住民の祝祭日に関する立法

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 立法院の議決した住民の祝祭日に関する立法に署名し、ここに公布する。

一九六一年七月二十四日

行政主席  大田 政作

立法第八十五号

 琉球政府立法院は、ここに次のとおり定める。

住民の祝祭日に関する立法

第一条 自由と平和を求めてやまない琉球住民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに住民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「住民の祝祭日」と名づける。

第二条 「住民の祝祭日」を次のように定める。

元日    一月一日

年のはじめを祝う。

成人の日  一月十五日

おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。

春分の日  春分日

自然をたたえ、生物をいつくしむ。

琉球政府創立記念日 四月一日

琉球政府の創立を記念し、琉球の発展を期する。

天皇誕生日  四月二十九日

天皇の誕生日を祝う。

こどもの日  五月五日

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる。

母の日  五月第二日曜日

母の苦労を慰め、その恩に感謝する。

慰霊の日  六月二十二日

沖縄戦の戦没者の霊を慰め、平和を祈る。

お盆の日  旧暦七月十五日

祖先の霊に供養を行い、冥福を祈る。

としよりの日 九月十五日

老人の福祉について関心を高め、明るく豊かな生活ができるよう推進する。

秋分の日  秋分日

祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。

体育の日  十月第二土曜日

スポーツを盛んにし、健康を祝う。

文化の日  十一月三日

自由と平和を愛し、文化をすすめる。

勤労感謝の日  十一月二十二日

勤労をたっとび、生産を祝い、住民たがいに感謝しあう。

第三条 「住民の祝祭日」は、休日とする。

 この立法は、公布の日から施行する。

この著作物は、アメリカ合衆国による沖縄統治下旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。