作者:世親

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: せ 世親
世親(せしん、サンスクリット語: वसुबन्धु, vasubandhu、ヴァスバンドゥ)は、古代インド仏教瑜伽行唯識学派の僧。世親はサンスクリット名の訳名であり、玄奘訳以降定着した。それより前には「天親」(てんじん)と訳されることが多い。「婆薮般豆」、「婆薮般頭」と音写することもある。 唯識思想を大成し、後の仏教において大きな潮流となった。また、多くの重要な著作を著し、地論宗・摂論宗・法相宗・浄土教をはじめ、東アジア仏教の形成に大きな影響を与えた。— ウィキペディア日本語版世親」より。
世親

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。