凶禮式

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

凶禮式

切腹之法

一寺院又ハ組頭の所にても沐浴する時ハたらひを直し先下へ水を入其上へ湯を入て沐浴させ髮を洗ときハ逆に湯を掛る法なり

一髪結樣引さきもとゆひ四まき左卷にすへし常よりたかくゆひ逆に曲るなり

一裝束ハ白衣左前にあはせ柿色の上下を着す口傳有之帶も白きなり

一疊の事土色を用長サ六尺白緣に二疊用へし敷樣口傳あり

一死衣の事四□長六尺白地也疊の上に敷樣口傳

一切手死衣の上に著座する時三方又ハ足打のきりめの緣をはなし笹の葉先を切人へ向改敷にして盃二つ組上土器下ハ塗盃也扨肴ハ大根の香物三切鹽味噌を組付逆箸にして据る撿使へ三方に改敷せす盃壹つ肴ハ大根香物一切組之居る也

一酒呑飮之事酌切手へ銚子を持行逆手酌にして上の盃へ二酌其銚子を撿使の前へ持行順に一獻つきたる時撿使切手へ挨拶して其盃を萬臺へ居て指置切手夫にて又二獻呑時に御肴といふへし此とき腹切刀を揃出し以上四獻のませ以後ハ切手獻請るといふとも加ふへからす是酌の古實也酌人ハ腰さしせぬもの也口傳

一酒終刀出すと通ひ出て雙方の膳を取太刀とり後へ廻る也此時切腹人畏り樣口傳

一太刀とりの人の振廻面影見する作法秘傳

一頭を打て死衣をうけ屛風を引廻し死骸人に見せぬやうに仕廻すへし此時の屛風ハ表裏白張白緣なるへし一雙上下の文字を書て立樣口傳

一死骸納樣之事屛風の內にて下へ死衣を敷死骸ハ沐浴するに不及其儘入て落たる首を柄拶の柄にてつき置僧をめして刺刀をいたゝかする品まてにて納る也

一桶の事くれ數四十九枚是四十九院にかたとり輪六ツ左輪にする廻に經文蓋にも佛名を書也

一刀拵樣ハ九寸の小脇指切先七八分ほと出し紙又ハ布にて逆に卷佛名を書公卿本マヽの切目の緣を放し切先を左へ刄を切手のかたへなして出すなり若柄其儘置時ハ口傳あり

一往昔ハ敷皮を敷て其上にて討す此時ハ頭神を前へしかする也敷皮の時ハ白革緣刺樣に故實あり近代多くハ疊を用る

伊 勢 貞 丈述

明治三十五年再校了

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。