伊藤討伐隊忠死之処碑文

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

全文[編集]

伊藤討伐隊忠死之處

陸軍少将 平田重三書

昭和八年十月九日、駐錦西警備隊小隊長伊藤率領兵士六小隊在此域攻擊大帮凶匪、雖盡神力奮戰、奈寡不敵衆、刀已折、箭已盡、全員二十三名遂成護國之鬼矣、立此小碑永註紀念

昭和八年十二月日 駐平田混成旅團建之

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公󠄁文書
  2. 新聞紙及定期刊行物ニ記載シタル雜報及政事上ノ論說若ハ時事ノ記事
  3. 公󠄁開セル裁判󠄁所󠄁、議會竝政談集會ニ於󠄁テ爲シタル演述󠄁

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。