仏説阿弥陀経

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

白文[編集]

この節には、一部のコンピュータや一部の閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。

佛說阿彌陀經

姚秦三藏法師鳩摩羅什[1]


如是我聞 一時舍衛國 祇樹給孤獨園 與大比丘[2] 千二百五十人倶 皆是阿羅漢 衆所知識 長老舍利弗 摩訶目犍連[3] 摩訶迦葉 摩訶迦旃延[4] 摩訶倶絺羅[5] 離婆多 周利槃陀伽[6] 難陀 阿難陀 羅睺羅 憍梵波提 賓頭盧頗羅墮 迦留陀夷 摩訶劫賓那 薄拘羅[7] 樓駄[8] 如是等 諸大弟子 并諸菩薩摩訶薩[9] 文殊師利法王子 阿逸多菩薩[10] 乾陀訶提菩薩 常精進菩薩 與如是等 諸大菩薩 及釋提桓因等 無量諸天 大衆倶

爾時佛告 長老舍利弗 從是西方 過十万億佛土 有世界 名曰極樂 其土有佛 號阿彌陀 今現在說法 舍利弗 彼土何故 名爲極樂 其國衆生 無有衆苦 但受諸樂 故名極樂

又舍利弗 極樂國土 七重欄楯 七重羅網 七重行樹 皆是四寶 周帀圍繞 是故彼國 名曰極樂

又舍利弗 極樂國土 有七寶池 八功德水 充滿其中 池底純以 金沙布地 四邊階道 金銀瑠璃 玻瓈[11]合成 上有樓閣 亦以金銀瑠璃 玻瓈硨磲[12] 赤珠碼碯[13] 而嚴飾之 池中蓮華 大如車輪 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微妙香潔 舍利弗 極樂國土 成就如是 功德莊嚴

又舍利弗 彼佛國土 常作天樂 黄金爲地 晝夜六時 而雨曼陀羅華[14] 其國衆生 常以淸旦 各以衣裓 盛衆妙華 供養他方 十万億佛 即以食時 還到本國 飯食經行 舍利弗 極樂國土 成就如是 功德莊嚴

復次舍利弗 彼國常有 種種奇妙 雜色之鳥 白鵠孔雀 鸚鵡舍利 迦陵頻伽 共命之鳥 是諸衆鳥 晝夜六時 出和雅音 其音演暢 五根五力 七菩提分 八聖道分 如是等法 其土衆生 聞是音已 皆悉念佛念法念僧 舍利弗 汝勿謂此鳥 實是罪報所生 所以者何 彼佛國土 無三惡趣 舍利弗 其佛國土 尚無三惡道之名 何況有實 是諸衆鳥 皆是阿彌陀佛 欲令法音宣流 變化所作 舍利弗 彼佛國土 微風吹動 諸寶行樹 及寶羅網 出微妙音 譬如百千種樂 同時倶作 聞是音者 皆自然生 念佛念法念僧之 心舍利弗 其佛國土 成就如是 功德莊嚴

舍利弗 於汝意云何 彼佛何故 號阿彌陀 舍利弗 彼佛光明無量 照十方國 無所障礙 是故號爲阿彌陀 又舍利弗 彼佛壽命 及其人民 無量無邊 阿僧祇劫 故名阿彌陀 舍利弗 阿彌陀佛 成佛已來 於今十劫 又舍利弗 彼佛有無量無邊 聲聞弟子 皆阿羅漢 非是算數 之所能知 諸菩薩衆[15] 亦復如是 舍利弗 彼佛國土 成就如是 功德莊嚴

又舍利弗 極樂國土 衆生生者 皆是阿鞞跋致 其中多有一生補處 其數甚多 非是算數 所能知之 但可以無量無邊 阿僧祇劫說 舍利弗 衆生聞者 應當發願 願生彼國 所以者何 得與如是 諸上善人 倶會一處 舍利弗 不可以少善根 福德因緣 得生彼國

舍利弗 若有善男子善女人 聞說阿彌陀佛 執持名號 若一日 若二日 若三日 若四日 若五日 若六日 若七日 一心不亂 其人臨命終時 阿彌陀佛 與諸聖衆 現在其前 是人終時 心不顛倒 即得往生 阿彌陀佛 極樂國土 舍利弗 我見是利 故說此言 若有衆生 聞是說者 應當發願 生彼國土

舍利弗 如我今者 讚歎阿彌陀佛 不可思議功德 東方亦有 阿閦鞞佛 須彌相佛 大須彌佛 須彌光佛 妙音佛 如是等 恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 南方世界 有日月燈佛 名聞光佛 大焰肩佛 須彌燈佛 無量精進佛 如是等 恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 西方世界 有無量壽佛 無量相佛 無量幢佛 大光佛 大明佛 寶相佛 淨光佛 如是等 恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 北方世界 有焰肩佛 最勝音佛 難沮佛 日生佛 網明佛 如是等恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 下方世界 有師子佛 名聞佛 名光佛 達摩佛 法幢佛 持法佛 如是等 恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 上方世界 有梵音佛 宿王佛 香上佛 香光佛 大焰肩佛 雜色寶華嚴身佛 娑羅樹王佛 寶華德佛 見一切義佛 如須彌山佛 如是等 恒河沙數諸佛 各於其國 出廣長舌相 徧覆三千大千世界 說誠實言 汝等衆生 當信是稱讚 不可思議功德 一切諸佛 所護念經

舍利弗 於汝意云何 何故名爲 一切諸佛 所護念經 舍利弗 若有善男子善女人 聞是諸佛所說名 及經名者[16] 是諸善男子善女人 皆爲一切諸佛 共所護念 皆得不退轉 於阿耨多羅三藐三菩提 是故舍利弗 汝等皆當 信受我語 及諸佛所說 舍利弗 若有人 已發願 今發願 當發願 欲生阿彌陀佛國者 是諸人等 皆得不退轉 於阿耨多羅三藐三菩提 於彼國土 若已生 若今生 若當生 是故舍利弗 諸善男子善女人 若有信者 應當發願 生彼國土

舍利弗 如我今者 稱讚諸佛 不可思議功德 彼諸佛等 亦稱說我 不可思議功德 而作是言 釋迦牟尼佛 能爲甚難 希有之事 能於娑婆國土 五濁惡世 劫濁 見濁 煩惱濁 衆生濁 命濁中 得阿耨多羅三藐三菩提 爲諸衆生 說是一切世間 難信之法 舍利弗 當知我於 五濁惡世 行此難事 得阿耨多羅三藐三菩提 爲一切世間 說此難信之法 是爲甚難 佛說此經已 舍利弗 及諸比丘 一切世間 天人阿修羅等 聞佛所說 歡喜信受 作禮而去

佛說阿彌陀經

現代語訳[編集]

序説から結語迄は、鳩摩羅什の漢訳をベースとして、分かりにくかった所はサンスクリット語のものを引用した。
  • 参考
中村元著『浄土経典』
浄土宗『浄土日常勤行集』内「仏説阿弥陀経」

序説[編集]

『極楽の荘厳と名づける大乗経』

姚秦(後秦)の三蔵法師、鳩摩羅什が詔を奉じて訳す

この様に私は聞いている。ある時、仏(釈尊)は、舎衛国(シラーヴァスティー市)の祇樹給孤独園(ジェータ太子の林にある「孤独な人に食を給する長者」の園=祇園)に滞在しておられて、大いに敬われるべき千二百五十人もの修行僧たちと一緒におられた。この人たちは、皆、大阿羅漢であり民衆に認められていた。 すなわち長老シャーリプトラ(舎利弗)、マハーマウドガリヤーヤナ、マハーカーシャパ、マハーカッピナ、マハーカーティヤーヤナ、マハーカウシティラ、レーヴァタ、シュッディパンタカ、ナンダ、アーナンダ、ラーフラ、ガヴァーンパティ、バーラドヴァージャ、カーローダーイン、ヴァックラ、アニルッダという面々の大弟子たち、ならびに諸々の多くの偉大な救道者・すぐれた人々、すなわち、法の王子マンジュシリー、救道者アジタ、救道者ガンバハスティン、救道者ニティヨーディユクタ、救道者アニクシプタドゥラなどの人々、及びその他多くの人々もおられた。そしてインドラ(帝釈天)ら神々もともにおられた。

正説[編集]

その時、仏は、長老シャーリプトラに告げて言うには、「これより西方、十万億もの仏国土を過ぎて、世界があるが、それを名づけて極楽という。その仏国土には仏がおり、阿弥陀と号する。いま、現にましまして真理を説く。シャーリプトラよ。かの佛国土をなにがゆえに名づけて極楽となすや。その国の民衆は、もろもろの苦しみを受けず、ただもろもろの楽しみだけを受ける。故に、その佛国土を極楽と名づける。

また、シャーリプトラよ。極楽国土には、七重の欄楯(欄干のような石垣)、七重の羅網(とりあみ)、七重の行樹(並木)があって、みな、これ四宝(金・銀・青玉=瑠璃・水晶)であまねく取り囲む。故に、かの国を名づけて極楽という。

また、シャーリプトラよ。極楽国土には、七宝(金・銀・青玉=瑠璃・水晶・赤真珠・碼碯・琥珀)の池がある。八功徳(澄浄・清冷・甘美・軽軟・潤沢・安和・飢渇を除く・健康増進)の水が、その中に充満している。池の底には純ら黄金の砂が布かれている。池の四辺の階段は、金・銀・瑠璃・玻瓈(水晶)からできている。階段の上には楼閣がある。また、金・銀・瑠璃(青玉)・玻瓈(水晶)・硨磲(琥珀)・赤珠(赤真珠)・碼碯で、これは厳飾している。池中の蓮華は、大きい車輪のようだ。その上、青色の蓮華には青光、黄色の蓮華には黄光、赤色の蓮華には赤光、白色の蓮華には白光があって、さまざまな色の蓮華はさまざまな色で輝き、さまざまな色に見えている。シャーリプトラよ。極楽国土には、このようにすぐれた性質の荘厳を成就する。

また、シャーリプトラよ。かの佛国土は、天の音楽をかなで、黄金が地をなしている。昼夜六時(一日を昼夜に二分、それぞれをまた三分して、六時となる)に、曼陀羅華を雨降らす。その国の民衆は、常に清々しい朝に、おのおの花を盛る器をつかって、もろもろの妙華を盛り、他方の十万億の仏を供養し、昼の休息をもって、本国に還到し、ご飯をたべ、座禅の眠気を覚ますためゆきつもどりつする。シャーリプトラよ。極楽国土には、このようにすぐれた性質の荘厳を成就する。

また次に、シャーリプトラよ。かの国には、常に、種々のめずらしい雑色の鳥がいる。白鵠(白い鵝鳥)・孔雀・鸚鵡・舎利(鷺?)・妙音鳥(藪鷥に似ている鳥)・共命の鳥(雉子の類?)がそれである。このもろもろの鳥、昼夜六時に、合唱する。その声は、五根(悟りを得るための機根。信根・精進根・念根・定根・慧根)・五力(信力・信仰、精進力・努力、念力・憶念、定力・禅定、慧力・智慧)・ 七菩提分(悟りに役立つ七つ。択法覚支・精進覚支・喜覚支・軽安覚支・捨覚支・定覚支・念覚支)・八聖道分(=八正道)などのような法を教える。その土の民衆は、この声を聞き終わって、みな、ことごとく仏を念じて、僧を念じる。シャーリプトラよ。おまえは、この鳥は、実にこれ、罪報の所生(弱肉強食の世界における畜生)であるということだろうか。いや、そのように見てはいけない。それはなぜだろうか。かの仏国土には、三悪道(地獄・餓鬼・畜生)がない(死者の霊の行く世界がない、餓鬼の境地が存在しない)。その、仏国土には、三悪道の名は無い。言うまでも無く、実体は無い。このもろもろの鳥は、みな、これ、阿弥陀仏の法を説く声を広めようと欲して、仏の不思議な力で作りだされたものである。シャーリプトラよ。かの仏国土には、微風が吹動して、もろもろの宝行樹および宝で飾られた網は、微妙の声を出す。たとえば、百千種の楽を同時にかなでるようなものだ。この声を聞く者は、みな、自然に念仏・念法・念僧の心が生じる。シャーリプトラよ。かの仏国土には、このようにすぐれた性質の荘厳を成就する。

シャーリプトラよ。おまえはどうおもうか。かの仏を、どういうわけで、阿弥陀と号するのだろうか。シャーリプトラよ。かの仏の光明は無量であり、十方の国を照らすのにさまたげが無い。ゆえに、阿弥陀というのだ。また、シャーリプトラよ。かの仏の寿命およびその民衆の寿命も、無量であり 阿僧祇劫(一阿僧祇=十の百四十乗、一劫=極めて長い時間をあらわす単位)である。ゆえに、阿弥陀と名づける。シャーリプトラよ。阿弥陀仏は、完全な悟りを開いてこのかた、いまに十劫になる。また、シャーリプトラよ。かの仏に無量無辺の声聞の弟子がいる。みな、阿羅漢であり、これ、算数のよく知るところではない。もろもろの菩薩衆も、またまた、このようである。シャーリプトラよ。かの仏国土には、このようにすぐれた性質の荘厳を成就する。

また、シャーリプトラよ。極楽国土には、民衆として生まれたものは、みな、これ不退転であり、その中に多く、一生補処(菩薩の最高位)がおる。その数は、甚だ多い。これは、算数のよく知るところではない。ただ、[菩薩の数を数えるだけでも]無量無辺である阿曽祇劫ほどを要する。シャーリプトラよ。民衆で極楽国土および聖衆のことを聞く者がいるならば、まさに思い立ってかの国に生まれることを願うべきである。それはなぜであるか。このようなもろもろの立派な人とともに、みな浄土という同じ場所であいまみえることができるからである。シャーリプトラよ。わずかな良い徳を積んでも、かの国に生まれることはできない。

シャーリプトラよ。もし、善男子・善女人がいて、阿弥陀仏の名号を説くことを聞き、その名号を心にとどめたもち考え、一日二日でも、三日四日でも五日でも六日でも、あるいは七日でも、一心不乱であるならば、その人の命が終わるときに臨んで、阿弥陀仏は、もろもろの聖衆(声聞と菩薩)とともに、その前に現在すであろう。この人の命終わるとき、心は、転倒しない。命が終わってすなわち阿弥陀仏の極楽国土に往生することができるのだ。シャーリプトラよ。私は、この利を見る。ゆえに、この言葉を説く、『もし、民衆がいてこの説を聞くならば、まさに、あの仏国土に生まれようと、願いを起こすべきだ』と。

シャーリプトラよ。私が、いま、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛するように、東方にもまた、アクショービア(不動なる者)と名づける如来、メール・ドヴァジャ(スメールの幢幡を持つ者)と名づける如来、マハー・メール(大いなる須称山)と名づける如来、メール・プラバーサ(須称山の輝きがある者)と名づける如来、マンジュ・ドヴァジャ(妙なる幢幡を持つ者)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、 広長の舌相(舌が鼻を覆えば、説く言葉に虚言が無いと信じられていた)を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。南方世界に、ヤショー・プラバ(ほまれの光ある者)と名づける如来、マハー・ルチ・スカンダ(大いなる炎のかたまりを持つ者)と名づける如来、メール・プラディーパ(須称山のように灯明ある者)と名づける如来、アナンダ・ヴィーリヤ(限りなく精進をなす者)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、広長の舌相を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。西方世界に、アミターユス(無量寿)と名づける如来、アミタ・スカンダ(無量のかたまりを持つ者)と名づける如来、アミタ・ドヴァジャ(無量なる幢幡を持つ者)と名づける如来、マハー・プラバ(大いなる光輝ある者)と名づける如来、マハー・ラトナ・ケートゥ(大いなる宝の幢を持つ者)と名づける如来、シュッダ・ラシュミ・プラバ(清らかなる光線のある者)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、広長の舌相を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。北方世界に、マハー・ルチ・スカンダ(大いなる炎のかたまりを持つ者)と名づける如来、ヴァイシヴァーナラ・ニルゴーシャ(その音があまねく鳴響いている者)と名づける如来、ドゥンドゥビ・スヴァラ・ニルゴーシャ(その音声が太鼓の響きごとき者)と名づける如来、ドゥシプラダルシャ(襲いがたき者)と名づける如来、アーディティア・サンバヴァ(太陽から生まれた者)と名づける如来、ジャーリニー・プラバ(網のようにひろく覆う光明ある者)と名づける如来、プラバーカラ(光を放つもの、太陽)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、広長の舌相を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。下方世界に、シンハ(獅子)と名づける如来、ヤシャス(名声)と名づける如来、ヤシャハ・プラバーサ(名声という光輝ある者)と名づける如来、ダルマ(法)と名づける如来、ダルマ・ダラ(法を保つ者)と名づける如来、ダルマ・ドヴァジャ(法の幢幡を持つ者)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、広長の舌相を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。上方世界に、ブラフマ・ゴーシャ(梵天の音声ある者)と名づける如来、ナクシャトラ・ラージャ(星たちの王)と名づける如来、インドラ・ケートゥ・ドヴァジャ・ラージャ(帝釈天の幢幡の王)と名づける如来、ガンドーッタマ(最上の香りある者)と名づける如来、ガンダ・プラバーサ(香りの光輝ある者)と名づける如来、マハー・ルチ・スカンダ(大いなる炎のかたまりを持つ者)と名づける如来、ラトナ・クスマ・サンプシピタ・ガートラ(身体が宝の花で飾られた者)と名づける如来、サーレーンドラ・ラージャ(樹王サーラの王)と名づける如来、ラトノートパラ・シリー(宝の蓮華のように美麗な)と名づける如来、サルヴァールタ・ダルシャ(一切の意義を見る者)と名づける如来、スメール・カルパ(須称山のごとき者)と名づける如来などの恒河(ガンジス川)の砂の数ほどの諸仏がおり、おのおの、その国において、広長の舌相を出し、あまねく三千大千世界を覆って、この誠実の言を説きなさる、『汝ら民衆よ。まさに、この、阿弥陀仏の不可思議の功徳を称賛する、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経を信ずるべきだ』と。

シャーリプトラよ。お前の心においてどう思うか。どういうわけで、一切の諸仏に念じ護られていると名づける経と名づけるのか。もし、善男子・善女人がおり、この、諸仏の説くところの阿弥陀仏の名およびこの経の名を聞くとするならば、このもろもろの善男子・善女人は、みな、一切の諸仏に念じ護られているところとなり、みな、この上なく正しい悟りより退転しないようにしようとするためである。これゆえに、シャーリプトラよ。おまえたちは、まさに、私の語および諸仏の説くところを信受するべきである。シャーリプトラよ。もし、人がいて、願いを起こそうとする人、もう起こした人、またはいまから起こす人、阿弥陀仏の国に生まれようと欲せば、このもろもろの人ら、みな、この上なく正しい悟りから退転しないようにすることができ、かの国土において、もしはすでに生まれ、もしは今生まれ、もしはこれから生まれるだろう。ものゆえに、シャーリプトラよ。もろもろの善男子・善女人とは、もし道理を信じるものがあるならば、かの仏国土に生まれようとともに願いを起こすべきである。

シャーリプトラよ。私は、いま、諸仏の不可思議の功徳を称賛するように、かの諸仏らも、また、わが不可思議の功徳を称説して、この言をなす、『釈迦牟尼仏は、よく、いとも成し難いことを成し遂げた。すなわち、よく、現実世界の五濁(末世に生ずる避けがたい五種の穢れ)の悪世である劫濁(時代の穢れ。社会悪)・見濁(思想の穢れ)・煩悩濁(精神的悪徳がはびころこと)・ 衆生濁(人間が心身ともに弱くなり質的に低下すること)・命濁(寿命が縮まること)の中において、この上なく正しい悟りをえて、一切の世間のために、信じがたい法を説かれた。これ、甚だ成し難きことである」

結語[編集]

仏、この経を説き終えると、シャーリプトラおよびもろもろの修行僧たち、一切の世間の神々、心霊、人々は、仏が説くことを聞き、歓喜して、信受し、礼をなして去っていった。

仏の説きたまいし阿弥陀経

脚注[編集]

  1. 「姚秦龜茲三藏鳩摩羅什譯」と表記される場合もある 「奉詔」の文字は大正蔵(高麗本)には欠ける
  2. 「衆」を「僧」と表記される場合もある
  3. 「摩訶目乾連」と表記される場合もある
  4. 「摩訶迦栴延」と表記される場合もある
  5. 「摩訶拘絺羅」と表記される場合もある
  6. 「周利槃陀迦」と表記される場合もある
  7. 「薄倶羅」と表記される場合もある
  8. 」([少/兔])は、実際には[少/免][1]。「阿[少/免]樓駄」(あどろだ・あぬるだ)
  9. 菩薩摩訶薩 - 菩薩は「菩提心を起こして修行する求道者」の意。摩訶薩は「仏たらんとする大心をもつ人々」の意で、菩薩と同じ意味である。菩薩の地位を高める目的で、菩薩と摩訶薩の2語を重ねるている。(『浄土三部経』下、岩波書店、P.167。)
  10. 玄奘訳『称讃浄土仏摂受経』では、無能勝菩薩と漢訳している。
  11. 「頗梨」と表記される場合もある
  12. 「車磲」と表記される場合もある
  13. 「馬碯」と表記される場合もある
  14. 「天雨曼陀羅華」と表記される場合もある
  15. 「衆」が無く「諸菩薩」とのみ表記される場合もある
  16. 「聞是諸佛所說名 及經名者」は 「聞是經受持者 及聞諸佛名者」と表記される場合もある
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1923年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没年(団体著作物にあっては公表後又は創作後)より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。