先代旧事本紀

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 出典

さきつよのふることのもとつふみ 序

おほおみ そがのうまこのすくね 等奉敕修撰

 それ さきつよのふることのもとつふみ しゃうとくたいし かつて えらぶところ なり

 をはりだのとよらのみや あめのしたしろしめし とよみかしきやひめ 推古 すめらみこと 即位廿八年歲次庚辰,春二月甲午朔戊戌。【○底本作三月,據日本長曆正之。】まつりごとをふさね うへのみやのうまやとのとよとみみ 聖德 ひづきのみこおほおみ そがのうまこのすくね 等,奉敕撰定。宜錄 さきつよのふることいにしへのくにつふみかむよのもとつふみかむのもとつふみあめみまのもとつふみすめらみこともとつふみもろもろのみこのもとつふみおみむらじもとつふみとものみやつこ くにのみやつこ ももあまりやそともおほみたからども(の) もとつふみ ,謹據敕旨。  したがひ 古記,太子為儒,ことわりとき ついでしるし。而 をさめえらぶこと いまだをはらず,太子 かむさりきやみてつづかず。  因斯且所撰定 じんくわうけいづ 一卷,さきつよのくにふみじんくわうのもとつふみおみむらじ とものみやつこ くにのみやつこ もとつふみ 十卷。號曰 せんだいくじほんぎ。所謂 せんだいくじほんぎ あめつちひらけし このかたいまのよ かみつかた者也。もろもろのすべらみこ ももやそべおほみだから もとつふみ 。更待 のちのみことのり 可撰錄。  于時卅年歲次壬午春二月朔癸丑是也。【○底本作己丑,按長曆校之。】その 修撰題目,あらはししるす 如下。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。