十二問答

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教

じふもんだふ

〈この問答の問者は禪勝房或は隆寛律師なりと云ひ所傳判然せずと雖も十二問答中第三、第五、第六、第十、第十二の五問答は勅傳第四十五巻に禪勝房との問答として載す〉


【一】とひていはく、「はつしうしうほかじやうしうをたつるこというでうかなとしうひとまをしさふらふをば、いかゞまをさふらふべき」

こたふ、「しうたつることは、ほとけせつにあらず。みづから心ざすところのきやうげうにつきて、そのをしゆるをさとりきはめて、しうをばはんずることなりしよしうならひみなもてかくのごとし。いまじやうしうをたつることじやうしやうきやうにつきて、わうじやうごくらくをさとりきはめてをはしますせんだつの、しうをばたてたまへるなりしうのをこりをしらざるものゝやうことまをさふらふなり

【二】とひていはく、「ほつしんごんとうをば、ざふぎやうにはいるべからずとひとまをしさふらふをばいかゞこたへさふらふべき」

こたふ、「しんせんとくいちだいしやうげうえうもんをあつめて『わうじやうえうしふ』をつくりたまへるなかじふもんをたつ。そのだいわうじやうしよごふもんほつしんごんとうしよだいじようきやうをいれたまへり。しよぎやうざふぎやうことばことにしてこころおなじ。いまのなんじやしんせんとくにまさるべからざるものなり

【三】とひていはく、「ぶつきやうにつきて、ぜんごんしゆせんひとけちえんじよじやうさふらはんことざふぎやうまをしさふらふべきか」

こたふ、「わがこころみだほとけのほんぐわんじようけつぢやうわうじやうしんをとるうへえには、ぜんごんけちえんじよじやうせんことは、またざふぎやうになるべからず。わがわうじやうじよごふとなるべきなりぜんごんずゐさんだんせよとしやくたまへるをもてこころうべきことなり

【四】とひていはく、「ごくらくほんしやべつさふらふおんことは、あみだほとけのかまへさせたまへることにてさふらふやらん」

こたふ、「ごくらくほんみだほんぐわんにあらずじふはちぐわんなかにもなし。これはしゃくそんきやうごんなりぜんにんあくにんいつしよにむまるゝといはゞ、あくごふのものどもまんしんををこすべきがゆへにほんしやべつをあらせて、ぜんにんじやうぼんにすゝみ、あくにんぼんにくだるとときたまへるなり。いそぎまいりてみるべし」

【五】とひていはく、「かいぎやうじやねんぶつへんのすくなくさふらはんと、かいぎやうにんねんぶつへんのおほくさふらはんと、わうじやうのちくらゐせんじん、いづれかすゝみさふらふべきや」

こたふ、「すわりてましますたたみををさへてのたまはく、このたたみのあるによりてこそ、やぶれたるか、やぶれざるかといふことはあれ。つやなからんたゝみをば、なにとかろんずべき。まつぽふなかにはかいもなくかいもなし。たゞみやうびくばかりありと、でんげうだいの『まつぽふとうみやう』にかきたまへるうへには、なにとかいかいさたをばすべきぞ。かゝるひらぼんのために、をこしたまへるほんぐわんなればとて、いそぎみやうがうしようすべし」

【六】とひていはく、「ねんぶつぎやうじやにちべつしよにをいて、こゑをたてゝまをひとさふらふまたこころねんじてかずをとるひとさふらふ。いづれかよくさふらふべき」

ことふ、「それはくちにてとなふるもみやうがうこころにてねんずるもみやうがうなれば、いづれもわうじやうごふとはなるべし。たゞしほとけほんぐわんは、しようみやうぐわんなるがゆへに、こゑをたてゝとなふべきなり。このゆへにきやうには「こゑをしてえざらしめじふねんそくす」ととき、しやくには、「みやうがうしようし、しもじつしやういたる」とのたまへり。みみにきこゆるほどかうしやうねんぶつにとるなり。さればとてげんをしらず、かうしやうなるべきにはあらず。たいこゑいださんとおもふべきなり

【七】とひていはく、「にちべつねんぶつへんさうぞくにいるほどはいかゞはからひさふらふべき」

こたふ、「ぜんだうおんしやくによるに、いちまんじやうさうぞくにてさふらふべし。ただいちまんべんをもいそぎまをして、さてそのをくらさんことはあるべからず。いちまんべんなりとも、いちにちいちしよとすべきなりそうじてはいちじきあひださんばかりおもひいださんは、よきさうぞくにてあるべし。それはしゆじやうこんじやうどうなれば、いちじゆんなるべからず。こころざしだにふかければねんさうぞくはせらるゝなり

【八】とひていはく、「『らいさん』のじんしんなかには、『じつしやういつしやうかならわうじやうないいちねんしんあることなし』としやくし、またしよ』のじんしんなかには、『ねんてざる、これしやうぢやうごふづく』としやくたまへり。いづれかわがぶんには、おもひさだめさふらふべき」

こたふ、「『じつしやういつしやう』のしやくねんぶつしんずるやう、『ねんてざる』のしやくねんぶつぎやうずるやうなり。かるがゆへにしんをばいちねんにむまるととりて、ぎやうをばいちぎやうにはげむべしとすゝめたまへるしやくなりまたたいは、『ひとたびほつしんしていごちかひてしやうをはるまでたいてんあることなく、ただじやうもつとなせ』のしやくとすべきなり

【九】とひていはく、「ほんぐわんいちねんは、じんじやうにも、りんじゆにもともにつうさふらふべきか」

こたふ、「いちねんぐわんはいのちのつゞまりて、ねんにをよばざるのためなりじんじやうつうずべくば、じやうじんいちぎやうしやくあるべからず。このしやくをもてこころうるに、かならずしもいちねんほんぐわんといふべからず。『ねんてざるこれしやうぢやうごふなづく。ほとけぐわんじゆんずるがゆゑに』としやくたまへり。このしやくへんつもらんも、ほんぐわんとはきこえたれば、たゞほんぐわんにあふそくどうなれば、『かみいちぎやうつくしもいちねんいたる』とをこしたまへるほんぐわんなりこころうべきなり。かるがゆへにねんぶつわうじやうぐわんとこそぜんだうしやくたまへ」

【十】とひていはく、「りきりきことはいかがこころさふらふべき」

こたふ、「げんくうでんじやうへまいるべきりやうにてはなけれども、かみよりめせばにどまでまいりたりき。これはわがまいるべきしなにてはなけれども、かみおんちからなり。ましてあみだほとけのおんちからにて、しようみやうぐわんにこたへて、らいかうせさせたまはんことは、なんのしんかあるべき。わがつみをもくてむちなれば、ほとけもいかにしてかすくひたまはんなどおもはんものは、つやつやほとけぐわんをしらざるものなり。かゝるざいにんどもを、やすとたすけすくはんれうに、をこしたまへるほんぐわんみやうがうをとなへながら、ちりばかりもうたがふこころはあるまじきなりじつぱふしゆじやうのことばのなかに、うちむちざいざいぜんにんあくにんかいかいなんによにんさんぽうめつじんのちひやくさいまでのしゆじやうみなこもるなり。かのさんぽうめつじんときねんぶつしやと、たうばうたちとくらぶればたうばうたちほとけのごとし。かのときひとのいのちはたゞじつさいなりかいぢやうさんがくたゞをだにもきかず。そうじていふばかりなきものともの、らいかうにあづかるべきだうをしりながら、わがのすてられまいらすべきさまをば、いかにしてかあんいだすべき。たゞごくらくのねがはしくもなく、ねんぶつまをされざらんことのみぞ、わうじやうのさはりにてはあるべけれ。かるがゆへにりきほんぐわんともいひ、てうぐわんともいふなり。」

【一一】とひていはく、「じやうとうさんじんさふらふべきさまをば、いかゞおもひさだめさふらふべき」

こたふ、「さんじんすることは、たゞべつやうなし。あみだほとけのほんぐわんに、わがみやうがうしようねんせば、かならずらいかうせんとおほせられたれば、いんぜふせられまいらせんずるぞと、ふかくしんじてこころねんくちしようするにものうからず。すでにわうじやうしたるここして、さいいちねんにいたるまでたゆまざるものは、ねんさんじんそくするなりまたざいものどもは、これほどまでおもはざれども、たゞねんぶつまをものごくらくにむまるなればとて、つねにねんぶつをだにもまをせば、そらにさんじんそくするなり。さればこそいふにかひなきものどものなかにも、しんめうなるわうじやうをばすることにてあれ」

【一二】とひていはく、「りんじういちねんは、ひやくねんごふにすぐれたりとまをすは、へいぜいねんぶつなかに、りんじういちねんほどのねんぶつをばまをしいだしさふらふまじくさふらふやらん」

こたふ、「さんじんそくねんぶつは、おなじことなり。そのゆへは、くわんぎやうにいはく、『さんじんするものかならくにしやうず』といへり。ひつもんのあるゆへにりんじういちねんとおなじことなり

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。