに-いとふこころや-なからまし-ちらぬはなさく-このよなりせは


00055

[詞書]十首のうた人のよませ侍りける時、花のうたとてよみ侍りける

前左衛門督公光

みな人の心にそむるさくら花いくしほ年にいろまさるらん

みなひとの-こころにそむる-さくらはな-いくしほとしに-いろまさるらむ


00056

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、花のうたとてよめる

左京大夫顕輔

かつらきやたかまの山のさくら花雲井のよそにみてや過きなん

かつらきや-たかまのやまの-さくらはな-くもゐのよそに-みてやすきなむ


00057

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、花のうたとてよめる

前参議教長

山さくらかすみこめたるありかをはつらきものから風そしらする

やまさくら-かすみこめたる-ありかをは-つらきものから-かせそしらする


00058

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、花のうたとてよめる

藤原清輔朝臣

神かきのみむろの山は春きてそ花のしらゆふかけてみえける

かみかきの-みむろのやまは-はるきてそ-はなのしらゆふ-かけてみえける


00059

[詞書]夜思山花といへるこころを

仁和寺後入道法親王(覚性)

よもすから花のにほひをおもひやる心やみねにたひねしつらん

よもすから-はなのにほひを-おもひやる-こころやみねに-たひねしつらむ


00060

[詞書]尋深山花といへる心をよみ侍りける

摂政前右大臣

さきぬやとしらぬ山ちにたつねいるわれをは花のしをるなりけり

さきぬやと-しらぬやまちに-たつねいる-われをははなの-しをるなりけり


00061

[詞書]尋花日暮といへるこころをよめる

源俊頼朝臣

くれはてぬかへさはおくれ山さくらたかためにきてまとふとかしる

くれはてぬ-かへさはおくれ-やまさくら-たかためにきて-まとふとかしる


00062

[詞書]花のうたとてよめる

道因法師俗名(敦頼)

花ゆゑにしらぬ山路はなけれともまとふは春の心なりけり

はなゆゑに-しらぬやまちは-なけれとも-まとふははるの-こころなりけり


00063

[詞書]賀茂社歌合とて人人よみ侍りける時、花のうたとてよめる

藤原公時朝臣

としをへておなしさくらの花の色をそめます物は心なりけり

としをへて-おなしさくらの-はなのいろを-そめますものは-こころなりけり


00064

[詞書]賀茂社歌合とて人人よみ侍りける時、花のうたとてよめる

藤原公衡朝臣

花さかりよもの山へにあくかれて春は心のみにそはぬかな

はなさかり-よものやまへに-あくかれて-はるはこころの-みにそはぬかな


00065

[詞書]春日社歌合とて人人よみ侍りける時、よめる

顕昭法師

よし野川みかさはさしもまさらしをあをねをこすや花のしら浪

よしのかは-みかさはさしも-まさらしを-あをねをこすや-はなのしらなみ


00066

[詞書]故郷花といへる心をよみ侍りける

よみ人しらす

ささ浪やしかのみやこはあれにしをむかしなからの山さくらかな

ささなみや-しかのみやこは-あれにしを-むかしなからの-やまさくらかな


00067

[詞書]日吉社の歌合とて人人よみ侍りける時、よめる

祝部宿禰成仲

ささ浪や志賀の花そのみるたひにむかしの人の心をそしる

ささなみや-しかのはなその-みるたひに-むかしのひとの-こころをそしる


00068

[詞書]花歌とてよめる

賀茂成保

たかさこのをのへの桜さきぬれはこすゑにかくるおきつ白浪

たかさこの-をのへのさくら-さきぬれは-こすゑにかくる-おきつしらなみ


00069

[詞書]花歌とてよめる

円位法師

おしなへて花のさかりに成りにけり山のはことにかかるしら雲

おしなへて-はなのさかりに-なりにけり-やまのはことに-かかるしらくも


00070

[詞書]花歌とてよめる

藤原為業(法名寂念)

芳野やまはなのさかりになりぬれはたたぬ時なきみねのしら雲

よしのやま-はなのさかりに-なりぬれは-たたぬときなき-みねのしらくも


00071

[詞書]毎春花芳といへるこころをよめる

源仲正

春をへてにほひをそふる山さくら花はおいこそさかりなりけれ

はるをへて-にほひをそふる-やまさくら-はなはおいこそ-さかりなりけれ


00072

[詞書]百首歌たてまつりける時、よみ侍りける

待賢門院堀河

しら雲とみねのさくらはみゆれとも月のひかりはへたてさりけり

しらくもと-みねのさくらは-みゆれとも-つきのひかりは-へたてさりけり


00073

[詞書]百首歌たてまつりける時、よみ侍りける

上西門院兵衛

花の色にひかりさしそふはるの夜そこのまの月はみるへかりける

はなのいろに-ひかりさしそふ-はるのよそ-このまのつきは-みるへかりける


00074

[詞書]歌合し侍りける時、はなのうたとてよめる

太宰大弐重家

をはつせの花のさかりをみわたせは霞にまかふみねのしら雲

をはつせの-はなのさかりを-みわたせは-かすみにまかふ-みねのしらくも


00075

[詞書]歌合し侍りける時、はなのうたとてよめる

藤原範綱

ささ浪やなからの山のみねつつきみせはや人に花のさかりを

ささなみや-なからのやまの-みねつつき-みせはやひとに-はなのさかりを


00076

[詞書]十首歌人人によませ侍りける時、花のうたとてよめる

皇太后宮大夫俊成(法名釈河)

御よしのの花のさかりをけふみれはこしのしらねに春かせそふく

みよしのの-はなのさかりを-けふみれは-こしのしらねに-はるかせそふく