作者:饗庭篁村

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: あ 饗庭篁村
(1855年9月25日(安政2年8月15日) - 1922年(大正11年)6月20日)
饗庭 篁村(あえば こうそん)は、明治時代の小説家で演劇評論家。根岸派の重鎮。本名は饗庭與三郎。別号「竹の屋(舎)(たけのや)主人」とも称す。下谷龍泉寺町生まれにちなんで「龍泉居士」、その縁で「太阿居士」、南傳町2丁目に住んで「南傳二」とも。日本人として初めてエドガー・アラン・ポーの作品を翻訳した人物としても知られる。— ウィキペディア日本語版饗庭篁村」より。
饗庭篁村(『竹の屋劇評』より)