作者:蘭郁二郎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ら 蘭 郁二郎
(1913年9月2日 - 1944年1月5日)
蘭郁二郎 (らん いくじろう) は、日本の小説家、SF作家、推理作家である。本名は遠藤敏夫。1913年9月2日、東京都の生まれである。1931年の『息を止める男』でデビュー、同人誌『探偵文学』や『シュピオ』で活躍したが、太平洋戦争中の1944年1月5日、海軍報道班員としてマカッサルへ向かう途中、台湾で乗り換えた飛行機の墜落によって亡くなった。林田葩 (はな) 子というペンネームで書かれた作品もある。— ウィキペディア日本語版蘭郁二郎」より。

小説[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1944年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。