作者:毛文錫

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: も 毛文錫
(? - ?)
毛 文錫(もう ぶんしゃく)は、は平珪、南陽(河南)の人。中国五代十国時代前蜀後蜀に仕えた。唐の太僕卿であった毛亀範の息子。14歳で進士に及第。前蜀の王建に仕えて翰林学士承旨となり、永平4年(914年)に礼部尚書、判枢密院事となり、通正元年(916年)に文思殿大学士となる。次いで司徒を拝したが、罪を得て茂州(四川)司馬に貶された。前蜀が後唐に滅ぼされて(925年)のち、また後蜀の孟氏に仕え、欧陽炯らと共にその宮廷に出入りして文章の制作に参与した。

作品[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。