作者:玄奘

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: け 玄奘
(602年 - 664年3月7日)
玄奘(げんじょう)は、唐代の中国の訳経僧。鳩摩羅什と共に二大訳聖、あるいは真諦不空金剛を含めて四大訳経家とも呼ばれる。629年に陸路でインドに向かい、巡礼や仏教研究を行って645年に経典657部や仏像などを持って帰還。以後、翻訳作業で従来の誤りを正し、法相宗の開祖となった。また、インドへの旅を地誌『大唐西域記』として著し、これが後に伝奇小説『西遊記』の基ともなった。 — ウィキペディア日本語版玄奘」より。
玄奘

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。