利用者:正信方

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • [昭和天皇:人間宣言]
  • [デンツィンガー・シェーンメッツァー資料集] それの資料集のNo._3352番。
  • 校本『どちりなきりしたん』小島幸枝-編、版権所有有。一応メモ留め通しに。自分で容易に読めるように漢字替えしたものです、それで全くは小島さんの編集版権がある本文と同じでは無い。現わしただけである。ここから試訳口語言葉替えする。赦され無かったら撤去も已む無し。

1.ページ

1.DOCTRINAじょ
2.をんあるじゼズ・キリストのございせのあいだみでしたちのたまをし
3.をきたまことなかとりはきなんだちをしたまことなんだち
4.にをしへけるごといっさいにんげんごしょうたすかるまことみち
5.みちまことをきてをひろめよとのをんことなりこれまたすなわちがくしゃ
6.たちをけのたまごとみっつのきはまるなり
7.ひとつにはしんたてまつるべきことふたつにはたのもしくぞん
8.たてまつるべきことみっつにはつとおこのうべきみもちをもっつと

2.ページ

1.べきことこれなりしかるしんたてまつるべきだいもくことふはじんち
2.をよだうりうへなるなれば、Fidesふのぜんにあたるものなり
3.これにんげんふんべつおよばぬことなりこれらことらずばわきま
4.ずんばごしゃうみちまよことおおかるべし。またたのもしくおも
5.こととはEfperanc,aふのぜんたることなりこれすなわちキリシタン
6.にDeusよりをんやくそくってキリシタンにあたたまふべきごしょうあた
7.ほどしとをんやくそくことなりこのEfperanc,aなくばこれら
8.らずんば、なんぎあうべきときたのところなしとおもひてちから

3.ページ

1.とすこころうしなふこともあるべし。これまたAnimaおおきなるさはなり
2.さてつとをこなふみもちをってつとむべきこととはCharidade
3.とたいせつぜんあたことなりこれらぎことこころえざれば、
4.デウスをんおきてをたびゝゞそむことたびゝゞあるべし、これゆえ
5.それによってこのみっつのぜんはにあたことはキリシタンのためもっぱ
6.なるなればなりかかるがゆえがくしゃられしたるぜんにんたち
7.これらついあまたきゃうかきおきたまものなりいまそ
8.のうちよりにかんようなるところえらびとりてはんひらりばめ

4.ページ

1.まよひをらすかがみものなりしかればキリシタンにごしょうもっぱ
2.らなることごしょうためもっぱらなることをキリシタンにをしへんため
3.Compa/nhiaSuperiorめいけてつかさよりこのしょうきょうあみた
4.ちいさききょうそなたまものなりなづけてDoctrina Chrift^u(n)う。
5.これすなはちキリシタンのをしへとこころなりじょうげばんみん
6.たやすこのむねしらしめんがためことばぞくみみちかく、
7.Deusたかことはりをあらはすてんめいのそこをきはむるものなり
8.これによってことはりをすみやかにわきまへんがためXi.de.もんだう

5.ページ

1.としてしめしてつらぬるものなりこれされば+ドチリイナはいっさいのキリシタン
2.のちゑまなこあきらむるををしためあんじんけっちょういちどうなればたれ[し]も
3.ならわきまへって、これわきまへんことせんようなりしかるにひては、
4.まよひのやみのがまことみちひかりもとづくべし。

6.ページ

もくろく
  • 第一、キリシタンとふはなにごとぞといふこと
  • 第二、キリシタンのしるしとなるたっとCruzこと
  • 第三、PATER NOSERORATIOしゅとうぶんこと
  • 第四、Ave Mariaこと
たっとVirgen Mariaのロザイロとて百五十ぺんオラショこと
をんよろこびのくはんねんごかでうこと
かなしみのくはんねんごかでうこと
GLORIAくはんねんごかでうこと
ころはのおらしょのこと
  • 第五、Salve Reginaこと
  • 第六、CREDOならびにFides Artigoこと
  • 第七、DEUSをんをきとうMADAMENTOSこと
  • 第八、たっとをんははSANCTA ECCLESIAごおきてのこと
  • 第九、ななつモルタルとがこと
  • 第十、SANCTA ECCLESIAななつSACRAMENTOこと
  • 第十一、このほかキリシタンにあたかんようでうゞゝ
じひしょさ
SPIRITVにあたるななつこと
THEOLOGALESVIRTVdesと云うみつぜんあり
CARDINALESVIRTVdesと云うよつぜんあり
SPIRITV SANCTOdonesとてをんあたへはななつあり
BENAVENTVRANCAVA YATCV ARI
あやまりのORATIO
FINIS(以上)
XOCVIENORATIO
XOCVGONOORATIO 
Amen,FINIS(あめん、以上)

7.ページ

DAIICHI oooo DOCtrina.どちりいな

1.第一、キリシタンと云ふはなにごとぞといふこと
2.XIXIO キリシタンにものはそのをししんじつかんようなるむねちゃうもん
3.することもっぱらなればそのはれをなんぢよくやいな
4.のをんおきてはしんじつをんをしへなれば、キリシタンにものはその
5.はれをちょうもんすることかんようなりそのごおきてのことききれける
6.や。
7.Dexi. ごせっぽうおもむきのCatechifmoちょうもんして、Deusをん
8.ひかりかふむりキリシタンにたてまつるなるものなり

8.ページ

1.Xi. そのわきまふんべつせられけることいかん?
2.De. ふんべつせしことおほきなり
3.Xi. そのむねことゞゝはるゝにおよばずたゞそのごふんべつ
4.ほどるためにだいいちかんようだいもくもうされよ。
5.De. ひとつにはいちもつところよりたねなくしててんちばんしょう
6.つくりあらせたまひふよろずさくものおぼしめすまゝにごしんだい
7.さるゝそのごさくなされてはしょぜんまんどくをんみなもはかりなき
8.をんちゑばんじかなたまごじゆうじざいをんあるじごさくしゃDeusごいったい

9.ページ

1.のみにしてしますことなりふたつにはこれすなはわれらげんせごしょう
2.ともはからいぜんあくごへんぽうたゞしくあたたまをんあるじなり
3.このごいったいをがたっとたてまらずしてはごせうをたすけに
4.あづかことさらみっつにはをんあるじDeusPadreFilho
5.とSpiritu SanctoもうたてまつりてPerfona(英語:Person)はみっつにてましませども
6.Subftantiaもうごしょうたいたゞごいったいにてましますなりよっつには、
7.DeusFilhoいっさいにんげんとがおくたまひ(ローマ5:15-1711:32ごしょうたすかみち
8.をしたまはんためあまくだたまHumanidadeとてわれらひとしき

10.ページ

1.Animaしきしんをんみはせたまひ、ふうふまじはたっと
2.きVirgenマリヤよりまことひとうまたまつゐCruzかけられ、
3.ひとにてしますをところたまこといつつにはまたこれごしょうみち
4.キリシタンのをしへにのみをおきてにのみにきはまるなりそれによりてキリシタン
5.にらずんばごしゃうたすかることあるべからずとふんべついたこと
6.これなり
7.Xi. にんげんことをばなにふんべつせられけるぞ?
8.De. にんげんしきしんばかりにあらず、はつことなアニマ

11.ページ

1.なりこの+Animaしきしんいのちあたたとしきしんつち
2.はいるとふともこの+Animaはることなたゞぜんあく
3.にしたがってごしょうくらくあづかるものなり
4.Xi. ふんべつせられたり、Catechifmoはじめだんぎことはりより
5.ほかにもキリシタンのらずしてかなはざることおほなり
6.De. そのたまはざればこそごけうかあづかりたきとぞんずるなれ。
7.Xi. これわれらねごところなりづキリシタンにらるゝこと
8.いかなるひとしはざとかれるや?

12.ページ

1.De. DeusGrac,aってキリシタンにものなり
2.Xi. DeusGrac,aってとはなにごとぞや?
3.De. そのぎいまつぶさならず、それをこまかにふんべつせずねがはくは
4.をしたまへかし。
5.Xi. DeusGrac,aってとはわがみちゝはゝごさくのものゝ
6.ちからあらたゞDeusBondadeをんじひうへよりとまたをん
7.あるじゼズ・キリストのごくりきってキリシタンにことなり
8.De. ひとゞゝキリシタンにらるゝときなにたるくらいけらるゝぞ。

13.ページ

1.Xi. Benc,anDeusごやうしてんをんゆづりをたてまつ
2.なるものなり、そのゆへ+Baptifmoをんさづけをさづかる
3.ひとゞゝこのくらゐあげたまはんとおぼしめすによってなり
4.De. さてキリシタンにあらざるひといかん?
5.Xi. Baptifmoさづからざるによってごようしたまはずてん
6.をんゆづりをまじたまものなり
7.De. キリシタンとはなにごとぞや?
8.Xi. をんあるじゼズ・キリストのをおしへをしんちゅうよりフィデスくる

14.ページ

1.のみならずことばみもちをってあらはすひとなり
2.De. なにゆえにかをんあるじゼズ・キリストのをんをしへをフィデスけ、
3.ことばみもちをってあらはすひととはふべきはれけるぞや?
4.Xi. もろゝゝのキリシタンをんあるじ+ゼズ・キリストのたっとをんこと
5.こゝろよりしんじゅうFidesけずしてかなはぬのみならずかんようとき
6.するとふとも、ことばにも、みもちにもあらはすべきとのかくごある
7.こともっぱなり
8.De. キリシタンとふはなにかたどりたるぞや?

15.ページ

1.Xi. +キリストをかたどたてまつりたるななり
2.キリストとはいかなるをんあるじにてしますぞや?
3.Xi. まことDeusまことひとにてしますなり
4.De. まことDeusにてしますとはなにごとぞや?
5.Xi. ばんじかなたまをんおやDeusまことをんひとりご
6.にてしませばますなり
7.De. まことひとにてしますとはいかん
8.Xi. たっとをんはゝVirgenDominaSanctaMariaまことをんひとりご

16.ページ

1.にてしますなりそれによってDeusにてしますをんところ
2.をひてをんはゝたまはぬごとひとにてしますをんところ
3.いてはをんちゝたまはぬなり
4.De. なにゝよってかキリストとはとなたてまつるぞ?
5.Xi. キリストとはたっとOleoられたまふとこゝろなり
6.その[:父なる]かみ[:יהוהヱホバ?によって(コリント第一15:27,8)]ていわうSacerdoteProphetaこのみさまのひとたっとき[:聖霊の]あぶら
7.Oleoられたまひしなりをんあるじゼズ・キリストひとにてまします
8.をんところていわうなかていわうSacerdoteなかSacerdote

17.ページ

1.ProphetaなかProphetaにてしますによってcuda^nたっと
2.OleoはりにSpiritu fanctoGarac,aみちゝゝ
3.たまふがゆへによってベアトChriftoとなたてまつなり

DAINI CHRISTAN NO XIRVXI TONARV TATTOQI CRVZ NOCOTO.

4.第二、キリシタンのしるしとなるたっとCruzこと
5.Xi. いずれのキリシタンもわれらひかりなるをんあるじゼズ・キリストの
6.たっとをんCruzたいたてまつりてこころおよほどしんじん
7.つべきこともっぱなりそのゆへはわれらとがよりのがたまはん
8.ためCruzかゝりたく[:全く自発的に、父なる神の命令でも無くっても本当はある(命だ!)けれども]おぼしめたまものなりそれによってわれら

18.ページ

1.がうへCruzしるしつねとなへることかんようなりCruz
2.もんみつところとなへるなりひとつひたいふたつにはくち
3.みっつには、むねなり
4.De. キリシタンのしるしとはなにごとぞや?
5.Xi. うへいしごとたっとをんCruzなり
6.そのゆいかん
7.Xi. われらをんあるじゼズ・キリストはCruzうへにてわれらじゆうげだつ
8.したまへばふによってなりかゝるがゆへいづれのキリシタンもわれらひかり

19.ページ

1.とをんあるじゼズ・キリストのたっとCruzたいたてまつりてこころ
2.およほどしんゞゝつべきこともっぱなりわれらとがよりのが
3.たまはんためCruzかかりたくおぼしめたまへばなり
4.De. じゆうたまげだつとはなにごとぞや?
5.Xi. てんぐとらはれびとりたるわれらふだい(奴隷で罪に仕えている所の)のところのがたまうに
6.よってなり。ooooooo
7.De. なにたるひとじゆうるぞ?
8.Xi. とらはれびとすでやっこりたるものじゆう

20.ページ

1.なり
2.さてはわれらとらはれびとりたるか?
3.Xi. なかゝゝとらはれたるやっこなり
4.De. とらはれびとりたるはれはいかん?なにたるものやっこりた
5.るや?
6.Xi. てんぐわれらとがやっこなりをんあるじみことばに:
7.とがをかものてんまエフェゾ、6:12)のやっこなりヨハネ伝8:34)とのたまなり
8.ればゆへいかんればひとmortalとがをかせばてんぐすなはち

21.ページ

1.そのものしんだいローマ6:16-20)するがゆへやっこりたるものなり
2.しかれば、CrusかゝたまみちってさだたまBaptifmo
3.さづけをけるかまたConfessioSacramentoをなりとも
4.たてまつればそのものをんあるじゼズ・キリストのあたたまGrac,aって
5.そのひともろゝゝとがゆるのがはなたまふによってその
6.Cruzごくりきってをんあるじゼズ・キリストはてんまやっこ
7.たるところかへたまふとまをなりればひとやっこ
8.たるものかへしてげだつじゆうことまことふか

22.ページ

1.ぢうおんなりまたやっこしたるひとつらさをふかおも
2.にいてはいまうかへされたるところをんどくわきまふべきもの
3.なりやっこなりしときしゅじんなさけなくりたるほどうかへされ
4.たるをんふかきものなりしかるにわれらをんあるじゼズ・キリストの
5.Grac,aっててんぐよりとがにんGrac,aってとりかへたまひて
6.じゆうたまごおんこといかばかりのことおもふや
7.ならんや?
8.キリシタンはCruzもんいくさまとなふるぞや?

23.ページ

1.Xi. ふたさまとなふるなりひとつにはみぎおほゆびにてCruz
2.もんひたひくちむねとなゆるなりPerfinalれとふ、ふたつ
3.にはBenzerなり
4.De. Perfinalとは、なにごとぞや?
5.Xi. みぎおほゆびにてCruzもんひたひと、くちと、むね
6.となゆるなり
7.De. そのみっつもんとなゆるときなにたることもうあぐるぞ?
8.Xi. 『Per fignum fanctae Crucis de iminicis noftris libera nos

24.ページ

1.Deus nofter 』このことばこゝろは:「われらが(の)DeusSancta Cruz
2.のをんしるしってわれらてきを[:より]やぶれのがたまへ」ととなふるなり
3.とこころなりわれらが(の)Deusfancta Curuzをんしるしってとふ、Per
4.fignum sanctae Crucisいっくとなへて、ひたひCruzむすなり
5.『われらてきを』とDe iminicis noftrisいっくってにはくち
6.Cruzとなふるなりのがたまへともうす、Libera nos Deus nofter の
7.いっくってにはむねCruzとなふるなり
8.ひたひと、くちと、むねと、このみつところCruzとなふこと

25.ページ

1.なにたるしさいぞや?
2.Xi. ひたひとなゆることDeusよりまうねんのぞきけたまはんため
3.なりくちとなゆることあっこうまうごくちよりのがたまはん
4.ためなりまたむねとなゆることこゝろよりいづしきしょさ
5.のがたまはんためなりてんまCruzほどおそたてまつこと
6.ければわれらうへCruzしるしつねとなゆることかんよう
7.なり。しそのゆへてんまSpirituなれば、いかなるつるぎもとてもおそるゝ
8.ことなし:たうけんむじゅんかれちゆるみちなし。しかどもをん

26.ページ

1.あるじゼズ・キリストCruzうへにてたまふをっててんぐかれらをば
2.からたまひ、ひとじゆうたまへば、かれちかづかんとする
3.ものよりほかあたことかなはぬやうにたまふがゆへに、
4.によって、おほきにCruzをそたてまつるものなり
5.De. てんぐからたまふにいてはなにとてかほどひとあたをば
6.けるぞや?
7.X たとへをってこれへばつながれたるとらおほかみかれら
8.そばものにのみくらくがごとく、をんあるじゼズ・キリストは

27.ページ

1.Cruzうへひててんぐからたまふとへども、をひてよりのちは、
2.とがってかれてんぐそばものにのみあたなり
3.いづれのmortalとがをなりともをかときてんぐそばたちより、
4.とがてんとするときてんぐそばよりしりぞなりこれら
5.ことみなCruzうへにてたまをんあるじゼズ・キリストのごくりき
6.っていできたるとてんぐりたるによっておほきにCruzおそるゝ
7.なりS.Hieronymoのたまごといはいぬうたれたるつえ
8.をそれてぐるごとなりS.GregoriuあるIudeoniつゐ

28.ページ

1.のたまふは:かれFidesをもたずCruzをももちゐず、かへってかろ
2.しむるといがしろにするとへどもあるときあまたてんぐむらがりたる
3.ところり、-おほきにをそあたされじがためかねてより
4.うへCruzもんとなへければてんぐたちまにげさっていは
5.FidesもたざるむなしきうつけものなりへどもCruzもん
6.となふるがゆへに、あたことかなはずとへりすなはちあたさんと
7.すれどもついかなはざりしとなりしかればFidesたいせざるものさへ
8.Cruzもんとなふるをっててんぐをひはらにがしけるに、

29.ページ

1.キリシタンのうへとなたてまつらばいかゞあるべきぞや?
2.D. ひとつさまのCruzPerfinalりたるととなへはふんべつちょうもんせり。
3.いまひとつBenzerとなへやうををしたまへ。
4.X. いまひとつにはみぎってひたひよりむねまでひだり
5.かたよりみぎかたまでCruzもんとなふるなりとなふる
6.ことばにはくちにてとなゆるぶんIn nomine PatrisEt FilijEt Spiritus Sancti AmenこのこころDeusPadre Filho, Spiritu
8.SanctiみなってともうこゝろなりIn nomine Patris

30.ページ

1.となゆるときひたひし、Et Filhijもうときは、むね
2.Et SpirituもうときひだりかたSanctiもうときみぎ
3.かたなり
  • 一応写真制版のどちりなきりしたんがあるのですが、どうも江戸時代の筆記で、解らないところがありますが、A.D.1600年丁度の写真製版があるのでそちらを見ながら小島版のを参照して、第三章のパアテルノーステルをここに忘れ止めの為に文語で書き、口語訳をウィキソースに出したいと思います。慶長五年長崎版、ローマ・カサナンテ図書館蔵です。106.130.55.71 2020年5月17日 (日) 10:37 (UTC)