作者:北条氏康

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ほ 北条氏康
(永正12(1515)- 元亀2(1571))
北条 氏康(ほうじょう うじやす)は、戦国時代の武将。相模国の戦国大名。後北条氏第2代当主・北条氏綱の嫡男として生まれる。後北条氏第3代目当主。教養・学問にも熱心で、三条西実隆から歌道の師事を受けた。後水尾天皇の勅撰と伝えられる『集外三十六歌仙』の30番に一首を採られている。— ウィキペディア日本語版北条氏康」より。
北条氏康

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。