佐久間軍記/尾州名塚城攻

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

信長公御家督 ↑佐久間軍記 →今川義元討死


尾州名塚城攻

弘治三年丙辰。尾州名塚城ハ。信長方ニテ佐久間大學允盛重居城。今年八月。長雨ニテ淸洲ト名塚ノ間ノ大河滿水ナリ。時從信行柴田修理亮。林美作守。コヽニ得利攻名塚城。信長公聞(之カ)。佐久間右衞門尉信盛。同久六盛次。後久右衞門。森三左衞門可成。池田勝三郎信輝ヲ左右ニ立。河ヲ渡給フ。柴田林見之。卷タル城ヲ卷解退テ。稲生村ニ兵ヲ備。信長公。林カ陣ヲカケ破。自身林ヲ討殺給フ。佐久間大學。城ヨリ出テ與柴田戰ヒマケントス。橋本十藏執之。大學。橋本ヲ討捕。柴田敗軍。然シテ謀信行ヲ殺。池田信輝擊之云々。柴田修理亮。罪ヲ謝奉信長公抽勳功。



この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。