佐久間軍記/今川義元討死

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾州名塚城攻 ↑佐久間軍記 →美濃退治


今川義元討死

永禄三年戊申五月十九日。丸根城攻。今川刑部太輔義元。尾州ヲ討テ信長ヲ滅サントハカリ。駿府ヲ出。沓カケニイタリ。圍信長諸城。而桶狭間ニ陣ス。爰ニ家康公。義元爲加勢。大高ニ御陣。使軍兵佐久間大學允盛重カ楯籠攻丸根城。盛重告淸洲曰。三州大勢攻來ルトイヘトモ[1]。戰不可退。義元ハ桶狭間ニアリ。可謀之ト云云。既ニ三兵。大手 破。二ノ木戸ニ攻入。城兵屢防戰。若干被討。佐久間大學多力ナリ。大長刀ヲ持。兵ヲハケマシ自身敵ニアタル。松平甚三郎。筧又藏。本多彌八郎進先登。大學盛重捕討。本多正信ハ膝䯊ヲキラレ。塀下ニ落。ソノ疵ニテチンハナリ。長命ニシテ將軍家爲家老號佐渡守。此外ウタルヽモノ多。盛重雖振猛威。信長公ノ御事ヲアンシ。城ニ放火。燒死體ヲ敵ニ見セ御跡ヲシタフ。

信長公。聞盛重注進發淸洲。進テ義元ノ軍ニ赴キ。時疾風甚南東ニ行。義元ノ諸人。目ニ不得見。耳に不得聞。信長の來ヲ不知。信長卒ニ敗義元軍ヲ。上ノ山ヨリ服部小平太突候得共。膝カヽリ口ヲツラレ候由。水野日向守覺書ニ有之。上條織部。佐久間義元ヲ鑓付。毛利新介討義元。

佐久間大學允盛重ハ。大剛者ナレハ諸方ノ敵ヨリ討タンコトヲ計有。國主家來二人ニ相議シ。罪ヲ作リ其家ヲ追出サレ。盛重カ所ヘ來リ從フ。旦暮相詰ル。然ニ盛重ハ大酒ナリトイヘトモ。於陣中一圓不給。時アル於陣所。大雪洪水大風アリ。敵モ此時ハ寄間敷ト。スハイヲカタフケ。前後ヲ忘テ伏ス。時件兩人忍入。盛重ヲ切リ枕ヲ首ト思ヒトリテサヽント。一人ハ刀ヲ取ル。抦ハ盛重カ手ニアリ。サヤヲ取テ退ク。盛重ハ目ト鼻トノ間ヲ耳ノワキマテキラレ。聲を不出立アカリ。一人ヲ切フセル。一人ハ手負。然シテ盛重藥師ヲシテ養治ス。疵大形イヘタル時。鏡ヲ見テハナ筋マカル。ロクニ付ナヲスヘシト。藥師云。イヘタル疵ヲイカヽト退カントス。盛重藥師ヲツカミ留。脇指ニテ疵ヲツキハナシ。ロクニ付ト云々。盛重孫ヲ奥山トカフス。

脚注[編集]

  1. 「トモ」とした部分は、原典では左に「ノ」右に「モ」を合成した文字 →Unknownchar02.gif