作者:ハビアン

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: は ハビアン
(永禄8(1565) - 元和7(1621))
ハビアン(Fucan Fabian)は、安土桃山時代から江戸時代初期の人物。本名不詳。禅僧を経てイエズス会の門をたたき、修道士(イルマン)として活動したが、後に棄教してキリスト教徒弾圧に協力した。またキリスト教と他の宗教を比較した著作を残したことでも知られる。不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。— ウィキペディア日本語版ハビアン」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。