初等科國語 六/月の世界

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

六 月の世界[編集]

望遠鏡で見た月[編集]

「きみ、今夜うちへ來ないか。」

學校の門を出ると、正男くんがぼくにかういつた。

「どうして。」
「にいさんが天體望遠鏡を作つたんだ。」
「ほう。」
「月がすばらしいよ。よかつたら見に來たまへ。」

 夕方、まだ明かるい空に、半月が光り始めた。おかあさんにさういつて、夕飯がすむとすぐ出かけた。

 行つてみると、正男くんのうちでは、もう縁先に望遠鏡をすゑつけて、にいさんと正男くんが、代る代る觀測をしてゐる。長さ一メートルばかりの望遠鏡が、三きやくの上にのつてゐる。

「りつぱな望遠鏡ですね。」

と、ぼくがにいさんにいふと、正男くんは、

「これでにいさんのお手製なんだ。見たまへ、つつはボール紙だらう。三脚は、やつときのふできあがつた。ぼくも、ずゐぶん手傳つたよ。」
「レンズは。」
「買つたのさ。レンズは、だいぶ上等なんだ。」

正男くんは、さも自分で買つたやうな口振りでいふ。にいさんは、初めからにこにこしながらだまつてゐた。

「さあ、きみものぞいてごらん。」

と、正男くんにいはれて、ぼくは望遠鏡に目を近寄せた。

 望遠鏡の圓い視野に、月がくつきりと浮き出して見える。それは肉眼で見るのとすつかり感じが違つて、今に露でもしたたりさうな、なまなましい、あざやかな美しさである。

「きれいだなあ。」

ぼくが思はず叫ぶと、正男くんが、

「きれいだらう。」

とあひづちを打つやうにいふ。だが、よく見ると、月の表面は決してなめらかではない。一面にざらざらしたやうな感じである。殊に、半月のかけた部分に近く、はちを思はせるやうなでこぼこが、目立つて見える。

「月の顔には、ずゐぶんあばたがあるね。」

と、ぼくがいつたので、にいさんも正男くんも、笑つた。

 それからも、三人代る代るのぞきながら、にいさんからおもしろい説明を聞いた。

にいさんの説明[編集]

 あのあばたのやうに見えるのは、大部分が火山で、穴は噴火ふんくわ口です。こんな小さな望遠鏡でさへ、はつきり見えるのですから、噴火口は、非常に大きなものだといふことが考へられます。いちばん大きなのは、直徑が二百キロもあるといはれてゐます。かうした火山は、どれもこれもけはしくて、低いのでも三百メートル、高いのになると、八千メートル──富士山の二倍以上もあるのがあります。もちろん、月は地球と違つて、とつくの昔、すつかり冷えてしまつた天體ですから、火山といつても、みんな死火山ですがね。

 それから、よく見なさい。月の中に薄黑い、大きな斑點はんてんのやうなものがあるでせう。あれは海といはれる部分ですが、月には水が一しづくもありませんから、海といふより、平原といつた方がよいかも知れません。たぶん、昔、このたくさんな火山からふき出した熔岩ようがんが、流れて固まつたものでせう。

 月には水がないといひましたが、水ばかりか空氣もないのです。したがつて、雲や、雨や、あらしや、さういつた、この地球上に見られる氣象現象は、一つもありません。月は、いつも晴天なのです。この望遠鏡で見てもわかるやうに、月のどこ一つくもつたところがないのが、その證據しようこです。しかも、空氣も水もないとすると、地球上のやうに、太陽から來る光や熱を調節するものがないから、月の世界では、晝はこげつくやうな暑さ、夜はその反對に、ひどい寒さであらうと思はれます。

 まだおもしろいことがあります。かりに、私たちが月の世界へ行つたとすると、そのけしきはどんなものでせう。今もいふやうに、光を調節するものがないから、太陽に照らされた部分は、目が痛いほど光つて見えるでせうが、陰になる部分は、きつと眞黑に見えるに違ひない。ごつごつした火山が、到るところにそびえて、それが眞黑な大空に突つ立つてゐるとしたら、どんなに恐しいけしきでせう。もちろん、草も木もありませんよ。その代り、一つうらやましいと思ふのは、月から見た地球の美觀です。地球の直徑は、月の約四倍ありますから、夜、月から地球を見るとすると、われわれが常に見る月の四倍ぐらゐな地球が、天にかかつて見えるわけです。  かういふふうに、月の世界は、いはばまつたく恐しい死の世界ですが、それでゐて、昔から月ほどやさしい、平和な氣持を與へてくれるものはありません。その靑白い、しみじみと親しめる光が、われわれに大きな慰めを與へるからです。殊に日本では、昔から月と文學が、まつたく離れられないものになつてゐます。ごらんなさい、歌でも、俳句でも、詩でも、月に關するものがどんなに多いか。月の世界に都があつて、そこで天人が舞つてゐるなどは、實に美しい想像ですね。今日私たちは、それが死の世界であると知つても、やはり月がなかつたらさびしい。峯の月、大海原の月、椰子やしの木かげの月、さういふものがないとしたら、ほとんど生きがひがないと思ふでせう。月は、永久に人間の心の友であり、慰めであります。