作者:田山花袋

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: た 田山花袋
(1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)
田山 花袋(たやま かたい)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩、柳田國男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。— ウィキペディア日本語版田山花袋」より。
田山花袋

小説[編集]

随筆[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1930年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。