作者:有島武郎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: あ 有島 武郎
(1878年(明治42年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)
    有島 武郎(ありしま たけお)は、日本の小説家。学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年(明治36年)渡米。ハバフォード大学大学院、その後、ハーバード大学で歴史・経済学を学ぶ。ハーバード大学は1年足らずで退学する。帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加する。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。— ウィキペディア日本語版有島武郎」より。
    有島 武郎

    作品一覧[編集]


    外部リンク[編集]

    この著作者の全部又は一部の著作物は、1923年に著作者が亡くなっているため、著作権の保護期間が著作者の没後80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


    この著作者の全部又は一部の著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。