今文孝經 (國譯漢文大成)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、孝経をご覧ください。

かいそうめいぎしやうだい

仲尼居,曾子侍。子曰:「先王有至德要道,以順天下,民用和睦,上下無怨,汝知之乎?」曾子避席,曰:「參不敏,何足以知之!」子曰:「夫孝,德之本也,敎之所由生也。復坐,吾語汝。身體髮膚,受之父母,不敢毀傷,孝之始也;立身行道,揚名於後世,以顯父母,孝之終也。夫孝,始於事親,中於事君,終於立身。《大雅》云:『無念爾祖,聿修厥德。』」

ちうぢきよそうしせり。いはく、せんわうしとくえうだうありもつてんかじゆんにす。たみもつわぼくしやうかうらむことなし。なんぢこれるか。そうしせきけていはしんふびんなり、なんもつこれるにらむ。いはかうとくもとなり、をしへよつしやうずるところなり。かへれ、われなんぢかたらむ。しんたいはつぷこれふぼく、あへきしやうせざるはかうはじめなり。みちおこなひ、こうせいもつふぼあらはすはかうをはりなり。かうおやつかふるにはじまり、きみつかふるにちうし、つるにをはる。たいがいはなんぢおもふことなからむや。こことくをさむと。〉


てんししやうだい

子曰:「愛親者,不敢惡於人;敬親者,不敢慢於人;愛敬盡於事親,而德敎加於百姓,刑於四海,蓋天子之孝也。《甫刑》云:『一人有慶,兆民賴之。』」

いはおやあいするものあへひとにくまず。おやけいするものあへひとあなどらず。あいけいおやつかふるにつくして、とくけうせいくははり四かいけいす。けだてんしかうなり。ほけいいはく一にんけいあれば、てうみんこれると。〉


しよこうしやうだい

在上不驕,高而不危,制節謹度,滿而不溢。高而不危,所以長守貴也;滿而不溢,所以長守富也。富貴不離其身,然後能保其社稷,而和其民人,蓋諸侯之孝也。《詩》云:『戰戰兢兢,如臨深淵,如履薄冰。』」

かみりておごらざればたかくしてあやふからず。せつせいつつしめばちてあふれず。たかくしてあやふからざるはながたつときまもゆゑんなり。ちてあふれざるはながとみまもゆゑんなり。ふうきはなれず、しかしてのちしやしよくたもち、みんじんす。けだしよこうかうなり。いはせんせんきようきようとして、しんえんのぞむがごとく、はくひようむがごとしと。〉


けいたいふしやうだい

非先王之法服不敢服,非先王之法言不敢道,非先王之德行不敢行。是故非法不言,非道不行。口無擇言,身無擇行,言滿天下無口過,行滿天下無怨惡,三者備矣,然後能守其宗廟,蓋卿、大夫之孝也。《詩》云:「夙夜匪懈,以事一人。」


せんわうはふふくあらざればあへふくせず、せんわうはふげんあらざればあへはず、せんわうとくかうあらざればあへおこなはず。ゆゑはふあらざればはず、みちあらざればおこなはず。くちえらぶのげんなく、えらぶのおこなひなし。げんてんかつるもこうくわなく、おこなひてんかつるもゑんをなし。三のものそなはり、しかしてのちそうべうまもる。けだけいたいふかうなり。いはしゆくやおこたらず、もつて一にんつかふと。〉


しじんしやうだい

資於事父以事母而愛同,資於事父以事君而敬同。故母取其愛,而君取其敬,兼之者父也。故以孝事君則忠,以敬事長則順;忠順不失,以事其上,然後能保其祿位,而守其祭祀,蓋士之孝也。《詩》云:「夙興夜寐,無忝爾所生。」

ちちつかふるにりてもつははつかふ、しかうしてあいおなじ。ちちつかふるにりてもつきみつかふ。しかうしてけいおなじ。ゆゑははにはあいり、きみにはけいる。これぬるものちちなり。ゆゑかうもつきみつかふればすなはちうなり。けいもつちやうつかふればすなはじゆんなり。ちうじゆんうしなはずもつかみつかへ、しかしてのちろくゐたもち、さいしまもる。けだかうなり。いはく、つとよはね、なんぢしよせいはづかしむることなかれと。〉


しよじんしやうだい

用天之道,分地之利,謹身節用,以養父母,此庶人之孝也。故自天子至於庶人,孝無終始而患不及者,未之有也。

てんみちもちゐ、わかち、つつしようせつし、もつふぼやしなふ。しよじんかうなり。ゆゑてんしよりしよじんいたるまで、かうしゆうしなくして、およばざるをうれふるものは、いまだこれらざるなり。〉


さいしやうだい

曾子曰:「甚哉,孝之大也!」子曰:「夫孝,天之經也,地之義也,民之行也。天地之經而民是則之,則天之明,因地之利,以順天下,是以其敎不肅而成,其政不嚴而治。先王見敎之,可以化民也。是故先之以博愛,而民莫遺其親;陳之以德義而民興行;先之以敬讓而民不爭;導之以禮樂而民和睦;示之以好惡而民知禁。《詩》云:『赫赫師尹,民具爾瞻。』」

そうしいははなはだしいかなかうだいなるや。いはく、かうてんけいなり、なり、たみかうなり。てんちけいにしてたみこここれのつとる。てんめいのつとり、り、もつてんかじゆんにす。ここもつをしへしゆくならずしてり、まつりごとげんならずしてをさまる。せんわうをしへもつたみくわすべきをるや、ゆゑこれさきんずるにはくあいもつてして、たみおやわするることなし。これつらぬるにとくぎもつてして、たみこうかうす。これさきんずるにけいじやうもつてして、たみあらそはず。これみちびくにれいがくもつてして、たみわぼくす。これしめすにかうをもつてして、たみきんる。いはかくかくたるしゐんたみともなんぢると。〉


かうちしやうだい

子曰:「昔者明王之以孝治天下也,不敢遺小國之臣,而況於公、侯、伯、子、男乎?故得萬國之懽心,以事其先王。治國者不敢侮於鰥寡,而況於士民乎?故得百姓之懽心,以事其先君。治家者不敢失於臣妾,而況於妻子乎?故得人之懽心,以事其親。夫然,故生則親安之,祭則鬼享之,是以天下和平,災害不生,禍亂不作。故明王之以孝治天下也如此。《詩》云:『有覺德行,四國順之。』」

いはく、せきしやめいわうかうもつてんかをさむるや、あへせうこくしんわすれず、しかるをいはんやこうこうはくしだんおいてをや。ゆゑばんこくくわんしんもつせんわうつかふ。くにをさむるものあへくわんくわあなどらず、しかるをいはんやしみんおいてをや。ゆゑに百せいくわんしんもつせんくんつかふ。いへをさむるものあへしんせふこころうしなはず、しかるをいはんやさいしおいてをや。ゆゑひとくわんしんもつそのおやつかふ。しかゆゑせいにはすなはおやこれやすんじ、さいにはすなはこれく。ここもつてんかわへいにしてさいがいしやうぜず、くわらんおこらず。ゆゑめいわうかうもつてんかをさむるやかくごとし。いはく、かくたるとくかうあり、四こくこれしたがふと。〉


せいちしやうだい

曾子曰:「敢問聖人之德,無以加於孝乎?」子曰:「天地之性,人爲貴。人之行,莫大於孝,孝莫大於嚴父,嚴父莫大於配天,則周公其人也。昔者周公郊祀后稷以配天,宗祀文王於明堂以配上帝,是以四海之內各以其職來助祭。夫聖人之德,又何以加於孝乎?故親生之膝下,以養其父母日嚴。聖人因嚴以敎敬,因親以敎愛。聖人之敎,不肅而成,其政不嚴而治,其所因者本也。父子之道,天性也,君臣之義也。父母生之,續莫大焉;君親臨之,厚莫重焉。故不愛其親,而愛他人者,謂之悖德;不敬其親,而敬他人者,謂之悖禮。以順則逆,民無則焉,不在於善,而皆在於兇德;雖得之,君子不貴也。君子則不然,言思可道,行思可樂,德義可尊,作事可法,容止可觀,進退可度,以臨其民,是以其民畏而愛之,則而象之。故能成其德敎,而行其政令。《詩》云:『淑人君子,其儀不忒。』」

そうしいはあへせいじんとくもつかうくはふることなきか。いはてんちせいひとたつとしとなす。ひとおこなひかうよりだいなるはなし。かうちちげんにするよりだいなるはなし。ちちげんにするはてんはいするよりだいなるはなし。すなはしうこうひとなり。せきしやしうこうこうしよくかうしもつてんはいす。ぶんわうめいだうそうしもつじやうていはいす。ここもつて四かいうちおのおのしよくもつきたまつる。せいじんとくまたなにもつかうくはへんや。ゆゑしんしつかしやうじ、もつふぼやしなひ、ひびげんにす。せいじんげんりてもつけいをしへ、しんりてもつあいをしふ。せいじんをしへしゆくならずしてり、まつりごとげんならずしてをさまる。ところものもとなり。ふしみちてんせいなり、くんしんなり。ふぼこれむ、つづくこと、これよりだいなるはなし。きみしたしみてこれのぞむ、あつきこと、これよりおもきはなし。ゆゑしんあいせずしてたじんあいするものこれはいとくといふ。しんけいせずしてたじんけいするものこれはいれいといふ。じゆんもつてすればのつとり、ぎやくなればたみのつとることなし。ぜんらずしてみなきようとくり。こころざしいへどくんしたつとばざるなり。くんしすなはしからず。げんふべきをおもひ、かうたのしむべきをおもふ。とくぎたつとぶべく、さくじのつとるべく、ようしるべく、しんたいとすべし。もつたみのぞむ。ここもつそのたみおそれてこれあいし、のつとりてこれかたどる。ゆゑとくけうし、せいれいおこなふ。いはく、しゆくじんくんしたがはずと。〉


きかうかうしやうだい

子曰:「孝子之事親也,居則致其敬,養則致其樂,病則致其憂,喪則致其哀,祭則致其嚴,五者備矣,然後能事親。事親者,居上不驕,爲下不亂,在醜不爭;居上而驕則亡,爲下而亂則刑,在醜而爭則兵。 三者不除,雖日用三牲之養,猶爲不孝也。」

いはかうしおやつかふるや、きよにはすなはけいいたし、やうにはらくいたし、びやうにはいういたし、さうにはあいいたし、さいにはげんいたす。五しやそなはりてしかのちおやつかふ。おやつかふるものかみたかぶらず、しもとなりてみだれず、しうりてあらそはず。かみたかぶればすなはほろぶ。しもとなりてみだるればすなはけいせらる。しうにありてあらそへばすなはへいせらる。 三のもののぞかれずば、ひびに三せいやうもちゐるといへども、なほふかうたるなり。〉


けいしやうだい十一

子曰:「五刑之屬三千,而罪莫大於不孝。要君者,無上;非聖人者,無法;非孝者,無親,此大亂之道也。」

いはく、五けいぞく三千、つみふかうよりだいなるはなし。きみえうするものかみをなみす。せいじんそしものはふをなみす。かうそしものおやをなみす。これたいらんみちなり。〉


くわうえうだうしやうだい十二

子曰:「敎民親愛,莫善於孝;敎民禮順,莫善於悌;移風易俗,莫善於樂;安上治民,莫善於禮。禮者,敬而已矣。故敬其父則子悅,敬其兄則弟悅,敬其君則臣悅,敬一人而千萬人悅。所敬者寡,而悅者衆,此之謂要道也。」

いはたみしんあいをしふるはかうよりきはなし、たみれいじゆんをしふるはていよりきはなし、ふううつぞくふるはがくよりきはなし。かみやすんじたみをさむるはれいよりきはなし。れいけいのみ。ゆゑちちけいすれば、すなはよろこぶ。あにけいすればすなはおとうとよろこぶ。きみけいすればすなはしんよろこぶ。一にんけいして千まんにんよろこぶ。けいするところものすくなく、よろこものおほし。これえうだうふなり。〉


くわうしとくしやうだい十三

子曰:「君子之敎以孝也,非家至而日見之也。敎以孝,所以敬天下之爲人父者也;敎以悌,所以敬天下之爲人兄者也;敎以臣,所以敬天下之爲人君者也。《詩》云:『愷悌君子,民之父母。』非至德,其孰能順民,如此其大者乎?」

いはくんしをしふるにかうもつてするや、いへごとにいたりてごとにこれるにあらざるなり。をしふるにかうもつてするは、てんかひとちちたるものけいするゆゑんなり。をしふるにていもつてするは、てんかひとあにたるものけいするゆゑんなり。をしふるにしんもつてするは、てんかひときみたるものけいするゆゑんなり。いはがいていくんしは、たみふぼなりと。しとくあらざれば、たれたみじゆんにすること、かくごとだいなるものならんや。〉


くわうやうめいしやうだい十四

子曰:「君子之事親孝,故忠可移於君;事兄悌,故順可移於長;居家理,故治可移於官。是以行成於內,而名立於後世矣。」

いはくんしおやつかふるやかうゆゑちうきみうつすべし。あにつかふるやていゆゑじゆんちやううつすべし。いへるやゆゑくわんうつすべし。ここもつおこなひうちりて、こうせいつ。〉


かんさうしやうだい十五

曾子曰:「若夫慈愛、恭敬、安親、揚名,則聞命矣!敢問:子從父之令,可謂孝乎?」子曰:「是何言與!是何言與!昔者天子有爭臣七人,雖無道,不失其天下;諸侯有爭臣五人,雖無道,不失其國;大夫有爭臣三人,雖無道,不失其家;士有爭友,則身不離於令名;父有爭子,則身不陷於不義。故當不義,則子不可以不爭於父,臣不可以不爭於君。故當不義則爭之,從父之令,又焉得爲孝乎?」

そうしいはじあいきようけいおややすんじ、ぐるがごときはすなはめいけり。あへふ、ちちれいしたがふ、かうふべきか。いはなんげんぞや、なんげんぞや。せきしやてんしさうしんにんあれば、ぶだういへどてんかうしなはず。しよこうさうしんにんあれば、ぶだういへどくにうしなはず、たいふさうしんにんあればぶだういへどいへうしなはず。さういうあればすなはれいめいはなれず。ちちさうしあればすなはふぎおちいらず。ゆゑふぎあたればすなはもつちちあらそはざるべからず。しんもつきみあらそはざるべからず。ゆゑふぎあたればすなはこれあらそふ。ちちれいしたがふ、またいづくんぞかうたるをん。〉


おうかんしやうだい十六

子曰:「昔者明王事父孝,故事天明;事母孝,故事地察;長幼順,故上下治;天地明察,神明彰矣!故雖天子,必有尊也,言有父也;必有先也,言有兄也。宗廟致敬,不忘親也;修身愼行,恐辱先也;宗廟致敬,鬼神著矣。孝悌之至,通於神明,光于四海,無所不通。《詩》云:『自西自東,自南自北,無思不服。』」

いはせきしやめいわうちちつかふるやかうゆゑてんつかふるやめいなり。ははつかふるやかうゆゑつかふるやさつなり。ちやうえうじゆんなり、ゆゑしやうかをさまる。てんちめいさつなればしんめいあらはる。ゆゑてんしいへどかならそんあるなり、ちちあるをふなり。かならせんあるなり、あにあるをふなり。そうべうけいいたすはしんわすれざるなり。をさおこなひつつしむはせんはづかしむるをおそるるなり。そうべうけいいたせばきしんあらはる。かうていいたしんめいつうじ、四かいかがやき、つうぜざるところなし。いはにしよりひがしより、みなみよりきたより、おもうてふくせざるなしと。〉


じくんしやうだい十七

子曰:「君子之事上也,進思盡忠,退思補過,將順其美,匡救其惡,故上下能相親也。《詩》云:『心乎愛矣!遐不謂矣!中心藏之,何日忘之。』」

いはくんしかみつかふるや、すすみてはちうつくさんことをおもひ、しりぞきてはあやまちおぎなはんことをおもふ。しやうじゆんし、あくきやうきうす。ゆゑしやうかあひしたしむなり。いはこころあいせばんぞはざらん。ちうしんこれざうせば、いづれこれわすれんと。〉


さうしんしやうだい十八

子曰:「孝子之喪親也,哭不偯、禮無容、言不文,服美不安、聞樂不樂、食旨不甘,此哀戚之情也。三日而食,敎民無以死傷生,毀不滅性,此聖人之政也;喪不過三年,示民有終也。爲之棺槨、衣衾而舉之;陳其簠簋而哀戚之;擗踴哭泣,哀以送之;卜其宅兆而安措之;爲之宗廟,以鬼享之;春秋祭祀,以時思之。生事愛敬,死事哀戚,生民之本盡矣!死生之義備矣!孝子之事親終矣!」

いはかうしおやうしなふや、こくせず、れいようなし、げんぶんならず、ふくしてやすからず、がくきてたのしまず、しよくしてうまからず、あいせきじようなり。みつかにしてしよくし、たみをしてもつせいすこなふことなく、してせいめつせざらしむ、せいじんせいなり。・三ねんぎず、たみをはりあるをしめすなり。これくわんくわくいきんつくりてこれげ、ほきつらねてこれあいせきす。へきようこくきふしてかなしみてもつこれおくる。たくてうぼくしてこれあんそす。これそうべうつくりて、もつこれきやうす。しゆんじうさいししてときもつこれおもふ。けるにはつかふるにあいけいし、せるにはつかふるにあいせきす。せいみんもとつくせり。しせいそなはれり。かうしおやつかふることはれり。〉

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は、1948年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。