作者:フランシス・テイラー・ピゴット

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ひ フランシス・テイラー・ピゴット
(1852–1925)
イギリス人の弁護士。法学者として日本政府に招へいされ、1887年から1889年まで第1次伊藤内閣及び黒田内閣の法制顧問を務めた。鉄道事業家でイングランド議員のジャスパー・ウィルソン・ジョーンズの娘婿。妻のマーベルはイギリスの植民地看護協会の創立者。
フランシス・テイラー・ピゴット

著述[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1925年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。