作者:宇多天皇

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: う 宇多天皇
(貞観9(867) - 承平元(931))
宇多天皇(うだてんのう)は、日本の第59代天皇。藤原基経の嫡子時平を参議にする一方で、源能有など源氏や菅原道真、藤原保則といった藤原北家嫡流から離れた人物も抜擢した。この期間には遣唐使の停止、諸国への問民苦使の派遣、昇殿制の開始、『日本三代実録』・『類聚国史』の編纂、官庁の統廃合などが行われた。また文化面でも寛平御時菊合や寛平御時后宮歌合などを行い、これらが多くの歌人を生み出す契機となった。日記に『宇多天皇御記』がある。— ウィキペディア日本語版宇多天皇」より。
宇多天皇

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。