作者:欧陽炯

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: お 欧陽炯
(896年(乾寧3年) - 971年(開宝4年))
欧陽 炯(おうよう けい)は、不詳。の「炯」は、「烱」・「迥」とも書く。益州華陽(四川)の人。中国五代十国時代前蜀および後蜀に仕えた。前蜀の後主王衍に仕えて中書舎人となる。前蜀が後唐に滅ぼされ、後唐に降る王衍に付き従って洛陽に赴くが、孟知祥が後蜀を建てると、再び蜀に入って仕官した。後蜀の後主孟昶広政3年(940年)に『花間集』の序を書いた。広政12年(949年)に翰林学士となり、同24年(961年)に門下侍郎兼戸部尚書同平章事(宰相)となる。広政20年(965年)、後蜀がに滅ぼされると、宋に降り、宋に仕えて右散騎常侍から翰林学士を歴て左散騎常侍となり、開宝4年(971年)、76歳で没した。

作品[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。