作者:老子

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ろ 老子
(紀元前6世紀など諸説あり)
老子(ろうし)は、春秋戦国時代の中国における哲学者。諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置く。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、生きた時代について激しい議論が行われたりする。道教のほとんどの宗派において老子は神格として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。— ウィキペディア日本語版老子」より。
老子

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。