作者:三善清行

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: み 三善清行
(承和14年(847年) - 延喜18年(919年))
三善 清行(みよし の きよゆき/きよつら)は平安時代中期の公卿、漢学者。陰陽天文に明るく、昌泰4年(901年)は讖緯説による辛酉革命の年に当たると指摘、「延喜」と改元することを提唱して革命勘文・辛酉改元の端緒を開く。『延喜格式』の編纂に参加。文章博士・大学頭・式部大輔の三儒職を兼任。延喜14年(914年)、朝廷の求めに応じて『意見封事十二箇条』を上奏した後、71歳で参議に昇り、宮内卿を兼ねた。主著に『円珍和尚伝』『藤原保則伝』『意見封事十二箇条』など。漢詩文に優れる。奇談を集めた『善家秘記』がある。— ウィキペディア日本語版三善清行」より。
三善清行

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。