利用者:Gminky/昭和10(れ)1286

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

貯蓄銀行法違反被告事件

主文[編集]

本件上告ハ之ヲ棄却ス

理由[編集]

盛岡地方裁判所 検事正 田口環 上告趣意書 原判決ハ 被告會社カ 主務大臣ノ 免許ヲ 受ケスシテ 昭和九年九月頃ヨリ 昭和十年四月頃迄ノ 間 前後 数百回ニ 亙リ 岩手縣下閉伊郡宮古町 及 其ノ附近ニ 於テ 遠藤忠吉 外 四百數十名ト 一口 三十圓ノ 出資金契約ヲ 結ヒ 同人等カ 三百日間 毎日 金十錢宛ヲ 會社ニ 拂込ムトキハ 年七分ノ 利子ヲ 給シ 解約ノ 際 出資金ハ 之ヲ 返還スル 事ヲ 約シ 約旨ノ 期間内ニ 於テ 約旨ノ 如ク 金銭ヲ 受入レ 以テ 貯蓄銀行業ヲ 營ミタリトノ 公訴事實ニ付 「法人ニ 在リテハ 自然人ニ 於ケルカ 如キ 法人 固有ノ 行爲ナキハ 勿論 法人ノ 行爲ヲ 以テ 目スへキ 其ノ 代表者ノ 行爲ニ 付テモ 法人ヲ 處罰スルニハ 特ニ 明治三十三年 法律 第五十二號ノ 如キ 規定 存スル場合ニ 限ルへキニ 貯蓄銀行法 第十八條ニ 該當スル 犯罪ニ 付テハ 斯ル 規定 存セス 従テ 本件 公訴事實ハ 結局 被告會社ニ付 罪ト 爲ラス」トノ 理由ヲ 以テ 無罪ノ 言渡ヲ 爲シタリ 推フニ 本件 公訴事實ハ 被告會社ノ 代表者カ 第一、二審ニ 於テ 之ヲ 自白スルトコロナルノミナラス 其ノ他ノ 證據ニヨリ 其ノ 證明 十分ニシテ 原判決 亦 之ヲ 肯定シタルモノト 認メラル 問題ハ 唯 本件 無免許營業ニ付 何人ヲ 處罰スへキヤノ 一點ニ 存ス 而シテ 原判決ハ 會社ヲ 處罰スへキニ 非スト 爲スモノナリ 然レトモ 第一、本件 貯蓄銀行業ヲ 營ミタル 行爲ハ 被告會社ノ 行爲ニシテ 代表者 伊藤幸一 又ハ 其ノ他ノ 個人ノ 行爲ニ 非ス 何トナレハ (一)被告會社ハ 「一般金錢貸付商法ニヨリ 匿名組合出資受入有利事業投資 及 一般代理業 右ニ 附帯スル 一切ノ 業務」ヲ 目的トシテ 昭和八年十二月七日 適法ニ 設立セラレタルモノナルコト(記録 第五十二丁)(二)右出資金契約ヲ 結ヒ 金銭ノ 受入ヲ 爲シタルハ 被告會社ノ 營業資金ヲ 充當セシムル 爲ニシテ 総テ 同會社名義ヲ 以テ 爲サレタルコト(第一審 公判調書)(三)右金銭ノ 受入ハ被告會社ノ 計算ニ 於テ 魚サレタ戸コト(詮第一競) 一依リテ之ヲ観レプ石契約ノ締結及金銭ノ受入 ハ 客 観的品川被告曾枇ノ業務-一闘でプ峰崎サレタ ル 行魚ト認メラレ主観的-一川被告會社一枇ノ急ニス ル 意思ヲ以 テ矯サ レ タ ル モノナ ル コトヲ窺プ-一足リ代表者伊藤幸一及其ノ他ノ個人川右被告舎枇ノ業務-一関輿 レ タ ル ニ一過キスシテ同人等カ個人ノ管業ト uv ア矯ジタ ル 毛ノトニ附メ難 uv 然 47ρ 則チ同人等個人品川此等ノ行魚-一付民事上ア勿論刑事上ニ於アモ何等責任ヲ負 ハ シムへキニ非スシア被告舎枇白樫-一於テ正 ニ之ヲ負携スへキ会責任ア ル モノト断セサ ル へカラス第二、法人ノ犯罪能力ニ付ア ハ 法人ノ本質-一闘 ス ル 見解如何-一依 9 所論ヲ異-一スへク之ヲ消極ニ解『 ハル ヲ以-プ、通説トナスモノノ如シト雄昭和二年法 律第二十四鋭ヲ以-プ貯蓄銀行法ニ改正ヲ加でフレジ以前ニアリア ハ 同法第二十一一候第一一頃銀行燦例第 十僚ノニニ依 9 大蔵大臣ノ認可ヲ受ケスシア貯蓄銀行ノ事業ヲ管ミ而モ共ノ管業主法人ナ ル トキ ハ 法 人ノ代表者ヲ五千回以下ノ罰金-一慮ストノ規定アリシ-一反シ現行法-一アリノア ハ 右ノ如キ代表者慮罰ノ 規定ヲ削除シ草-一 「:::タ ル 者 ハ 五千回以下ノ罰金ニ慮ス」ト規定シ共ノ改正ノ趣旨ニ於ア嘗然法人 ヲ慮罰ス ル ノ法意ナ ル コト寒-一明瞭ナリ鍛-一自然人カ非合法的-一命一回枇ノ存在ヲ俄袋ス ル 等ノ手段-一依 リ此ノ法規-一連背ス ル 場合アヲトス ル モソ川殆ト例外的稀有ノ場 ハE 一回燭シ原則的-一川法人ノ存在ヲ前 提トス UF 場合ヲ普通トスへク殊ニ貯蓄銀行法第十八僚カ法定刑トシア法人ニ一野シ執行可能ナ ル 罰金刑 ノミヲ選ヒタ ル ニ徴ス ル モ新法ノ改正-一蛍 リ ノア ハ 先ヅ法人犯罪能力ノ存在ヲ肯定ぞプ立案セラレタ ル モノト解スへキナリ第一ニ.般ニ法人ノ犯罪能力ヲ否定ス ル ヲ通説トジア之ニ接 ル トス ル モ個人ノ違反 行局局ニ付法人ヲ慮罰ス ル コトノ立法上可能ナ ル コト ス 疑ナキトコロニシア明治三十三年法律第五十二 競ノ如キ川此ノ貼ヲ最モ明示セ ル 法規ナリ貯蓄銀行法第十八僚違反ノ界-一付右法律ノ如キ法人慮罰ノ明文規定ナキプ淘ニ原判決判一不ノ如クナレトモ(一)法人ノ慮罰ニ付ア一必シモ直接法規上ノ明文ナU トス ル モ他ノ規定ヨリ推瑚シテ法人慮罰ノ趣旨ヲ論定ジねへク又法律ノ規定ス ル 事物ノ本質-一基キ -プ同様ノ結論-一到達ス ル コトヲ妨ケサ ル へシ大正二年十一月五日御院判例(判決録第十九輯第一一一一 四頁)カ「刑法第三十八燦第一項但書ニ所謂特別ノ規定ア戸場合ト ハ 必スシモ明文ヲ以ア犯意ノ有無ニ 拘-フス慮罰ス ル 旨ヲ規定ジタ ル 相場合ノミヲ謂アユ非ス苛モ法令ノ規定-一してプ共ノ趣旨ヲ窺ア-一足 ル 以 上川特別ノ規定ア ル 場合-一外ナラス」ト判示セラレタ戸カ如キ ハ 共ノ事例コソ異ナレ一ニ此ノ問ノ理 ヲ明-一セラレタ ル モノ-一外ナラスト信ス而ジテ (二)銀行法及貯蓄銀行法改正ノ沿革右第二ニ迷へシ トヨロノ如キ関係-一在 ル ト (一二) 一一両信法ニア?? ハ 銀行又 ハ 貯蓄銀行ノ業務 ρ 何 レ モ個人モ之ヲ符 ムヨトヲ得タ wル ニ反シ現行法ニアリア ハ 何 レ モ個人ニ之カ都内業ヲ詐サス必ス株式合同枇-一限 ル ヨトト魚 uv タレ川原則トじてプ共ノ枇営業主刀法人ナ炉ヘキカ故-一違反行免モ亦法人ノ業務-一闘ス ル 場会多カ ル へ キコト明ナ ル ニモ不拘翠-一 「:;・ス ル 者 ハ 云んこトノ規定ヲ泣キタ ル コト及(四)貯蓄銀行法第二十 二僚ニ所謂「貯蓄銀行業ヲ轡ム者-一月云ムヤ」トア ルハ 明-一個人-一関ス ル 規定-一非スシテ業務主臆タ ル 法人共ノ者ヲ意味ス ル ヨト等ヲ綜 ハ 口考察ス レρ 同法第十八僚 「主務大臣ノ免許ヲ受ケスジア貯蓄銀 行業ヲ管ミタ ル 者月五千回以下ノ罰金-て庭ス」ト規定セ ル モ亦個人カ株式會社一枇名義ヲ冒用シ又二単純 -一営業シタ ル トキハ勿論共ノ個人ヲ慮罰スへク適法-一設立セラ レ タ ル 舎枇カ共ノ業務-一関ジ無免許-一 テ貯蓄銀行業ヲ管ミタ ル トキ ハハi ハノ令枇白樫ヲ罰ス UルJ 法意ナ ル コト明ナリ般-一若シ法人ヲ慮罰ス ルヨトヲ符スト解ス戸ニ於-プケ命H一枇カ同法第四候第二項ニ違反シタル場ハI-一於アモ亦同法第二十僚ノ制 裁ヲ菟ルルノ不ハ口理ヲ生スル ニ至ル へク彼此綜人口考究スル ニ於-プハ 法人慮罰ノ法意盆明瞭ナルモノア ヲト断セサルヲ得ス果UV4プ然ラJハ 被告令枇-一封シテハ 右法僚ヲ遁用ジア有罪ノ判決ヲ矯スへキニ不拘 原判決カ草ニ法人慮罰ノ明文ナシトノ開由ノ下ニ轍ク本件公訴ノ事賀川一結局被背會社一枇ニ付罪ト魚-アス ト論断わてプ無罪ノ言渡ヲ居muvタルρ 不常ニ法律ヲ適用セサルノ違法アルモノト謂ハ サル へカラス以上 ノ理由-一依リ原裁判所ノ圭一日渡ジタル無罪ノ判決ヲ破段スル裁判相成度侠也ト謂ヒ」被告人昭和金融株 式入WH枇肱川護人工藤一蹴造小森廿明治郎答錠41H要回け月第一、現行法上法人ノ刑事責任ハ 法律上特ニ規定ア ル場合-一限ル ヘキモノニジア貯蓄銀行法第十八侠ノ犯罪ニ刀明治三十三年法律第五十二披ノ趨用ナキ カ故デ會社枇ヲ庭罰スルヲ符ス第二、本件ノ行魚川ハハ明日一枇白煙ノ行魚-一非スシア共ノ代表者又ハ 使用人ノ 行免ニ外ナラサルカ故ニ合枇ヲ罰スへキモノニ非ス第三、現行法カ奮法ヲ改正レタル刀法人慮罰ノ規 定ヲ削除シタル趣意ト解スへク又本法カハWH枇ヲ世処罰スへキモノトスレハ 罰金不完納ノ場合-一如何ナル 成分ヲ魚スへキカ共ノ底分法ヲ定メサルカ故-一本法川合祉慮罰ノ趣旨-一非サルモノト解セサル へカラ ス第四、刑罰法規ノ解稼-一ハ 類推ヲ許ササルカ故-一上合論肯第三知弔問由ナジ以上ノ理由ナルヲ以ア 原判決カ被告會社枇-一無罪ヲニ一一ロ波シタルハ正常ナリト謂フニム牝リ何4プ上告趣意書-一就テ之ヲ審案スル -一第一法人カ一定ノ業務ノ主位タル っトヲ得UFハ 現行法令ノ解稽上何等疑問ノ存セサル所ナ内ノト錐モ法人ノ代表者共ノ他ノ従業者カ法人ノ業務-一闘ジ犯則行愈ヲ矯シ タル場合ニ於テ法人ヲ以テ右反則行局ノ主臆ナリト危UJ営然之-一封わてプ刑罰制裁ヲ科スル ヨトヲ得ル ヤ否ヤご別個ノ問題ユジア我現行刑罰制裁法令ノ解畑作トシテ川本間ヲ否定スルヲ通説トジ本院判例亦 此ノ通説占二致スル所ナリ而UJ4プ本件-一付所論ノ事官闘係アリトセ川被品目令枇ヲ以4プ所論業務ノ主臆 ナリト認ムル -二足レリト雌モ之カ魚蛍然-一同ハWH一枇-一刑事責任アリト断定スWFハ 失嘗タルヲ免レサルモ ノトス 第二法人ニ犯罪行結局能力アリヤ否ユ付テ川所論ノ如ク見解ノ一致セサルトゴロナリト雄モ我現行法ノ 解糖トジ-プハ 之ヲ否定スヘク若ジ法人ノ機関タル自然人カ法人ノ名義国一於テ犯罪行魚ヲ匁ス場合-一於 -プ二失ノ自然人ヲ慮罰ス戸ヲ以テ正蛍ト魚スへキゴト夙ニ本院判例ノ宣明スル所ナリノ蓋ジ我現行刑法 カ向然意瓜ヲ有スUF責任能力者ノミヲ以ァ刑罰ヲ科セラル へキ行魚ノ主鰭ナリト認ムルρ 同法第三十 八僚乃至第四十一一傑ノ規定-一徴スルモ疑ヲ容レサルノミナラス明治三十三年法律第五十二競共ノ他特 別法令ノ罰則中法人ヲ慮罰スル規定-一在ヲテモ最モ多ク刀法人自慢ノ犯則行峰崎ヲ認メス従業者ノ犯則 行結局ニ付テ罰則ヲ法人二週用スへキ趣旨ヲ明示スル -一依ヲア之ヲ考察スル モ我現行刑事制裁法令ノ大 系山法人ノ犯罪行篤能力ヲ否定スルモノナル コトヲ知ル -一難カラサルカ故-一役上本院判例ノ趣旨ハ 特ニ明白ナWF根擦ノ存スル-一非サレ川反針ノ解縛ヲ・容ルル毛ノニ非ス而シア貯蓄銀行法第十八僚ノ規定ご明治二十三年法律第七十三競貯蓄銀行僚例第九候ノ規定ユ劃態ス ル モノニシア法人ヲ慮罰セサ ル コ トヲ明カユセサ ル 勲二於テ後者ト異ナ ル 所アリト雛毛並ハノ法文自鰹-一依 9 -プ喜屯法人ノ犯罪行魚能力 ヲ認ム ル 趣旨ヲ明カニセサ戸ノミナラス北ハノ他ノ規定-一於アモ此趣旨ヲ啓一不ス ル モノト認ム Wル --口北 ル へキ所ナキカ故ニ同僚ノ規定 ハ 刑法第八僚本文ニ依?刑法線則ノ精神ニ従-プ之ヲ解明伴ス ル ヲ営然ナ, トス乃チ同僚ノ規定内自己ノ矯-一ス ル ト他人ノ結局-一ス ル トヲ問 ハ ス免許ヲ受ケスシア貯蓄銀行業ヲ管 ム事賃行結局者ヲ慮罰ス ル 毛ノニシテ法人ノ犯罪能力ヲ認メ之ヲ成罰ス ル ノ趣旨ヲ含蓄ス ル モノニ非ス ト解スへキ毛ノナヲトス加之一定ノ業務ニ関ジ事犯アヲタ ル 場 ハ 口ニ於ア其ノ業務主ヲ庭罰ス ル ト代表 者共ノ他ノ従業者ヲ事費行魚者トシア慮罰ス ル ト何 レ カ取締上最モ有数ナ ル カニ付ア川見解ノ岐 ルル 所ニシテ我現行ノ業務取締法令ノ罰則カ此黙ニ関シ統一ヲ候ケ ル モ亦会ク之カ結局-一外ナラス而シア刑 罰 ハ 之ヲ犯罪行魚者ニ封シテ科スへク其ノ他ニ及ホスコト無キ ハ 刑法上ノ根本原則ナ ル カ故ニ之カ例 外ヲ認ム ル -一一付ア ハ 解懇上明白ナ ル 根擦無カ ル へカラス彼ノ保険業法カ主ハノ第九十七僚-一於-プ貯蓄銀 行法第十八僚ト同様ナ ル 規定ヲ設ケタ ル ニ拘ラス命後ノ改正法律ヲ以-プ第百僚ノ二ヲ新設ジア明治三 十三年法律第五十二競ヲ準用ス ル ニ至レ ル カ如キ叉以-プ主ハノ用意ノ存ス ル 所ヲ窺知ス ル -一足 ル へジ然 市二一貯蓄銀行法ニ在 リ ノア ハ 第十八僚ニ於ア刑罰規定ヲ存ス ル ニ止 リ ノ而毛同僚ノ規定-一依 リ ノア ハ 事賃行 縮局者ヲ罰ス ル ヨトヲ得 ル -一週キサ ル コト前貼-一一説明ジタ ル カ如グニシア別ニ事賃行渦局者以外ノ者ヲ慮罰スへキ特別規定タルノ趣旨ヲ窺アニ足ル へキモノナキカ故ニ之カ解蒋上教上根本原則ノ例外ヲ認ム ル二週セサル モノトス若ジ夫レ同僚ノ制裁カ罰金刑ノミニ限ラルルゴトρ筈法ト異ナル所ナキカ故ニ 反封解稼ニ・資スwル -一ロモフサル3ト明白ナリ

第三 刑法ノ 原則ニ 對スル 例外ヲ 認ムルハ必スシモ 特定ノ 明文アルコトヲ 要スルモノニ 非ス 當該法令 ニ 於ケル 刑罰規定ノ 法意ニ 依リ 明カニ 其ノ 趣旨ヲ 認メ 得ルヲ 以テ足ルコト 所論ノ 如シト 雖モ 貯蓄銀行法ノ 刑罰規定ニ 依リテハ 例外的解釋ヲ 爲スへキ 根據ナキコト 既ニ 前二點ニ 於テ 説明セル 所ナリ 而シテ

貯審銀行業ヲ合法的ニ管ミ符ル主鵠カ株式合一枇ニ限ラルルヨト月潟リ現行法ニ於アノミ然ル -一非スジ テ貯蓄銀行保例第二候ニ於アモ亦同様ニジテ而モ菟許ヲ受ケスシア非合法的ニ貯北品川銀行業ヲ管ムノ主 拙版ト魚”ノ符ル者ハハ口法的ノ主牒ト共ノ範間ヲ異ニスル コト亦新禁法ノ問-一差異ヲ存セサルカ故ニ反劃解稼ノ根接ヲ此間二本メントスルハ非ナリ叉貯蓄銀行法第二十二候及第二十傑ハ刑罰制裁ヲ規定スル モノニ非スジア刑法原則ニ従プへキモノニ非サルカ故ニ彼此混同スルハ失常ナリノ

要之 論旨ハ 孰レモ理由ナキモノニシテ 原判決カ 本件公訴事實ニ付 被告會社ニ 對シ 無罪ノ 言渡ヲ 爲シタルハ 正當ナリ 論旨 理由ナシ

右ノ 理由ナルヲ 以テ 刑事訴訟法 第四百四十六條ニ 則リ 主文ノ 如ク 判決ス

検事 秋山要 關與