利用者:Sat.d.h./草稿:側註

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
側註
Wikisourceで側註を使うときのガイド

Page名前空間上の側註[編集]

Page名前空間上の側註付きページには全て、{{sidenotes begin}}をヘッダー部に{{sidenotes end}}をフッター部に追加してください。これを実現するのに最も簡単な方法は、Indexページのヘッダーとフッターにテンプレートを追加することです。

底本では側註は本文の外側に印刷されています。Page名前空間でもこれを再現してください。使用するテンプレートは、左側用の{{outside L}}と右側用の{{outside RL}}です。または、{{left sidenote}}を左側に{{RL sidenote}}を右側にお使いください。

Main名前空間上の側註[編集]

以下の表では、ダイナミック・レイアウトに応じてMain名前空間上(作品閲覧用のページ)の側註がどのように表示されるかを説明します。

outsideテンプレート sidenoteテンプレート
レイアウト1
(標準設定)
左余白の外側に表示 文章左側のボックス内に表示
レイアウト2 左余白に左揃えで表示 左余白に右揃えで表示
レイアウト3 左余白の外側に表示 右余白の灰色ボックス内に左揃えで表示

"outside"をご利用になる場合は、正しく表示させるために{{default layout|Layout 2}}を、側註を含むMain名前空間の各ページを追加する必要があります。

"sidenote"テンプレートの場合は、お好きなレイアウトがご利用になれます。

関連項目[編集]

Help:レイアウト