作者:稗田阿礼

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ひ 稗田阿礼
(? - ?)
稗田阿礼(ひえだの あれ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての人物。『古事記』の編纂者の1人として知られる。天武天皇に舎人として仕え、28歳のとき、記憶力の良さを見込まれて『帝紀』『旧辞』等の誦習を命ぜられたとされる。元明天皇の代、詔により太安萬侶が阿礼の誦するところを筆録し、『古事記』を編んだ。— ウィキペディア日本語版稗田阿礼」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。