元暦二年八月十七日源頼朝下文

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


原本

(源頼朝花押)

日向大隅薩摩三箇國惣名也

下 嶋津御庄官

可昇任領家大夫三位家下文状
以左兵衛少尉惟宗忠久爲下
司職令致庄務事

右件庄下司職任領家下文

以忠久爲彼職可令致庄務
之状如件庄官宜承知勿違失
以下
元暦二年八月十七日
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。