作者:文天祥

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ふ 文天祥
(端平3年(1236年) - 至元19年12月8日(1283年1月9日))
文 天祥(ぶん てんしょう)は、中国南宋末期の軍人、政治家である。初名は雲孫(うんそん)。字は宋瑞(そうずい)、または履善(りぜん)。号は文山(ぶんざん)。滅亡へと向かう宋の臣下として戦い、宋が滅びた後は元に捕らえられ何度も元に仕えるようにと勧誘されたが忠節を守るために断って刑死した。忠臣の鑑として後世に称えられ、『正気の歌』は多くの人に読み継がれた。 — ウィキペディア日本語版文天祥」より。
文天祥

作品[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。