テンプレート:Sidenotes end

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

概要[編集]

{{Right sidenote}}および{{Left sidenote}}テンプレートは、脚註ではなく、文章の側註を作成するために使用します。

これらのテンプレートは、動的レイアウトに対応しているため、註の表示方法はレイアウトに依存します。CSSのプロパティは self.ws_layouts にて規定されます。

使用法[編集]

  • Page名前空間では、{{Sidenotes begin}}をページのヘッダー部に、{{Sidenotes end}}をフッター部に置き、余白を作ります。(註:CSSスタイルプロパティがIndexページからインポートされるため、これらのテンプレートは将来消滅します)
  • Main名前空間では、もはや必要ありません。

{{Right sidenote}}は文章の右部に側註を作るために使用します。

引数一覧
引数 必要性 定義 初期値
1 必須 右側に表示させる文章。場合によってはウィキマークアップも含みます。
2 任意 註のCSSスタイル

{{Left sidenote}}は文章の左部に現れる側註を作るために使用します。

引数一覧
引数 必要性 定義 初期値
1 必須 左側に表示させる文章。場合によってはウィキマークアップも含みます。
2 任意 註のCSSスタイル


実例:

  • en:The Solar System/Chapter 1 (さまざまなレイアウトに変更して、註がどのように表示されるか確かめてみてください)